2016年11月8日 更新

Breitling と DPW (Diving&Proffesional Watch)の関係

~謎のミリタリーウォッチブランド DPW~ あのブライトリングも手掛けたミリタリーウォッチ 詳細不明のDPW その資料からルーツは探れるか!?

1,018 view お気に入り 0

DPW Diving&Proffesinal watch

DPW diving&proffesional watch|incomplete knowledge (11519)

DPW diving&proffesional watch|incomplete knowledge (11521)

DPW diving&proffesional watch|incomplete knowledge (11524)

DPW diving&proffesional watch|incomplete knowledge (11526)

DPW diving&proffesional watch|incomplete knowledge (11527)

DPW diving&proffesional watch|incomplete knowledge (11528)

DPW diving&proffesional watch|incomplete knowledge (11530)

DPW diving&proffesional watch|incomplete knowledge (11531)

DPW diving&proffesional watch|incomplete knowledge (11532)

DPW diving&proffesional watch|incomplete knowledge (11534)

DPW diving&proffesional watch|incomplete knowledge (11535)

DPW diving&proffesional watch|incomplete knowledge (11536)

DPW diving&proffesional watch|incomplete knowledge (11537)

DPW diving&proffesional watch|incomplete knowledge (11538)

1979年に、MOTO-GUZZI傘下のもとイタリアで創業したDPW

ブライトリングのコルトやプルトンベース製だったり、
エベラール製のクロノやETAムーブを採用のミリタリーウォッチのブランド。

日本でも、2000年代末ぐらいまで輸入されていたようですが
現在は現地HPもアクティベートされておらず
詳細は全く不明

調べれば、調べるほどツボなモデルが多く萌え萌えです
とにかく出物があれば、絶対…と思いながらも
今日は2本スルーしてしまった


とりあえず、カタログ資料を見つけたので
たわしの備忘録的にアップ。


やっぱり、ミリタリーウォッチが楽しいな
以前に僕のブログで紹介していたDPWのカタログ画像です

80年代〜90年代臭がプンプンする、このカタログ
溜まりませんなぁ~

文字が潰れて、詳細を確認する事は出来ませんが
明らかにブライトリングの影が見え隠れしております。

後発的に生まれたブランドの割には、ラインナップが幅広く
どの様にして販路を広げたのは全く謎なのですが
そこは、モトグッチのキャパシティなのでしょうか?

当時のイタリア物のスーツは、ダサくて絶対今は切れませんが
この80年代〜90年代初頭の00年代にはダサいと感じていたデザインも
今となってはヴィンテージ感がありちょうど良いのです
ざっとご覧頂いてお分かり頂ける様に、全体的なラインナップに違和感を感じます
それは、当時のマニュファクチャリングがそれぞれ違うからです

なぜ、こう云った事が出来たのでしょうか?
モトグッチのベースの大きさでしょうか
今回、クローズアップするのは
明らかにブライトリングの存在が背景に感じられるモデルです

出来れば、下記のサイトのラインナップをご覧下さいませ

Breitling DPW & Military use

Miltary 80s DPW Limited Edition

Miltary 80s DPW Limited Edition
Miltary 80s DPW Limited Edition
このブライトリングミュージアムと云う海外のサイトに
相当量のDPWが紹介されております。

かなり不規則のバリエーションで、全く詳細は掴めませんが
重要な資料ですね

以前、所有していたDPW

 (77545)

 (77547)

モデル名は、インクルソーレ
イタリア語で、襲撃者を意味する

ブライトリングのアーミーコルトの流れを持つデザイン
文字盤の部隊のロゴは無数に存在し、
これはUNO(国連軍)の物

ブラックPVDが正に80年代を主張し
超絶にカッコいいです。

…が、勿論
現在は手元には残っておりません
 (77549)

 (77552)

 (77554)

恐らく、かなり後期のDPW
ムーブは、MIYOTA製とおもわれます(確証なし!)

何故か、PIRELLIのネームが入るデジアナモデル
上のインクルソーレに比べ径も大きく41mmほど。
海外では、$700ぐらいついておりました

本体のみで入手した為、ストラップは
ブライトリングに近いものを装着

無論、現在手元にはございません。
32 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ブライトリングの隠された側面 ミリタリーイシュウォッチ コルト

ブライトリングの隠された側面 ミリタリーイシュウォッチ コルト

〜ブライトリングのダイバーの位置付けではない、コルトクォーツ〜 入手しやすいイメージのブライトリイング コルト 実は、そのモデルにもストーリーと存在意義があります
ミゾラー | 2,550 view
【男の時計】今買える ミリタリーウォッチ ベスト5【ミルスペック】

【男の時計】今買える ミリタリーウォッチ ベスト5【ミルスペック】

1つのカテゴリーとして、確たる地位を築いているミリタリーウォッチ。アンティークにこそ、その醍醐味があるのは分かるけれども、現行品にもいい時計がたくさんありますよ。男らしさをアピールするアイテムとして、1本いかがでしょうか。
yusapapa | 4,500 view
ブライトリングの新作時計 バーゼルワールド2017 ラインナップ

ブライトリングの新作時計 バーゼルワールド2017 ラインナップ

今年もブライトリングから新作がたくさん出ました。今回の目玉は限定1000本のハリケーンか500本のスマートウォッチですかね?新型ムーブメント・ブライトリングB03も出ましたので一緒に見ていきましょう。
ZENMAI | 3,038 view
雲上三大ブランドの軍用時計~パテック オーデマ バシュロンのミリタリーウォッチ~

雲上三大ブランドの軍用時計~パテック オーデマ バシュロンのミリタリーウォッチ~

クォーツ腕時計が誕生するまでの1930年代から1960年代の機械式軍用腕時計は様々なメーカーが製造していますが、手作業をモットーとする三大ブランドのパテック・フィリップ、オーデマ・ピゲ、バシュロン・コンスタンタンの名は見当たりません。軍用規格に合う低コスト大量生産がスイスの名門にはマッチしていなかったこと、またはプライドが許さなかったのかも知れません。今回はパイロットウォッチに焦点を当て三大メーカーの世界大戦時モデルを見ていこうと思います。
ココ東京 | 4,246 view
ロレックス サブマリーナー Ref.114060 こんなバリエーションが出ないかな?

ロレックス サブマリーナー Ref.114060 こんなバリエーションが出ないかな?

みんなが大好きロレックス サブマリーナー。中でもデイト表示のないRef.114060はどんなシーンにも合う万能高級時計です。今回はこのサブマリーナー114060をベースに、こんなバリエーションで販売されたら、きっとみんな買いたいんだろうな!と言う妄想の産物です。どうか、ファンの皆様お気を悪くしませんように。
ココ東京 | 3,312 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ミゾラー ミゾラー
腕時計専門マーケット

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
腕時計専門マーケット
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
腕時計専門マーケット
大黒屋 宅配買取キャンペーン