2016年9月21日 更新

【雲海テラス】トマム 雲海テラス タフな時計を頼りに空中散歩【トマムリゾート】

北海道はトマムの雲海テラス。すっかり有名になった北海道の絶景。時間との勝負ですので正確でタフな時計が必需品です。

559 view お気に入り 0

トマムの雲海。うまく見られる確率は低い!

しかし、「雲海」なんて言葉を聞いたら、やっぱりこの目で見てみたい。
とにかく行ってきました。
 (58248)

この写真のように見られる事は1年を通して数えるほどです。
1番大事なのは「運(天候・気候)」。
運は文字通り「天」に任せて、自分に出来る準備は入念にします。

日の出直後を狙うのが可能性高し!

雲は強い日差しを浴びると蒸発してしまいます。しかし太陽が昇る前や日の出の直後では
暗くて、少々怖い印象になります。
よって、太陽が世界を照らし初めつつも、雲が蒸発しきらない程度の時間を狙うのが定石です。
 (58264)

そんな時はやっぱりコレ

G-SHOCK タフソーラー電波時計 GULFMAN イルカ・クジラ キャラバン 2007 GW-9100K-7JR


ロープウェイを降りた後、多少の山道を登るとより開けた景色が見られます。
日の出の時間や雲の動きを気にしつつ、山道を登るには、正確でタフは時計が必需品です。
「スマホがあれば腕時計なんかいらない」という意見を否定はしませんが、
山では確実に腕時計が必要ですね。

遠目だけれど、雲海が発生し、川のように流れていました。

 (58273)

ちと遠いけど、流れてくる
時間を確認すると、日の出から20分後程度、まさに良い頃あい。
今後に期待。
 (58277)

小倉さんのとくダネ!のスタッフがドローンで雲海撮影してました

 (58284)

さて、ロープウェイを降りた場所から少し歩くと、空中散歩っぽい雰囲気を出す
展望デッキがありますので、そこの風景も。
 (58288)

雲海が少しずつ近づいてくる!これは期待できます

ロープウェイを降りた場所から、トマム山の山頂までの登山道があります。
朝早いので、上る人の数はそんなに多くないので絶景を満喫出来ると期待して
早朝登山!

山頂までの道のりで見た絶景をご紹介!

 (58292)

5:53 今から登山~!
 (58295)

サンビーム。ROLEXの文字盤、連想しますね。まさに、です。
サンビーム文字盤

サンビーム文字盤

 (58294)

天使の階段
 (58296)

雲海!

標高1239Mの山頂から。

360度の展望なので、雲海が出ている方向、晴れ渡っている方向など
起伏に富んだ景色を一望できました。
 (58299)

山頂・1239m
 (58307)

雲の少ない方向の景色
 (58301)

一度近づいてきた雲海も、また遠ざかっていきました。
42 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【時計とクルマ】SUV車に似合う時計を考えてみた

【時計とクルマ】SUV車に似合う時計を考えてみた

今回は時計と車の関係について、最近流行りのSUV車に似合う時計について考えてみました。SUV車というと、アクティブでタフなイメージがありますよね。やはり、そういった車に乗っている人には、そういったタフで屈強な時計をつけていて欲しいものですが、実際の所はどうでしょうね。
yusapapa | 2,582 view
2017年8月 新作G-SHOCK一挙公開【乗り遅れるな!!】

2017年8月 新作G-SHOCK一挙公開【乗り遅れるな!!】

8月もG-SHOCK新作が登場です。 今回は6本しかなく、しかも色違いばかりでモデルは2種類だけです。 記事が持つか分かりませんが早速見ていきましょう!
DEX | 3,921 view
【何でもあり】実際、街中で今、売れている時計って??

【何でもあり】実際、街中で今、売れている時計って??

今回は、街中でよく見かける、流行っているなと思う時計について書いてみました。巷で流行っていたりすると、やたら目にする時計ってありますからね。高くても安くても関係ございません。あくまで、私の個人的な感想なので、温かい目で見ていただければと思います。
yusapapa | 4,279 view
2017年7月 新作G-SHOCK一挙公開【乗り遅れるな!!】

2017年7月 新作G-SHOCK一挙公開【乗り遅れるな!!】

2017年7月 新作ジーショックを一挙公開!と意気込んでいましたが、7月はなんと!!!4本しか新作が登場しません。。。少し寂しいですが紹介していきます。
DEX | 6,659 view
【時計雑誌を読み返す 14】ミッションウォッチを追え! 1999年 春

【時計雑誌を読み返す 14】ミッションウォッチを追え! 1999年 春

俗に言う、スポーツウォッチとは一線を画した、本物のプロフェッショナルウォッチとしてのミッションウォッチについて特集されています。通常、手に入らないようなレアものから、現行で買えるモデルまで、自衛隊などへの取材も豊富にされておりますよ。
yusapapa | 1,083 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

リーフ針 リーフ針
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
腕時計専門フリーマーケット
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
腕時計専門のフリーマーケット
腕時計専門フリマ