2017年6月30日 更新

【ミドルレンジが熱い!】 ハミルトン H77705345 カーキネイビーオープンウォーター レビュー

夏はすぐそこ!ミドルレンジで一番の人気を誇るハミルトンから、軍特殊部隊に捧げたダイバーズウォッチ“カーキネイビー オープンウォーター”をレビュー!デザイン良し、スペック良しで今年の夏大活躍間違いなし!

5,221 view お気に入り 0

はじめに

 (145040)

ハミルトンはアメリカ発祥のブランド。現在は、スウォッチグループ傘下に入りスイスの時計技術とアメリカのデザインを融合させた唯一無二のブランドとして、幅広い年齢層にファンが多いブランドです。
IWCやパネライ、オメガも作用していた世界最大の汎用ムーブメントETAを自社で改良したHシリーズは、ロービート化により80時間のパワーリザーブを達成。デザインのみでなく実用性も兼ね備え、素晴らしいコストパフォーマンスを実現しています。
というわけで、夏も目の前!“ダイバーズウォッチが5割増しでカッコよく見える季節”ということで前回S本日はミドルレンジの大本命、HAMILTONから“カーキネイビー オープンウォーター”を詳しくご紹介します!

レビュー

 (145044)

H77705345 ¥137,160 税込

[基本スペック]
型番: H77705345
駆動方式:自動巻(H-10)
ケース径:42mm
防水:300M防水
色々な雑誌で取り上げられたモデルですので、見たことがある方もいらっしゃるかと思います。チタンモデルやステンレスブレスのモデルもありますが、今回は専用シリコンラバーが付いたモデルをレビューしてきます。
 (145053)

ハミルトンの中でも、ミリタリーやスポーツのカテゴリに位置する“KHAKI(カーキ)”。その中でも、海に関連の深いジャンルを“KHAKI NAVY(カーキ ネイビー)”と言います。
そのジャンルにカテゴライズされるこの時計は別名“フロッグマン”とも呼ばれ、その名の通りアメリカの海軍特殊部隊“フロッグマン”の為に開発された時計を元にしています。
元になった時計は1951年の名作映画「フロッグメン」にも登場し、当時大きな話題になりました。
当時の時計製造において、高い防水性を確保することは非常に困難かつ重要な課題でした。これは現代の時計でもそうですが、特にリューズ部分は弱く、わずかな隙間から浸水してしまうことが多かったようです。
そこで、当時のフロッグマンはリューズの上から特殊なカバーを被せるという斬新な防水機構を搭載。リューズの上から瓶の蓋のようなカバーを掛ける事で防水性を高め、見事にアメリカ海軍特殊潜水部隊用のプロフェッショナルウォッチとして採用されるに至ったわけです。
 (145064)

@ユウキチ
では、今日ご紹介のオープンウォーターを見てみましょう。
元になったフロッグマンの意匠を受け継ぎ、特徴的なリューズカバーを採用しています。これにより300m防水という素晴らしい防水性を確保。
ちなみにこの300mという防水性、日本工業規格(JIS)に基づいて考えれば、2種潜水時計という最も上の規格を満たす時計という事になります。(同規格内でさらに上の防水性を備えるものもあります。)
 (145070)

@ユウキチ
普段使うにはオーバースペックな気もしますが、プールでも海でのレジャーや、急な大雨でも安心して使えることを考えるとこれくらいオーバーでもいいのかもしれないですね・・・。
あ。せっかくなので時計の防水表記について簡単にご紹介しておきましょう。「100m防水」と「10ATM/10気圧」という表記、なぜ2パターンあるのかご存知ですか?
じつは100m防水と10気圧防水は全く別物。

①10気圧防水とは

10気圧防水とは、静止した状態であれば100mまでの水圧に耐えられる構造の意で、その位置での動作保証はされていません。

②100m防水とは

100m防水は水深100mのさらに1.25倍の水圧に耐えられる構造のことを表し、その地点での動作保証がされています。
つまり「100m防水」のほうが、「10気圧/10ATM」より防水性が強いということになります。ぜひ覚えておいてください!!
42 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ミドルレンジが熱い!】ハミルトン カーキネイビー パイオニアクロノ H77706553 レビュー

【ミドルレンジが熱い!】ハミルトン カーキネイビー パイオニアクロノ H77706553 レビュー

時計業界が低迷する中、熱を帯びてきたのが実用的なミドルレンジの時計たち。 その中から、本日はアメリカ発祥でスイスメイドのハミルトンをレビューしていきます。 ご覧の方の中には、ハミルトンは”ETAポン”だから興味がないとおっしゃる方もいるかもしれません。私もそうでしたしね…。ただ、その先入観はもったいない!低価格でもハイクオリティ。ミドルレンジの魅力をごらんあれ!
ユウキチ | 2,841 view
【ミドルレンジが熱い!】新作 ハミルトン H32705551 ビューマチックスケルトン レビュー

【ミドルレンジが熱い!】新作 ハミルトン H32705551 ビューマチックスケルトン レビュー

先日、低迷の一途をたどっていたスイス時計業界が、スイス時計の輸出量と輸出額が20か月ぶりに上昇したと発表。世界的に需要が伸びたのはミドルレンジと言われる低価格帯の時計たちでした。 こんな時代だからこそ、手が届きやすい価格のハミルトンはその価格からは考えられないクオリティを実現。「”ETA”だから興味がない?」その先入観は捨てたほうが良い!ミドルレンジの魅力をご紹介!
ユウキチ | 4,075 view
【お待たせ!】HAMILTONのBaselWorld2017新作から国内最新入荷モデルをご紹介!

【お待たせ!】HAMILTONのBaselWorld2017新作から国内最新入荷モデルをご紹介!

ミドルレンジの大本命と言われるHAMILTON。今年のハミルトンはちょっと違う!バーゼル発表の新作から、すでに国内正規店に入荷しているモデルをご紹介!BaselWorld2017新作を確認!
ユウキチ | 4,267 view
【価格破壊!?】話題のTISSOT最新作 BALLADE POWERMATIC 80 (T108.408.16.057.00) 実機レビュー

【価格破壊!?】話題のTISSOT最新作 BALLADE POWERMATIC 80 (T108.408.16.057.00) 実機レビュー

日本での知名度はまだまだですが世界では圧倒的知名度を誇る“TISSOT”から、価格破壊とも言われている新作“バラード オートマティック”を実機レビュー。BALLADE POWERMATIC 80はすごい!
ユウキチ | 2,841 view
【伝統と革新】TISSOT LUXURY AUTOMATIC COSC 実機レビュー(T086.408.11.031.00)

【伝統と革新】TISSOT LUXURY AUTOMATIC COSC 実機レビュー(T086.408.11.031.00)

トラディショナルウォッチにおける生産数が世界一のTISSOT。国内では知名度、人気度共にまだまだですが、一歩世界に出るとROLEXやOMEGAよりも知名度が高いTISSOTが、時計の本質を捉えようとしたLUXURY AUTOMATICを実機レビュー。
ユウキチ | 1,075 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユウキチ ユウキチ
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
腕時計専門フリーマーケット
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
腕時計専門のフリーマーケット
腕時計専門フリマ