2018年7月14日 更新

ロレックスのここが凄い!"ムーブメント編"

今や世界でもトップクラスの人気と実用性を誇るロレックス。今回は機械式時計の心臓部分である"ムーブメント"のすごさに迫りたいと思います。

15,251 view お気に入り 0

進化し続けるロレックスのムーブメント

 (200245)

実用性を重視するロレックスの時計において、最も重要な要素として挙げられるのが"ムーブメント"です。
外装パーツ同様、精度や耐久性は日々進歩しており、独自の改良が加えられて今に至ります。今回はロレックスのムーブメントに焦点をあてて、その魅力に迫りたいと思います。

次世代キャリバーの筆頭! Cal.3235

 (200240)

まず、注目したいのが 2017年に発表された新型シードゥエラー"赤シード"やデイトジャスト41、新型ディーシーなどにも続々と搭載されているCal.3235。
14個の特許を取得、最先端の技術を凝縮されて開発された最新の自社製ムーブメントです。
ムーブメントの軽量化に成功し、エネルギー効率が約15%向上。それにより、約72時間というロングパワーリザーブが実現しました。
また、巻き上げ効率を上げた自動巻ローターや、新開発の引き込み式ツメにより操作禁止時間帯がなくなったのも魅力です。
まさに次世代機に相応しい性能を実現させました。今後は順次、新しいムーブメントに変わっていくものと思われます。

2015年に新たに導入された"高精度クロノメーター"の証

 (200246)

2015年、ロレックスは独自の社内規格として"高精度クロノメーター"を設け、以降すべての現行モデルに適用されるようになりました。
従来のスイスクロノメーターと比べより厳しい基準が設けられました。スイスクロノメーターの平均日差が-4秒〜+6秒に対し、高精度クロノメーターでは-2秒から+2秒以内とより厳しくなりました。
45 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【2018年12月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! デイトナ SSモデル 編

【2018年12月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! デイトナ SSモデル 編

第7弾は2016年発表SSデイトナ 116500LNです。発表から2年が経過しますが、相場は落ち着くどころか上がる一方。恐怖すら覚える現在の相場をチェックしていきたいと思います。
サウスポー | 11,035 view
【2018年12月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! デイトナ コンビ・無垢 編

【2018年12月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! デイトナ コンビ・無垢 編

SSデイトナだけじゃない!第8弾の今回はデイトナ"コンビ&無垢編"です。ゴールドを贅沢に使用した豪華なデイトナ。豊富なバリエーションを誇るデイトナたちの現在の相場をみてみましょう。
サウスポー | 5,020 view
【2018年9月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! デイトナ SSモデル 編

【2018年9月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! デイトナ SSモデル 編

第7弾は、キングオブロレックス【コスモグラフ デイトナ】2016年に発表された現行デイトナRef.116500LNの現在の相場に迫りたいと思います。
サウスポー | 15,077 view
【レアモデル発見】ロレックス 現行GMTマスターⅡにも◯◯ダイアルがあった!

【レアモデル発見】ロレックス 現行GMTマスターⅡにも◯◯ダイアルがあった!

今回はロレックスの人気スポーツモデル 現行GMTマスターⅡ Ref.116710LNのちょっとレアなダイアルをご紹介。さっそくまいりましょう。
サウスポー | 10,668 view
【2018年12月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! シードゥエラー 編

【2018年12月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! シードゥエラー 編

第6弾の今回は"シードゥエラー"。40mm径のシードゥエラーは姿を消し、今では43mmの赤シードRef.126600と新キャリバーを搭載して生まれ変わった44mmのディープシーRef.126660のみ。デカ厚を地で行くシードゥエラーの現在の相場をチェックしていきたいと思います。
サウスポー | 3,740 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

サウスポー サウスポー
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋