2017年1月29日 更新

ロレックス GMTマスターⅡ Ref:16710ってどう思う?

ロレックス GMTマスターⅡ Ref.16710に関して、個人的感想を交えて書いていきます。

5,013 view お気に入り 0

ロレックス GMTマスターⅡ 16710

 (103611)

最初にGMTマスターⅡRef.16710の基本情報からお伝えしていく。
GMTマスターⅡは1990年~2007年頃まで販売されたモデルです。
スペックは以下

16710スペック

 (103613)

製造期間:1990年~2007年
ケース径:40mm
防水性能:100m
ムーブメント:自動巻き
パワーリザーブ:48時間

ベゼルカラーが3色あるのが特徴で、
黒×黒ベゼル
黒×赤ベゼル(通称コーク)
青×赤ベゼル(通称ペプシ)
の3つがラインナップされたモデルとなっている。

実は人気のなかった不人気モデル

istockphoto (103616)

今でこそUSED相場がギャラ有で80万円を超える人気モデルのGMTマスターⅡだが、
販売当初は不人気モデルとしてロレックススポーツモデルの中でも安価であった。

2000年のGMTマスターⅡの買取相場は25万円前後で、サブマリーナーデイトの買取相場より安かった記憶がある。

販売面でもGMTマスターⅡより、エクスプローラーⅠの方が人気があり高かった。

不人気の原因

gettyimages (103620)

性能はオイスターケース100m防水、GMT機能で3か国のタイムゾーンを表示可能と高性能だった、Ref:16710
不人気の原因はベゼルのカラーリングにある。

今でこそお洒落なイメージで市民権を獲得している 赤×青・赤×黒の2トーンカラーのベゼルが、当時は「派手」とされ敬遠されたのが主な原因である。
※3種類の中で、当時は黒×黒が一番人気があった。
実際、当時のビジネスシーンではあまり個性の強い時計の着用は認められない雰囲気があったので、中堅のサラリーマンだと週末の(休みの日)の着用がメインになっていたと思う。

海外では人気モデルだった為、日本と海外でUSED相場に開きがあった。
当時日本に買付にきていた海外バイヤーは、中々に美味しい思いをしたのではないかなと今になって思う次第である。

人気が出たのはいつ頃?

gettyimages (103626)

GMTマスターⅡ Ref:16710の人気に火が付いたのは、ディスコンになり、後継機であるRef:116710LNが黒単色のセラミックベゼルになったあたりだと記憶している。
相場も一気に上昇し、今では購入に勇気のいる金額になってしまったのだから驚きだ。
※ディスコンで人気が出て海外相場に追い付いたイメージ

ベゼルの色の人気も入れ替わり、今では「赤×青」のペプシカラーが一番の人気色となっている。

ロレックス GMTマスターⅡ どの年式を買うべきか?

 (103630)

ロレックスGMTマスターⅡは1990年~2007年の約18年間製造されたモデルである。
お馴染みのマイナーチェンジが施されているので、好みに応じた年式を選択して欲しい。

最終ディティールを求めるのなら 2003年以降の個体を

 (103636)

上:ケースサイド横穴あり
下:ケースサイド横穴なし
ケース:横穴が塞がる
サファイアクリスタル:王冠透かし
ブレスレット:78790A(FF一体型)
文字盤夜行:ルミノバ
上記の条件を満たしているモデルが最終ディティールになる。
※ベゼルの数字・文字盤のレアポイントは考慮しないとして。
製造番号で言うと、F~Mあたりが該当する。
ケースサイドの横穴が塞がるのが2003年~になるので、古さを感じる横穴を嫌う方はF番以降の製造番号の個体を探すといい。

着け心地を求めるなら 2000年以降の個体を

 (103647)

左:旧ブレス
右:新ブレス(FF一体型)
2000年 シリアルで言うとP番のあたりに、フラッシュフィット一体型のブレスレットに変更が行われている。
それまでの分離型と着け心地に差があるので、一度着け比べて検討してはどうだろうか。

ヴィンテージ感を追い求めるのなら 1999年以前の個体を

近年ネクストビンテージとして注目を集める「トリチウム夜行」が使用されているのが、1999年以前の製造個体だ。製造番号で言うとU番以前。
トリチウムが経年劣化で茶色く焼けるアンティーク感を楽しみたい方にはトリチウム夜行使用の個体がオススメだ。※夜行としての機能がなくなっている。焼けない個体もある
注意したいのは、針交換だ。通常トリチウムが使用される文字盤の個体であれば、針もトリチウムが使用されている。
後年のOH実施時などに針交換がされてしまうと、文字盤はトリチウム・針はルミノバといった具合にアンバランスになっている個体もあるので、購入時に確認が必要だ。

GMTマスターⅡ ベゼルの退色に関して

37 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

宮川大輔と出川哲朗 人気番組世界の果てまでイッテQコンビの腕時計とは?

宮川大輔と出川哲朗 人気番組世界の果てまでイッテQコンビの腕時計とは?

人気バラエティ番組「世界の果てまでイッテQ」。その中で大きな存在感を発揮している宮川大輔さんと出川哲朗さんの腕時計について調べてみました。
蹴球 | 4,806 view
V6 森田剛と坂本昌行、ジャニーズ屈指のダンス、ボーカルを誇る2人の腕時計とは?

V6 森田剛と坂本昌行、ジャニーズ屈指のダンス、ボーカルを誇る2人の腕時計とは?

ジャニーズの人気グループV6の森田剛さんと坂本昌行さん。ジャニーズ内でも屈指のダンススキルとボーカルの上手さを誇る2人の腕時計について調べてみました。
蹴球 | 3,171 view
ロレックスの5桁スポーツで特に資産価値のある鉄板モデル3選!!

ロレックスの5桁スポーツで特に資産価値のある鉄板モデル3選!!

以下三つの時計はもう鉄板です。人気があって希少性もある。普通に購入できた時代が懐かしい。ちょっと手に入れるとなると色々な面で苦労しそうなモデルですが、資産価値は他の5桁スポーツロレックスとは比になりません。
バネ棒 | 11,018 view
ロレックス GMTマスターⅡの使い方をどのサイトよりも分かりやすく説明します!

ロレックス GMTマスターⅡの使い方をどのサイトよりも分かりやすく説明します!

大人気のスポーツモデル「GMTマスターⅡ」皆さんはベゼル使用していますか?第二時間帯がどうとか、時差がなんだとか、さらには第三時間帯が分かるとか複雑に感じてしまいがちです。実際には簡単なのですが、文章が多くて読む気なくしているだけです。こちらの記事で、端的にわかりやすく説明します!
エルPメロ | 4,973 view
ロレックス GMTマスターを振り返ることで、よりGMTマスターⅡ 116710LNが好きになる!

ロレックス GMTマスターを振り返ることで、よりGMTマスターⅡ 116710LNが好きになる!

ロレックススポーツモデルの定番GMTマスターⅡ。現在サブマリーナなどとならんでスポーツモデルのなかで人気を維持しています。そのロレックスの魅力であるGMTマスターの歴史を追って紹介してみたいと思います。
梅神 | 4,475 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

アルプス アルプス
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
腕時計専門フリーマーケット
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
腕時計専門のフリーマーケット
腕時計専門フリマ