2017年4月6日 更新

【ロレックス・スポーツモデルの購入を検討中の方必見!】改めてGMTマスターⅡの魅力や特徴を調べてみた!

GMTマスターⅡはこんな方にオススメです! ★ビジネスからカジュアルまで幅広く着けたい方 ★実用性とリセールバリューの両方を重視したい方 そんなロレックス購入希望の方に対して魅力や特徴をお伝えいたします。

8,671 view お気に入り 0

2タイムゾーンを表示するGMTウォッチの先駆け

Ref.116710LN 2007年~

Ref.116710LN 2007年~

フルゴールド、コンビモデルに続く待望のSSモデルとして2007年に登場しました。このモデルの登場で、現行GMTマスターⅡの人気に一気に火がつきました。
Ref.116710BLNR 2013年~

Ref.116710BLNR 2013年~

ツートンベゼルの登場でトップクラスの人気を獲得

 ジェット旅客機時代を迎えようとしていた1950年代。いくつものタイムゾーンを股に掛ける国際線パイロットたちは、各空港での発着時刻やローカルタイムなど、世界各地の時刻を同時に知る必要に迫られていました。そこで開発されたのがGMTマスターでした。

 ロレックスは、平均太陽時での時間と経度の関係(1日24時間=360度、1時間=15度)を応用しました。1~24までの目盛りを持つ双方向回転ベゼル、、そして通常の時分針とは別に時分針と連動しながら24時間で1周し、常にベゼル上の目盛り(時刻)を指し示すGMT針(副時針)を備えたGMTマスターを1955年に開発しました。GMTマスターは当時「パンナム」として知られたパン・アメリカン航空をはじめ、いくつかの航空会社の公式時計として採用されました。

 当初のGMTマスターは時分針とGMT針は常に連動し、独立操作することはできませんでした。そのため、ローカルタイムをGMT針で表示する場合は回転ベゼルの操作だけで済みましたが、時分針でローカルタイムを表示させる場合は時差の分だけ時分針をぐるぐると回さなければいけませんでした。そこで時針のみを単独可動できるようにし、ローカルタイムを時分針に簡単に設定できるように改良したRef.16760を開発しました。このモデルはGMTマスターⅡの名で1982年に発表されました。

Ref.16760は青×赤、黒×赤、黒のベゼルバリエーションがあり、これは後継のRef.16710にも引き継がれました。

 そして2005年には新ムーヴメントとセラミック製のベゼルを装備した現行モデル(金無垢モデル)が登場しました。2007年に待望のステンレススチールモデルが投入されました。当初は単色のブラックベゼルのみでしたが、2013年にツートンカラーベゼルが復活しました。青×黒というこれまでにない配色でしたが、そのクールなスタイルでじわじわと人気が上昇しました。いまやデイトナ、サブマリーナと並ぶ人気モデルとなっています。

魅力のポイント1 長い年月を経て完成した独自のツートンカラーベゼル

 ツートンカラーベゼルはGMTマスターのアイコンとも言えるものです。当然、現行モデルでもツートンカラーベゼルの設定は考えられていたでしょう。しかし、セラミックをひとつのパーツとして多色成形することは技術的に困難を極めたようで、2005年の誕生から実に8年を経た2013年にようやく完成しました。

耐久性にこだわり、あえてひとつのパーツで黒と青の表現を実現させるというこだわり、そして、キレイなセラミックカラーが自然と切り替わる様はさすがロレックスといったところです。

魅力のポイント2 多機能な実用ムーヴメントとスポーツロレックスらしい品質の向上

 現行モデルに搭載されるムーヴメントはCal.3186です。ほかの現行モデル同様、耐磁性ブルー・パラクロム・ヒゲゼンマイを採用した高性能なものです。ベゼルはクリック感にまでこだわり、両方向へスムーズかつ正確に回転させるために特許技術が用いられています。着実なクオリティアップは大きな魅力といえます。

魅力のポイント3 視認性が格段に向上した夜光塗料

 旧モデルのインデックスや針に採用されていたスーパールミノバがグリーンだったのに対して、現行はクロマライトというブルーに発光する夜光塗料に変更になりました。発行時間も約2倍と夜間での視認性も格段に向上しています。

魅力のポイント4 ブレスレットの長さ調節が可能

 (109439)

 クラスプの留め具内側には可動式のハーフサイズのコマが折り畳むような感じで組み込まれており、ブレスレットの長さを約5mm伸ばすことができます。夏の汗ばむ季節にブレスレットを少し緩めたいときに便利です。

魅力のポイント5 防水強化のトリプロックリュ-ズ

66 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ロレックス GMTマスターを振り返ることで、よりGMTマスターⅡ 116710LNが好きになる!

ロレックス GMTマスターを振り返ることで、よりGMTマスターⅡ 116710LNが好きになる!

ロレックススポーツモデルの定番GMTマスターⅡ。現在サブマリーナなどとならんでスポーツモデルのなかで人気を維持しています。そのロレックスの魅力であるGMTマスターの歴史を追って紹介してみたいと思います。
梅神 | 6,705 view
まだ間に合う?もう手遅れ?超高騰中のコレ!【レビュー&販売情報】

まだ間に合う?もう手遅れ?超高騰中のコレ!【レビュー&販売情報】

ロレックスの高騰が止まりません...。何なんでしょう、この相場?もう欲しくても買う気にならない?いやまだ高騰する?どうなる5桁GMTマスター!!
| 8,808 view
オトナのロレックス第3弾【唯一無二の茶金ベゼル ロレックス GMTマスターⅡ ロレゾール 16713】

オトナのロレックス第3弾【唯一無二の茶金ベゼル ロレックス GMTマスターⅡ ロレゾール 16713】

調子に乗ってオトナのロレックスまたやっちゃいます。今回は、人とは違う唯一無二が大好きなEXIGE一押しのロレックス GMTマスターⅡ ロレゾール Ref.16713。オヤジにこそ理解して欲しい『茶金ベゼル』の魅力を、GMTマスターのベゼルバリエーションをおさらいしつつ紹介します。
EXIGE | 5,335 view
【ロレックス・アンティーク初心者必見!GMTマスターⅠのススメ】

【ロレックス・アンティーク初心者必見!GMTマスターⅠのススメ】

GMTマスターⅠにはアンティークモデルとして扱われているのがRef.6542、Ref.1675の2機種あります。現行モデルにはないディテールやヴィンテージ品の勲章ともいえる経年変化による歴史的な味わいなど、アンティークに魅せられるユーザーは実に多いです。しかし、ロレックス初心者、とりわけ時計ビギナーにとっては、深淵なアンティークウォッチの世界におよび腰になるのも無理はないでしょう。そこで今回はビギナーでも安心なヴィンテージGMTについて記事にしたいと思います。
yuzurhythm | 8,796 view
【チャンス?!】大人気の『ペプシ』が大量出品中!!【販売情報】

【チャンス?!】大人気の『ペプシ』が大量出品中!!【販売情報】

2018年バーゼルの目玉モデルNO.1は間違いなく126710BLROでした。『まさかペプシか!』と。 そんなGMTペプシはやっぱりカッコイイ!
| 7,190 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yuzurhythm yuzurhythm
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
毎日入荷!お気に入りに追加!
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
トケマー宅配買取
ロレックスが安い!他社とご比較下さい!