2017年2月1日 更新

1984年製造のGMTマスター Ref.16758 18金無垢の魅力~Vintage Gold~

今回は金無垢のロレックスを見ていこうと思います。80年代のセミ・ビンテージGMTマスター 型番は16758。第3世代のモデルになります。製造年数10年足らずと意外にレアなんですよ。この時期のGMTマスターの金無垢では珍しい3連ブレス仕様。重すぎない枯れたゴールドが魅力の1本です。

1,617 view お気に入り 0
 (103290)

GMT MASTER 16758 K18

 (103312)

今回は1980年代に製造された第3世代のGMTマスター 16750シリーズの18金無垢モデル 16758を見ていきたいと思います。
前モデル1675/8との違いは(1675と16750の違い)はムーブメントと防水性。
デイト表示のクイックチェンジ機能が付いているため現代的で使いやすいモデルです。

18金無垢のケースに、3連のリベットブレスレット(7206/8)ですが150グラム弱と非常に軽く着けやすいですね。
※現行デイトナ116500LNや旧デイトナ116520と重さがあまり変わりません。
 (103306)

本来ベゼルの数字は「ゴールド」なのですが退色してしまっています。

文字盤もかなり枯れてしまっていますが、30年以上前のモデルですので仕方ありません。
フジツボ(ニップル)インデックスがビンテージロレックスならではの雰囲気を醸し出しています。
 (103307)

ケースの痩せも無く、バキっとしたラグライン。

なかなかのイケメンGMT。
 (103310)

王冠マークが愛らしいバックル。
 (103309)

比較的5連のジュビリーブレス仕様が多い金無垢ドレッシーGMTマスター。

3連リベットの方が男らしいスポーツモデルっぽくて良いよね!
なんてご意見もあるでしょう。
 (103311)

変色していますね。
磨けばキレイになります。
 (103313)

金はスティールより柔らかいので、金無垢バックルはキズに弱めです。
 (103314)

文字盤のレターもゴールド。

18金のインデックス、通称「フジツボ(藤壺)」。
ハンズの夜光が割れています。
 (103315)

長針も短針も秒針も24時間針もインデックスも、ぜ~んぶ18金。
 (103316)

トリチウムの「T」。

夜光はもう光りません。
文字盤の色抜けや、ポツポツと気泡の様な劣化も、「味」として捉えられるかがVR生活に必要な心構えです。
 (103317)

完全に色抜けしてしまったベゼルの数字。
 (103318)

18金に劣化・腐食は見受けられませんが、夜光塗料の劣化は経年・乾燥が原因でしょうか。
 (103319)

夜光が劣化してくると、暗い場所での視認性は非常に悪くなりますね。
その枯れを楽しむのがVR好きなんですが。
 (103320)

カレンダーディスクはオフホワイトと言うかゴールドと言うか白くはありません。
88 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

スティックダイヤルの魅力 実際どうなの?ロレックス GMTマスターⅡ 16710 PEPSI

スティックダイヤルの魅力 実際どうなの?ロレックス GMTマスターⅡ 16710 PEPSI

5桁GMTマスターⅡRef16710のレアモデル「スティックダイヤル」。ほんの些細な違いなんですがマニアには嬉しいバリエーションです。もしかしたらご自分のGMTマスターもそうかもね?気付いていない方も多いレア文字盤。ご覧ください。
ZENMAI | 3,140 view
実際どうなの?ロレックス レビュー Ref.16700 GMTマスターの魅力を再考する

実際どうなの?ロレックス レビュー Ref.16700 GMTマスターの魅力を再考する

シリーズ自体が生産終了になったGMTマスターの「1」。新世紀には「2」のみのラインアップに変わってしまいましたが、「1」の方が使いやすかったよ!と言うファンも多いのが実情です。専用キャリバー3175を積んだ16700をレビューしていきます。
ZENMAI | 4,618 view
実際どうなの?ロレックス 新型デイトナ 116500LN 白文字盤「黒も良いけど、やっぱり白かな?」

実際どうなの?ロレックス 新型デイトナ 116500LN 白文字盤「黒も良いけど、やっぱり白かな?」

本命は、やはり白文字盤の新型デイトナですね!このデザインの格好良さは他にはありません。実際に比べてみると黒よりも白の方が「あたらしいデイトナ」感を味わえるのがわかります。ただ、まぁ結論を先に言えば「どっちが格好良いのか?」なんて質問には、完全に個人の「好み」だとしか言えません。
ZENMAI | 9,246 view
新エアキング 116900は「2016年の顔」でした!復活は大成功か?実際どうなのよ?

新エアキング 116900は「2016年の顔」でした!復活は大成功か?実際どうなのよ?

2016年3月、彗星のごとく現れたペットネーム「エアキング」。モデルナンバーをジェンツラインに合わせ116900となり復活しました。ケースサイズも40mmと大型化し「男の時計」感満載です。超耐磁性能はコックピットの内部で大活躍と、パイロットウォッチを想定した新モデル。いかがですかね?
ZENMAI | 5,974 view
実際どうなの?新型青サブ ロレックス 116613LB ブルーセラクロムベゼル・サブマリーナーデイト

実際どうなの?新型青サブ ロレックス 116613LB ブルーセラクロムベゼル・サブマリーナーデイト

最高の休日用ロレックスと言えば「青サブ」ですね。他にもラグジュアリーなモデルはたくさんありますが青サブほどメジャーで、着けているステイタスを満喫できるモデルはありません。リゾート・マリンウォッチのアイコン「青サブ」の新型116613は、セラクロムベゼルを搭載し耐傷性、耐劣化性、耐変色性を併せ持つ非常に高スペックなモデルです。爽やかで見た目も美しい新青サブをレビューします。
ZENMAI | 5,195 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ZENMAI ZENMAI
腕時計専門マーケット

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
腕時計専門マーケット
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
腕時計専門マーケット
大黒屋 時計買取キャンペーン