2017年1月10日 更新

ウブロ ビッグバン 初めて着けてみて思ったことぶっちゃけます!

今や世界的大人気ブランドの座まで上り詰めた時計ブランド『ウブロ』から、 ステンレス素材のケースにベゼル一周ダイヤモンドが配置され、 色セラミックと白ラバーベルトが爽やかな、ウブロ ビッグバン 301.SE.230.RW.114をご紹介していきたいと思います。

44,934 view お気に入り 0
 (79298)

ウブロってなに?

1979年にイタリア人のカルロ・クロッコが創業。
翌年の1980年にバーゼルデビューを果たし、今では当たり前ではあるゴールドケースと
ラバーベルトを組み合わせた当時では斬新なデザインの時計を生み出し衝撃を与えました。

ブランド名の『ウブロ』とはフランス語で、船の採光用の小窓である『舷窓』の意味。
そのため、ビッグバン等のモデルは『舷窓』にデザインが似ています。
その独創性豊かなで先進的なデザインは、
1980年代初頭のクォーツショックに苦しむスイスの時計メーカーに大きな影響を与えました。

2004年に新しく『ジャン・クロード・ビバー』氏が新しくCEOに就任。
そして翌年の2005年に新モデルの『ビッグバンシリーズ』を発表しました。
それまでウブロは、正直あまり知名度もなく人気もありませんでした。
しかし、ビッグバンの登場により、ウブロというブランド名が一躍世界中に知れ渡りました。
その証拠に、時計愛好家だけではなく、近年では有名スポーツ選手・芸能人・有名ミュージシャン等の様々なジャンルの方が着用しており、我々一般人にまでウブロは身近な存在になっています。
着用が目立つのは、スポーツ選手・日本の大物芸能人・黒人アーティストですかね。
陸上選手のウサイン・ボルト・ヤンキースの田中将大、
サッカー日本代表の香川真司・ビヨンセの旦那でラッパーのJAY-Z等の有名人との
コラボレーションモデルを発売するなど、多方面に積極的にアプローチしています。
 (90745)

 (90749)

ウブロは、バリュエーション豊かな素材・カラー・装飾・コラボモデルの数など、
他のブランドに比べてダントツ多い魅力あるブランドでもあります。
数あるモデルの中から自分に合ったお気に入りのモデルを探す楽しみがあります。
そんな今もっとも勢いあるブランドがウブロです。

ウブロ ビッグバン 301.SE.230.RW.114を細かく見ていきましょう!

今回ご紹介するのは、ステンレス素材のケースにベゼル一周ダイヤモンドが配置され、
色セラミックと白ラバーベルトが爽やかな、ウブロ ビッグバン 301.SE.230.RW.114です。
 (79304)

 (79178)

ウブロ ビッグバン 301.SE.230.RW.114のスペックは

型番 301.SE.230.RW.114
ステンレスケース×ラバーベルト
ケース径 44mm
自動巻き Cal.HUB44
パワーリザーブ 約42時間
振動数:28,800
100m防水 クロノグラフ機能
ステンレスベゼルに2重にダイヤモンド114個(約1.78ct)を配置
国内定価 2,160,000円
 (79151)

ステンレスベゼルに、2重に一周ダイヤがびっしり配置されていて高級感がスゴイです。
一粒一粒キレイにダイヤが石留めされていて、しかも使用されているダイヤもとてもキレイです。
こうゆう細かい所も一切妥協しないのも高級時計の証拠でもありますね。
それにしてもメチャクチャBlingBlingです。
 (79126)

 (79128)

続いては、時計の裏側です。
シースルーバック仕様なので時計の内部が見えちゃいます。
近年、高級時計はシースルーバック仕様が多い気がします。
ウブロもほとんどのモデルがシースルーバック仕様です。
その分ブランド側は、裏側から丸見えのムーブメントのデザインや、
仕上げをきちんとやらなければいけないので、手間も時間も掛かりますので大変そうです。
ちなみにこのビッグバンは、自社開発ムーブメントCal.44を搭載してます。
 (79132)

 (79133)

こちらはケースサイドの画像です。
リューズとクロノグラフのプッシュボタンの白い部分はラバー素材です。
それ以外のケース部分は、ステンレスと白セラミックで出来ています。
 (79380)

ケース径44mmを誇るウブロのビッグバンですが、このようにステンレス以外の、
軽量の異素材と組み合わせることによって、大形のケースの割に、
軽くて長時間着けていても不快にならない快適な着け心地を実現しています。

ケースの延滞の仕上げは横から見ると、ベゼル部分は丸みがあって優しい印象ですが、
ケース部分の角はしっかりとエッジが立って緩急があって高級感があります。
 (79135)

 (79136)

続いてはラバーベルト部分を見ていきます。
実際、触った感じは正直に言うと、質感がメチャクチャ安っぽくて驚きました。
200万以上する時計についてるベルトがこんなにショボくていいのかと思ってしまう位です。
以前、ロイヤルオーク・オフショアのラバーベルトモデルを所有していたのですが、
明らかに質感・厚み・着け心地が違います。

あまりの衝撃を受けたので試しに、替え用のベルトの値段を調べたら約2万円弱、
APは確か5万円位したので違いがあって当然ですかね。
でもあのクオリティーで2万弱は高すぎると感じるのは私だけでしょうか?

また、ホワイトのラバーベルトを装着しているので長い間使っていると汚れが目立ちます。
写真のように表面は特に汚れは目立ちませんが、内側は肌に触れていた部分は変色してます。
せっかくホワイトで爽やかな印象なのに汚れていると台無しになってしまいます。
ブラックのベルトにくらべてまめにケアするか、早めのベルト交換しないといけませんね。
 (79141)

最後はバックル部分です。
バックルはDバックルで、横の飛び出たボタンを押すと簡単に外すことが可能です。
 (79138)

クラスプ部分は、ブランド名のウブロの頭文字の『H』の文字がデザインされています。
普段着用してる時はまったく見えない部分のデザインも手抜きなしでしっかりとやっています。
さすが高級時計ですね。

まとめ

39 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

HUBLOT(ウブロ)至極の限定モデル ビッグバン トゥッティフルッティ トゥールビヨンをレビュー

HUBLOT(ウブロ)至極の限定モデル ビッグバン トゥッティフルッティ トゥールビヨンをレビュー

さまざまな限定モデルが存在するHUBLOT(ウブロ)。その中でも最高峰と言えるであろう限定時計の御紹介です。ビッグバン トゥッティフルッティ トゥールビヨンを語ります。
p-con | 4,612 view
ウブロを愛用する芸能人・有名人まとめ

ウブロを愛用する芸能人・有名人まとめ

ウブロ(HUBLOT)と言うスイスの時計メーカーをご存知でしょうか?1979年創業の若い時計ブランドです。創業当時の作品は当時では珍しい「金無垢にラバーベルト」と言うスタイルでした。ウブロの創設者カルロ・クロッコはイタリア人。ファッションの国イタリアの血でしょうか、このスタイルがイタリアでヒットしたんです。
ココ東京 | 62,272 view
【腕時計レビュー】ウブロ(HUBLOT) ビッグバン 301.SM.1770.RX~一年間使ってみた

【腕時計レビュー】ウブロ(HUBLOT) ビッグバン 301.SM.1770.RX~一年間使ってみた

男なら誰しも憧れる時計がひとつやふたつあるはず!完全に個人的な意見ですが、私自身はHUBLOTがそのひとつでした。実際に使用してみてのメリット・デメリットを個人的視点から解説いたします。
p-con | 8,464 view
声が高くてヘリウム吸ったみたいwww哀川翔は腕時計も高い!!

声が高くてヘリウム吸ったみたいwww哀川翔は腕時計も高い!!

昔はVシネの帝王とかなんとか言われていたらしいですが、最近では日サロに通い髪の毛をシルバーアッシュに染め、キラキラしたスーツを身にまとっている翔さん。今回はそんなただのギャル男のようにちょい悪のおっさん化してしまった近頃の翔さんの時計を特集してみましたのでよろしければご閲覧下さいませ。
ひゅーぶろ。 | 3,438 view
燃ゆる魂 HUBLOT スピリットオブビッグバン チタニウム 【ウブロ新デザイン】

燃ゆる魂 HUBLOT スピリットオブビッグバン チタニウム 【ウブロ新デザイン】

2014年のバーゼルワールドにて発表されたウブロ スピリットオブビッグバン 、2005年以来人気の続くのウブロのビッグバンデザインに新たなエッセンスを加えて登場した新モデルの実力は如何なものか…
ギロチン | 3,294 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

BLING-BLING-BOY BLING-BLING-BOY
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
腕時計専門フリーマーケット
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
腕時計専門のフリーマーケット
腕時計専門フリマ