2017年10月17日 更新

なぜ 116500LN 新型デイトナは下がらない?

バーゼルワールド2016で鮮烈レビューを果たしたスティール・デイトナ116500LN。単純にセラミック製のベゼルになっただけの進化なのですが、一番のウィークポイントだった点が改善されたからか爆発的な需要を生み出しました!

6,154 view お気に入り 0

なぜ 116500LN 新型デイトナは下がらない?

 (170246)

2016年3月のバーゼルワールドでRef.116500LNは発表され、市場にリリースされたのは6月頃でした(5月末から)。
昨年は英国のEU離脱から為替が不安定になり、共和党のドナルドトランプ氏が有力になるなど112円ほどあったドル円為替が一時期101円ほどまで落ち、年末12月に急回復しました。
gettyimages (170282)

116500LNリリース時の並行新品価格は200万円を切るものでした。

日本国内の定価は1,274,400円。
リリース時は黒文字盤も白文字盤も人気の差はあまりありませんでしたが、徐々に白文字盤の人気が高まります。
並行新品価格は為替の影響で180万円台後半まで一時的に下がりますが、それも長くは続きません。
205万円の白文字盤、188万円の黒文字盤という固定された並行価格がしばらく続き、2017年今年の夏前あたりからグググっとまた値上がりし始めます。
thinkstock (170283)

北半球が夏になると、腕時計を買う多くの層が「腕時計自慢」に時計を買うため、需要が高まり時計の値が上がります。
タイミングよくボーナスなどもあるので購入欲が高まるのですね。

買う人が多いので値段があがる・・・仕方のないことなのですが・・・。
 (170276)

また、通常2年目にはまだ新作の値は下がらないことが多いのです。

1年目に買った方々の良い評価を聴き、悩んでいた層が欲しがるからです。

隠れた需要が表に出てくるのが2年目ですね。
116520が出た2000年、翌年の2001年も相場は高止まりしていました。

少しづつ落ちてきたのは3年目から。

116500LNも欲しい方・買える方が一回りするまで、あと1年以上必要という事ですね。
歳末商戦

歳末商戦

夏が終わり、長そでシーズンになると少し落ち着くと思われます。

ただ年末になると再び上昇します。
今年の場合、とくに目玉だった50周年シードゥエラーがコケのが痛かったですね。

このシードゥエラーが爆発的に人気であれば、今デイトナを向いている層がきっと126600を追っていたと思うんです。
 (170280)

デイトナ116500LNより、大きく進化したはずのシードゥエラー43ですがロレックスファンには、あまり受け入れられませんでしたね。

なんでだろう?
 (170285)

昨年の新ダイヤルのヨットマスターの方が人気を保っている気がしますが、定価からの値上げ率を見ればまだシードゥエラーの方がプレミアムってます。
 (170288)

シードゥエラー43は、だいたいDブルーくらいになるかな?なんて思いましたが、Dブルーよりもう安くなってしまいましたね。

新作なのに・・・

いや、シードゥエラー43が悪いわけではないのです。
やはり一言でいえばデイトナは特別だと・・・そんなとこでしょう。

116520とキャリバーは同じ、文字盤はちょこっと変わったけど、90%くらい同じパーツで組みあがっています。
新しいムーブメントになった、まるっと新作ならわかります!

ベゼルが黒くなったくらいのマイナーチェンジ程度なのにね。・・・なんて思っている方もいるでしょうか?
thinkstock (170291)

いえいえ、

そのマイナーチェンジこそが、このデイトナを一つ上の存在に押し上げたのです。
デザイン性だけでなく、デイトナの永遠の悩みであった「キズ」問題への解答が116500LNの評価を高めているのです。

今まではスティール製の金属ベゼルに直接タキメーター数字を打刻していました。
そこに墨を流してしたのですが、経年とともに付くキズ、薄れる墨。
44 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

色んなデイトナを見ながらブツブツ言おうじゃないか!

色んなデイトナを見ながらブツブツ言おうじゃないか!

いえいえ、お酒なんか飲んでませんよマダ。デイトナ良いですよね?皆が欲しがってますよね?俺デイトナいらないわ!くれるなら他のモデルが良いよ!なんて私も言っていました(笑)
ZENMAI | 6,286 view
やっぱりホイールダイヤルって呼ばない?デイトナ 116500LN ホワイト文字盤

やっぱりホイールダイヤルって呼ばない?デイトナ 116500LN ホワイト文字盤

パンダダイヤルの記事の時に、116500LNをタイヤダイヤルとかホイールダイヤルなんて感じで呼んでみましょう!と書きましたが、ロレックスの公式インスタグラムを見てみたら3つのタイヤとデイトナがちょうど写っていましたので、この際だから呼びませんか?
ZENMAI | 3,488 view
実際どうなの?ロレックス 新型デイトナ 116500LN 白文字盤「黒も良いけど、やっぱり白かな?」

実際どうなの?ロレックス 新型デイトナ 116500LN 白文字盤「黒も良いけど、やっぱり白かな?」

本命は、やはり白文字盤の新型デイトナですね!このデザインの格好良さは他にはありません。実際に比べてみると黒よりも白の方が「あたらしいデイトナ」感を味わえるのがわかります。ただ、まぁ結論を先に言えば「どっちが格好良いのか?」なんて質問には、完全に個人の「好み」だとしか言えません。
ZENMAI | 29,521 view
実際どうなの?ロレックス 新型デイトナ 116500LN 黒文字盤「やっぱり超絶欲しい!売るなら私にお願いします(笑)」

実際どうなの?ロレックス 新型デイトナ 116500LN 黒文字盤「やっぱり超絶欲しい!売るなら私にお願いします(笑)」

生まれて初めてデイトナに恋をした(笑)。セラクロムベゼルが、こんなに素敵だなんて!最高です。2016年バーゼルワールドにて彗星のごとく登場したニュー・デイトナ Ref.116500LN。国内では早くも5月にリリース開始。皆が早く値段下がれと願っているハズ(笑)!欲しい・欲しいを抑えて、まずはレビューをじっくり見てください。白文字盤が欲しかったけど黒文字盤も格好良いです。
ZENMAI | 29,087 view
注目度急上昇!クリームダイヤルに迫る デイトナがレアモデルが多い!!

注目度急上昇!クリームダイヤルに迫る デイトナがレアモデルが多い!!

ロレックスには今までに多くのレアモデルが登場しておりますが、近年注目度が上がってきているのがデイトナRef.116520のクリームダイアルです。今回は画像で比較しながらアイボリーダイアルに迫っていきたいと思います。
サウスポー | 2,982 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ZENMAI ZENMAI
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
お得なキャンペーン!
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
腕時計専門のフリーマーケット
腕時計専門フリマ