2017年3月31日 更新

【新作発表】2017バーゼル新作 シードゥエラー 126600 【赤シード復活】

ついに発表されましたシードゥエラー43、往年のプレミアモデル「赤シード」の復活を果たしました。新型ムーブメントを搭載したロレックス バーゼルワールド2017年の新作を詳しく見てみましょう。

22,533 view お気に入り 0

赤シード復活、2017年ロレックス開幕

シードゥエラー43  126600

シードゥエラー43 126600

ついに来ました。新作スポーツモデル!
さぁ2017年のバーゼルも開幕しまして、ロレックス新作スポーツモデルの情報が入ってきましたね。
シードゥエラー43  「通称 赤シード」

Ref.126600

43mmケース

1220m防水

セラクロムベゼル、数字はプラチナコーティング

Cal.3235搭載

シードゥエラー50周年記念モデル

定価の発表は11350ドル?との情報ですので、
本日レートで日本円に換算すると126万円くらいだと思います。(まだ不確定情報です)
新スペックを並べて書いてみますと、


「cal.3255搭載」という点が私的には1番の注目点ですね。
私は自分の記事で述べていますが、去年のデイトナのモデルチェンジは何の感動もありませんでした。むしろロレックスのモデルチェンジにしてはあまりにもインパクトの無いつまらないモノだと感じていたくらいです。
ロレックスはブレスレット販売店じゃありません。

時計販売メーカーですよ?

リファレンス変えたのに同じ機械ぶち込んで、ベゼル変えただけじゃダメなんですよ。
その点今回のシードゥエラー43は遂にロレックスの誇る新ムーブメント「cal.3235」を投入してきましたね。

おそらく近代時計のムーブメントの中ではかなりのハイスペックの機械が投入されて、さらに外見まで完全リニューアルも行われています。

これはかなり期待のモデルチェンジでは無いかと思います。

そんなに「cal.3235」ってすごい機械なの?

cal.3235

cal.3235

遂にスポーツモデルに搭載される日が来ました。
簡潔に書きます。


「すごいです。」



もう現在のサブマリーナやヨットマスターに搭載されているcal.3135からの進化ったらそりゃあもうすごい変化です。


iPhone4とiPhone7くらいの差があります。
出来ることは似ていても、



「その中身に大きな差がある」ということなのです。


そこで新旧シードゥエラームーブメントのスペック比較をしてみましょう。

新旧シードゥエラームーブメント比較

Cal3135 VS cal.3235

Cal3135 VS cal.3235

上が3135、下が3235
それでは比較してみましょう。

cal.3135VScal.3235において客観的数字で見ても差がつくのが




パワーリザーブ が48時間から70時間へ飛躍的に伸びている事でしょう。
今までは70時間もパワーリザーブのある腕時計は


「ロングパワーリザーブウォッチ」と呼んで差し支え無かったと思います。


しかしこのcal.3235が全てのロレックスウォッチに採用されていけば現在の標準である42〜48時間リザーブの腕時計によって出来ている「自動巻き時計は二日間腕から外しても動いている」という業界の基準が「自動巻き時計は三日間腕から外しても動いている」へ変わる可能性すらある新基準を作ろうとしているのであります。
そして次に注目したいのが脱進器の進化です。
クロナジーエスケープメント

クロナジーエスケープメント

脱進器の進化とは腕時計の進化である。
左が従来のcal.3135に搭載されている脱進器、右がcal.3235に搭載されているクロナジーエスケープメントになります。
この脱進器とは、巻き上げた動力が伝わってくる歯車と時計が正確なリズムを刻むためのスピードの調整役であるテンプを繋ぐパーツである。
1800年にブレゲの創始者、アブラアン=ルイ・ブレゲが完成させて以来ほぼ全ての企業がこのクラブツース脱進器を採用しています。

※クラブツース=蟹の爪の様な形状をしているため
つまり200年もの間進化していない部分とも言えるわけです。

もちろんブレゲ以外の企業も様々な種類の脱進器を開発したのですが、主流にはならずに歴史の影に消えてきました。

今回のシードゥエラーに搭載されるクロナジーエスケープメントはそんなクラブツース脱進器の最終型態とも呼べる究極の進化を遂げています。
まず脱進器自体の軽量化がされている事で運動効率が高まっている事が見て取れます。


実はこの脱進器というパーツは1日に691,200回も動いています。


軽量化により5%運動効率が上昇するだけでも1日に60万回以上動くパーツなので、腕時計の性能に多大な好影響を与えるのです
今までの腕時計メーカーであれば、腕時計のパワーリザーブを伸ばすのであれば、より長いゼンマイを用いてゼンマイの巻き上げ容量を伸ばそうとしました。
ガソリンタンクを大きくする。

ガソリンタンクを大きくする。

これが今までの腕時計の常識。
クルマに例えるならガソリンタンクを大きくしてより多くのガソリンを給油すればいいというのが今までの腕時計のロングパワーリザーブムーブメントの考え方です。
しかし今回のシードゥエラーに搭載されるcal.3235はクルマに例えると


「ガソリンタンクを大きくしながらも、消費ガソリンの削減まで行うクルマ」なのです。


要は旧型のcal.3135が普通の「乗用車」ならば、新型のcal.3235は「エコカー」という例えになりますね。
エコカーの様なcal.3235

エコカーの様なcal.3235

ガソリンタンクの容量だけでなく、そのガソリンを効率よく使うかを考えている。
この様に新型のcal.3235は今までのロレックスの常識であった2日間動く腕時計、という常識を3日間動く腕時計に変化させるムーブメントである。


理由としては従来のやり方通りゼンマイの絶対量を増やしてパワーリザーブを延長させ、そのエネルギーを効率よく伝える新型の脱進器を搭載したエコカーの様なムーブメントであるからである。
次のページでもシードゥエラー 126600の進化について触れていこうと思います。
44 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【緊急】バーゼル話題の赤シード!って事は『アレ』が爆上げ決定?!急げ!!

【緊急】バーゼル話題の赤シード!って事は『アレ』が爆上げ決定?!急げ!!

ロレックスの新作がバーゼル2017で発表された!中でも注目NO.1は赤シード126600...。って事は、シード4000がディスコン?!狙い目だ、急げ!!
| 21,171 view
7/23~24トケマー新入荷情報!おすすめ時計をご紹介!

7/23~24トケマー新入荷情報!おすすめ時計をご紹介!

トケイのマーケット、トケマーに新入荷した商品を一部だけですがご紹介! たくさんの時計の中からあなたのお気に入りの時計を見つけてください! 商品の詳細は、商品画像下の『トケマーで詳細を確認する』をクリックすれば確認できます。
WatchMonster管理者 | 4,658 view
7/14トケマー新入荷&値下げ情報!おすすめ時計をご紹介!

7/14トケマー新入荷&値下げ情報!おすすめ時計をご紹介!

トケイのマーケット、トケマーに新入荷した商品を一部だけですがご紹介! たくさんの時計の中からあなたのお気に入りの時計を見つけてください! 商品の詳細は、商品画像下の『トケマーで詳細を確認する』をクリックすれば確認できます。
WatchMonster管理者 | 5,915 view
6/24トケマー新入荷情報!おすすめ時計をご紹介!

6/24トケマー新入荷情報!おすすめ時計をご紹介!

時計怪獣WATCH MONSTER トケイのマーケット「トケマー」新入荷商品情報です! 入荷した商品からウォッチモンスター管理人のおすすめ商品をピックアップ!全てお買い得、間違いなし!
WatchMonster管理者 | 5,249 view
【実機レビュー】ロレックス Ref.126600 43mmの赤シードゥエラー バーゼルワールド2017新作

【実機レビュー】ロレックス Ref.126600 43mmの赤シードゥエラー バーゼルワールド2017新作

年々リリースが早まるロレックス。ファンには嬉しい限りです。昨年のデイトナ116500LNが5月末でしたが、今年の赤シード126600は5月1日でした。さて気になるのはサイズとサイクロップレンズですね。43mmは大きいのか?重いのか?サイクロップレンズは必要だったのか?どうでしょう~?
ZENMAI | 21,531 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ギロチン ギロチン
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
腕時計専門フリーマーケット
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
腕時計専門のフリーマーケット
腕時計専門フリマ