2017年7月22日 更新

【ミドルレンジが熱い!】 ハミルトン H4241559 スピリット オブ リバティ レビュー

ミドルレンジで一番の人気を誇るハミルトンから、クラッシックな3針「スピリット オブ リバティー」をレビュー。大人クラシックで紳士な印象に!

6,900 view お気に入り 0

はじめに

 (150848)

ハミルトンはアメリカ発祥のブランド。現在は、スウォッチグループ傘下に入りスイスの時計技術とアメリカのデザインを融合させた唯一無二のブランドとして、幅広い年齢層にファンが多いブランドです。
IWCやパネライ、オメガも作用していた世界最大の汎用ムーブメントETAを自社で改良したHシリーズは、ロービート化により80時間のパワーリザーブを達成。デザインのみでなく実用性も兼ね備え、素晴らしいコストパフォーマンスを実現しています。
というわけで、本日はミドルレンジの大本命、HAMILTONから“スピリット オブ リバティ”を詳しくご紹介します!

レビュー

 (150849)

@ゆうきち
なんといっても目を引くのは、パティーヌ加工が施された革ベルト。最近のモデル、HUBLOT CLASSIC FUSION BERLUTIの影響もあり、特に注目度の高い加工ですね。
なんとも言えない高級感と渋みを醸し出すこの革ベルトは、スピリット オブ リバティにだけ採用されることからもこのモデルが特別な時計であることを証明しています。
 (150850)

@ゆうきち
ちなみに、モデル名の元にもなっっているベルトに刻まれた“without liberty life is a misery(自由なき人生など、惨めなものだ)”という言葉は、故アンドリュー・ハミルトンの言葉。
このアンドリュー・ハミルトン、創業者とかそういったわけではなく(一応、ブランド名の由来ではあるらしい…)スコットランド出身の法律家で、ハミルトン創業のランカスターに土地を所有していた方。
北米植民地をめぐり争ってい他国の影響もあり、自由を求めてアメリカに降り立った人たちからすれば、自由を感じることが少なかったのでしょう。その時代背景が先ほどの言葉に表れていますね。
 (150851)

@ゆうきち
さて、時計のデザインはいたってシンプル。
リーフ針に、細めのバーインデックスとデイト表記のみ。ドレスウォッチの王道と言えるデザインになっています。カレンダーをあえて6時位置に置くことでシンメトリーな纏まりある見た目に仕上げているのも特徴ですね!
 (150852)

@ゆうきち
今回、特筆したいのはそのダイヤルカラー。放射線状の加工が施されたグレーのダイヤルが、上品かつ現代的な印象を与えてくれます。いやーかっこいい。
よくよく考えてみるとグレーダイヤルってあんまりないですよね…。ネイビーは一般的になりましたが、グレーのなんとも言えない上品さは手に取ってみないとわからないかもしれません。
ちなみに、このモデルはロゴもちょっと違う…。
王冠のようなロゴは、1910年代に使用されていたもの。あえてこのモデルだけ違う旧ロゴを使用していることからも、特別なモデルであることがわかります。
ケース径は42㎜。シンプルがゆえに少し大きいイメージはありますが、今の流行を考えれば一般的なサイズと言えそうです。
風防は緩いカーブを描くサファイアガラス、ケース素材は316Lステンレススティールです。
防水性は5気圧防水。汗や雨でしたら問題なく防いでくれます。
 (150853)

@ゆうきち
そして、トランスパレント化された裏蓋から見えるのは80時間のパワーリザーブを誇るキャリバーH-10。ETA2824-2を改良したことで、リザーブを伸ばしました。この価格帯でこれほど安定したムーブメントはなかなかありません!
ちなみに有名ウォッチブランドR社の3針デイトの最新キャリバーで、70時間のリザーブ。実用性を考えれば圧倒的です。
 (150854)

@ゆうきち
さて、ここまでこだわりが詰まったハミルトンのスピリットオブリバティ。展開が多いのも魅力。ダイヤルカラーもそうですか、ステンレスベルトのモデルやクロノグラフなど、自分好みのモデルを探してみてください!

まとめ

38 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ミドルレンジが熱い!】ハミルトン カーキネイビー パイオニアクロノ H77706553 レビュー

【ミドルレンジが熱い!】ハミルトン カーキネイビー パイオニアクロノ H77706553 レビュー

時計業界が低迷する中、熱を帯びてきたのが実用的なミドルレンジの時計たち。 その中から、本日はアメリカ発祥でスイスメイドのハミルトンをレビューしていきます。 ご覧の方の中には、ハミルトンは”ETAポン”だから興味がないとおっしゃる方もいるかもしれません。私もそうでしたしね…。ただ、その先入観はもったいない!低価格でもハイクオリティ。ミドルレンジの魅力をごらんあれ!
ユウキチ | 3,417 view
【価格破壊!?】話題のTISSOT最新作 BALLADE POWERMATIC 80 (T108.408.16.057.00) 実機レビュー

【価格破壊!?】話題のTISSOT最新作 BALLADE POWERMATIC 80 (T108.408.16.057.00) 実機レビュー

日本での知名度はまだまだですが世界では圧倒的知名度を誇る“TISSOT”から、価格破壊とも言われている新作“バラード オートマティック”を実機レビュー。BALLADE POWERMATIC 80はすごい!
ユウキチ | 3,988 view
【ミドルレンジが熱い!】ハミルトン ベンチュラ エルヴィス 80 オートH24585331 レビュー

【ミドルレンジが熱い!】ハミルトン ベンチュラ エルヴィス 80 オートH24585331 レビュー

ハミルトンのアイコンウオッチ“ベンチュラ”。エルヴィス・プレスリーをはじめ、多くの著名人を虜にしてきた世界で最も成功したアシンメトリーウォッチから、エルヴィス・プレスリーの生誕80周年を記念したモデルを実機レビュー。
ユウキチ | 1,513 view
【ミドルレンジが熱い!】HAMILTON ベンチュラシリーズ お勧めモデル3本 レビュー

【ミドルレンジが熱い!】HAMILTON ベンチュラシリーズ お勧めモデル3本 レビュー

ハミルトンのアイコンウオッチ“ベンチュラ”。エルヴィス・プレスリーをはじめ、多くの著名人を虜にしてきた世界で最も成功したアシンメトリーウォッチから、お勧めの3モデルをご紹介!
ユウキチ | 4,347 view
【伝統と革新】TISSOT LUXURY AUTOMATIC COSC 実機レビュー(T086.408.11.031.00)

【伝統と革新】TISSOT LUXURY AUTOMATIC COSC 実機レビュー(T086.408.11.031.00)

トラディショナルウォッチにおける生産数が世界一のTISSOT。国内では知名度、人気度共にまだまだですが、一歩世界に出るとROLEXやOMEGAよりも知名度が高いTISSOTが、時計の本質を捉えようとしたLUXURY AUTOMATICを実機レビュー。
ユウキチ | 1,267 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユウキチ ユウキチ
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
お得なキャンペーン!
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
腕時計専門のフリーマーケット
腕時計専門フリマ