2017年8月30日 更新

【プアマンズGS】セイコーメカニカルの定番モデル「SARB033」をレビュー

ロングセラーモデルとして国内外問わず根強く支持されているセイコーメカニカル「SARB033」。安価な割に堅実な造りから「プアマンズGS(グランドセイコー)」とも呼ばれる人気モデルを手に入れたのでレビューしてみます。

4,396 view お気に入り 0

セイコーメカニカル SARB033

SARB033

SARB033

via くろ
スペック
ムーブメント:6R15
ケース直径:38.4mm
ステンレスベルト(ソリッド)
サファイアガラス
10気圧防水
セイコーの機械式腕時計ラインナップ「セイコーメカニカル」のスタンダードモデル。
発売からおよそ10年近く経っており、日本国内だけでなく海外でも多くのユーザーに愛されているロングセラーアイテムです。
メーカー希望価格45,000円、小売価格では3万円台で購入できるお手頃さと、見栄えの良さや堅実な造りから海外では「プアマンズグランドセイコー」とも呼ばれています。
(※そこそこ安くてシンプルな造りのセイコーメカニカル系は大体そう呼ばれている感もありますが…)

ムーブメントはセイコー機械式の中でミドルクラスに位置する6R15を搭載。6Rムーブメントを搭載した現行機種の中では恐らく最も安いモデルだと思われます。
パワーリザーブが50時間あるので最大まで巻き上げれば丸二日以上動き続けます。精度も日差+25秒~-15秒とそれなり。
そこそこ安くてしっかりした造り…ということで、車で例えるならトヨタ・カローラのようなモデルと言えそうです。

なお、カラーバリエーションとしては
SARB035(アイボリー文字盤)
SARB037(ピンク文字盤?※絶版)
SARB038(ゴールドIP ※絶版)
などがあります。

さっそくブレス交換!

くろ (160506)

via くろ
とりあえず、レビューを始める前に…
多く出回っている定番モデルほどカスタマイズで個性を出してみたくなるのが人の性。
というわけで、現在は絶版になっている機械式モデル・セイコースピリットSVCS001、SVCS003用の七連ブレスを用意してみました。
SVCS001や003はSARB033とケースの形状が同じなのでもちろんブレスにも互換性があります。
くろ (160507)

via くろ
元の三連ブレスを取り外し、七連ブレスを装着。
バネ棒を外す時はキズ防止のためにマスキングテープなどでラグ周りを養生しておいた方が良いと思います。
私は面倒なのであまりやりませんが、手元が狂って少しキズがついてしまいました…。
くろ (160509)

via くろ
無事(?)交換完了。
スタンダードな三連ブレスから七連ブレスに変わったことで全体的なシブさというか、クラシックな雰囲気が増したような感じになりました。大満足!

SVCS003の文字盤は細かい部分を除いてSARB033とほぼ大差ないデザインなので、結果的にSVCS003にかなり近くなります。

SARB033のここが好き!

くろ (160511)

via くろ
艶のある黒文字盤が美しい!
針は外周までしっかり届く充分な長さ。中心に入った白線のおかげで視認性はかなり高くなっています。
秒針のお尻部分はひし形になっていて、全体的にシンプルなデザインの中にほのかな主張が見られます。
くろ (160514)

via くろ
ケース側面や、ラグ部分に設けられた段差もなかなか個性的。
割と凡庸なデザインかと思いきや、よ~く見るとちょっと変わったラインがそこここに見て取れるのがこのモデルの面白いところだと思います。
りゅうずに彫られたセイコーの「S」マークもいい感じ。
くろ (160516)

via くろ
ケース裏はシースルーバック。
シリアルナンバーやメーカー表記などはレーザー刻印ではなくしっかり彫られている所にモデルの古さを感じさせますが、個人的にはこちらのほうが好みです。

ムーブメント内部には「6R15D」の表記が。6R15Aから数えて3度目のマイナーチェンジということだと思われます。

他モデルと比較

くろ (160519)

via くろ
くろ (160520)

via くろ
同じ6R15ムーブメント搭載、価格も近く何かと比べられることが多いSARX015(現在は絶版)と比べてみました。
実際見比べてみるとフォーマル感が強く曲線主体のSARB033、カジュアルでエッジの効いたSARX015という対照的なイメージがあり、デザイン的にもかぶっていないので両方持っていてもシーンで使い分けができそうです。

なお、ケースサイズでいうとSARB033の方が若干小さめ。
SARY057

SARY057

現行モデルで方向性・価格帯ともに近いと思われるのはこの「SARY057」

サファイアガラス、ステンレス無垢ブレスを採用し実売3万円以下とSARB033より若干安いのですが、ムーブメントは6R15より1ランク下の4R36なのでパワーリザーブや精度の点でやや劣る面も。

とはいえ一般的な機械式腕時計としての水準は充分満たしているため、コストパフォーマンスではかなり優秀と言えそうです。

SARB033と比較した場合、針や文字盤に夜光塗料を使用していないためすっきりしている反面、ケースサイズは40mm越えでやや大きめ、という二点が個人的に気になります。

プレーンでスタンダードなスタイルのSARY057と、アダルティーというか…いい意味で”おじさん時計”な雰囲気のSARB033という感じでしょうか。

SARB033 リストショット

くろ (160525)

via くろ
41 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ネオクラシックの魅力】セイコー オートマチック SRP701 スッキリシンプルお手頃価格!

【ネオクラシックの魅力】セイコー オートマチック SRP701 スッキリシンプルお手頃価格!

セイコーの機械式腕時計シリーズの中から、日本国内未発売のモデル「SRP701」をご紹介します。すっきりとまとめ上げられたセイコーらしいデザインの醍醐味が味わえるお手頃モデルです。
くろ | 5,630 view
【エレガントな大人の装い】SEIKOプレザージュ・カクテルタイムにニューモデル多数登場!

【エレガントな大人の装い】SEIKOプレザージュ・カクテルタイムにニューモデル多数登場!

バーテンダー世界チャンピオン・石垣氏がプロデュースし、大人気となったセイコー・メカニカル「カクテルタイム」。そのニューモデルがプレザージュシリーズから新たに多数発売されました!ファンの多いモデルだけに今回も早々に腕時計ファンからの注目を集めています。
くろ | 5,393 view
セイコープレザージュ・SARX015をレビュー【もう一つのサムライ?】

セイコープレザージュ・SARX015をレビュー【もう一つのサムライ?】

つい最近惜しくも販売終了してしまったセイコープレザージュラインの名機『SARX015』。フォーマルさと適度なスポーツ感が同居したこの時計の魅力を紹介します。
くろ | 7,965 view
【アトラスの系譜】セイコー5最重量?セイコー5スポーツ・SKZ225をレビュー

【アトラスの系譜】セイコー5最重量?セイコー5スポーツ・SKZ225をレビュー

多彩なバリエーションを誇るセイコー5の中でも抜群のゴツさで異彩を放つアウトドア系モデル・SKZ225。存在感たっぷりの重量級ボディをご覧あれ^^
くろ | 4,349 view
【レトロなニューフェイス】セイコー・リクラフト SNKN01をご紹介

【レトロなニューフェイス】セイコー・リクラフト SNKN01をご紹介

最近のセイコーはレトロテイストを取り入れたデザインのアイテムが多くみられますが、これもその一つ。新しいけど妙に懐かしい、そんな海外限定のシリーズ「リクラフト」SNKN01をレビューします。
くろ | 4,111 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

くろ くろ
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
腕時計専門フリーマーケット
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
腕時計専門のフリーマーケット
腕時計専門フリマ