2017年11月27日 更新

OMEGAコアークシャル徹底研究 あなたに相応しいモデルをセレクト!

2回に渡って書いたコアークシャル開発者ジョージ・ダニエルズ博士の記事ですが、現在コアークシャルを手に入れられるのはOMEGAのみです。今日はOMEGAのコアークシャルを徹底研究します。

4,622 view お気に入り 0

プロローグ:Co-Axialを採用した人物

Nicolas G. Hayek | Breguet (174012)

前々回、前回と2回に渡って書いたジョージ・ダニエルズ博士のコーアクシャル・エスケープメントは発明から時計業界に理解されるまで約20年近い歳月を擁しています。
今日は当時のスウォッチCEOであった、ニコラス・G・ハイエックがゴーサインを出したコーアクシャル、現在はOMEGA多くのモデルに搭載されています。今日は最新のコアークシャルを搭載した「マスタークロノメーター」モデルを紹介してゆきます。

クオーツショックの影響が残るOMEGAの暗黒時代

OMEGA Co-Axial Escapement

1999年にOMEGAに採用されたコーアクシャルは、当時のOMEGAの総帥であった、スウォッチグループの会長ニコラス・G・ハイエック氏が最終決定しました。

彼は『クオーツショック』で衰退していたスイス時計界の立て直しのオファーを受けて、時計界に参入しました。
ジョージ・ダニエルズ博士が持ち込んだコーアクシャルはベストなタイミングだったと思います。
単なるコストカッターではないハイエック氏は品質が向上は経営において重要課題としていました。就任当時彼の目にはグループ内を含めた時計産業全体の品質管理は他の業界と比較して「極めてお粗末な状態」に映ったそうです。
現在のOMEGAの工場はロボットアームが部品をムーブメントに組み込む最新鋭の製造ラインになっています。経営の天才ハイエック氏は現場をオートメーション化する事で完成まで時間を短縮する。そして手作業が必要な箇所や検査は人の力を使っています。ハイエックが目指したのはテクノロジーと伝統的な作業との融合でした。それが高品質と低価格の実現につながると言っていたそうです。

コーアクシャルがあって完成した「マスタークロノメーター」

オメガ・ウォッチ: 世界初のマスター クロノメーター  | OMEGA® (174667)

OMEGAが2013年に発表して2014年のモデルより設定した、MASTER CHRONOMETER(マスタークロノメーター)新基準は特に耐磁性を持つ時計を世に送り出すための基準でした。
15000ガウスに耐えれるというこの数字は医療機器であるMRI内と同じです。OMEGAの上級幹部社員達は2008年頃ハイエックから求められた、「次の時代に必要な時計は?」との問いに耐磁性を持った時計との回答を彼にして、製作に取りかかりました。
ハイエックからゴーサインが出ていざ開発となった際には製造開発現場から猛反対が起きたといっています。15000ガウスという数値は「クレージーだ!」といわれ続けたそうです。
しかし現代社会では機械式時計が嫌う携帯電話・タブレット、パソコン等の磁気が溢れています。それらは避けて通れない、幹部社員達は製造開発現場に訴え続けました。
特に拘った事がカレンダー表示です。磁力遮断ゲージにムーブメントを入れると日付表示ができなくなります。その思いを伝え、それに刺激された開発者から出たアイディアが部品に耐磁性を持たせる事でした。チタン、シリコンヒゲゼンマイ、そしてニヴァガウスの開発で15000ガウスに耐えれる時計が完成したのです。もちろんコアークシャルもムーブメントの耐久性を高め、役割を充分に貢献しています。
44 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ロレックスなど高級腕時計の委託販売・代行出品はトケマー

ロレックスなど高級腕時計の委託販売・代行出品はトケマー

ロレックスはもちろん高級腕時計の委託販売を受け付けます。買取より高く売りたい、出品が面倒だから委託したいという希望にお答えします。まずは実績をご覧下さい。
WatchMonster管理者 | 21,947 view
北海道の秋を満喫!!日本一早い紅葉を見に行こう!!【オメガウォッチ編】

北海道の秋を満喫!!日本一早い紅葉を見に行こう!!【オメガウォッチ編】

9月に入り、だんだん秋らしくなってきました。北海道はそろそろ紅葉の季節がやってきます。北海道は冬の季節が長い分、秋はあっという間に過ぎていきますが、冬が来る前に、今の季節しか見れない景色を見に行くのはいかがでしょうか?紅葉の色に合わせた、オメガのウォッチと一緒にご紹介します。
yuma | 761 view
【腕時計レビュー】オメガ スピードマスター 1957 トリロジー 60周年記念モデル

【腕時計レビュー】オメガ スピードマスター 1957 トリロジー 60周年記念モデル

昨年、生誕60周年を迎えた『スピードマスター』『シーマスター』『レイルマスター』からそれぞれ記念モデルが発表されました。そこで今回は"スピードマスター 1957"のレビューをしていきたいと思います。
サウスポー | 6,860 view
今きてる!"シーマスター"のおすすめモデルをご紹介

今きてる!"シーマスター"のおすすめモデルをご紹介

オメガを象徴するモデルといえば、世界で初めて月へ到達し"ムーンウォッチ"の称号を得た『スピードマスター プロフェッショナル』ではないでしょうか。しかし近年では、スピードマスターに負けず劣らず勢いを増しているのがダイバーズウォッチである『シーマスター』です。そこで今回は実用性が魅力のシーマスターのおすすめモデルをいくつかご紹介したいと思います。
サウスポー | 32,069 view
今秋販売開始予定!今年のオメガの新作はかなり力が入っています!

今秋販売開始予定!今年のオメガの新作はかなり力が入っています!

今年のオメガの新作は例年にも増して充実したラインナップとなっています。シーマスターコレクション登場から70周年という事で初代シーマスターの復刻モデルをはじめ、他にも魅力的なモデルが豊富に発表されているので、販売開始前に改めて魅力に迫りたいと思います。
サウスポー | 12,890 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goro goro
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋