2016年7月17日 更新

ビンテージ・チュードルに迫る!【vs VR】ロレックスに負けない魅力 大人気のスポーツモデル対決

ロレックスの廉価版として1930年代にイギリスで展開されたのがチュードル(TUDOR)です。 イギリス市場をターゲットとしたため、英国人に馴染みのあるチューダー家からブランド名を取り、ロゴにチューダー・ローズ(盾とバラの家紋)を使用しました。 コストをカットするためにロレックスのパーツを流用し、ETA社のムーブメントを搭載して組み立てているモデルが多いのが特徴です。 この辺のプランは実業家だったハンス・ウィルスドルフ(ロレックスの創業者)の手腕が見受けられます。 ロレックスにも劣らないチュードルの腕時計に迫ります。

17,104 view お気に入り 1

対決1. 対デイトナ!「クロノタイム」

Monte Carlo 7159/0 

Monte Carlo 7159/0 

タキ500!(このクロノグラフは2ndモデル)
1970年に登場する2つ目クロノグラフ。

オイスターケースにロレックスリューズ、バルジュー製の手巻きムーブメントを搭載、文字盤は奇抜です。

「モンテ・カルロ」と呼ばれ人気があります。
※モナコ公国のモンテカルロ市のカジノやカーレースから取られた名称でしょうか。
Ref.6239 ポール・ニューマン・デイトナ

Ref.6239 ポール・ニューマン・デイトナ

ロレックスでは1964年(1963年)に初代デイトナが誕生しました。

画像の特徴ある文字盤は「ポール・ニューマン」と呼ばれるエキゾチック・ダイヤルを搭載したレアモデルです。
BigBlock Ref.9420/0

BigBlock Ref.9420/0

80年代に入り、バルジュー7750を搭載する自動巻きクロノグラフ「クロノタイム」が登場します。

デイト表示もあって便利ですね。

60年代モデル同様にオイスターケース、ロレックスのリューズが使われています。

ベゼルは一般的にプラベゼルと呼ばれる「ベークライト(フェノール樹脂)」とステンレスのモデルがあります。
Ref. 6263

Ref. 6263

ロレックスでは自動巻きのデイトナは88年まで作られていません。
当時(70~80年代)はバルジュー製手巻きクロノグラフ・ムーブメント名作Cal.727が長く使われていました。
ねじ込み式のプッシャーに変わり防水性が上がっています(50m防水)。

デザインが非常に近づきましたね・・・。
79180 big-block

79180 big-block

90年代になりロレックスパーツを使う最後のクロノタイム
Ref.79160/79170/79180が発売されました。
※下2桁の番号がベゼルバリーエション・ナンバーです。
「6」はプラベゼル「7」は回転ベゼル「8」はステンレス

ここまでのオイスターケースは厚みがあり「カマボコ」「BigBlock」などと呼ばれています。
リューズもロレックスのパーツを流用していて、防水も100メートルと機能充分なモデルです。

以降「盾」リューズなどオリジナルパーツのクロノタイムRef792**が誕生し、Ref792**Pで生産終了となりました。
Chrono24の販売業者がロレックス (Rolex) Daytona Ref. 16520 Zenith Box/Papiere/ A Serie/ TOPを€ ¥1,791,399で販売していますーTrusted Seller (1108)

ロレックスは1988年にようやく念願の自動巻きのクロノグラフを開発します。
※ゼニス社の名機エル・プリメロをベースにしたCal4030が搭載されています。

ベゼルはステンレスのみとなり、手巻きのデイトナのプラステックベゼルモデルが急騰しました。
9420/0 Montecarlo

9420/0 Montecarlo

ヴィンテージロレックス(VR)に比べれば、だいぶ買いやすい価格のヴィンテージチュードル(VT)。

ですが、日本国内では正規販売されていないため数が少ないので
希少価値(探す努力と出合えるタイミングの価値)は海外より高いかも知れません。

ZENMAI的おすすめクロノタイム

縦目のクロノグラフ「クロノタイム」にもモンテカルロ・ダイヤルが存在します!
ZENMAI的には2つ目のクロノグラフより、こちらの方が好みです。

黒・グレー・ブルーの縦目モンテカルロがありますが、やはり黒。
ステン・回転・プラとベゼルは選べますが、ZENMAIはステン。
こちらです。
Tudor Big Block Monte-Carlo...

Tudor Big Block Monte-Carlo 94300 Exotic Dial

かっこいい!

対決2.対サブマリーナー!「チュードル・サブマリーナー」

Ref. 7928/0

Ref. 7928/0

1950年代にはロレックスのサブマリーナーが開発され、
後を追うようにチュードルでも展開していきます。
(1953年に それぞれ1stモデルをリリースしています)

Ref.7928。
第1世代のサブマリーナではRef7928のMarkIIIで完成をみます。
通称「バラサブ」です。
Ref5508

Ref5508

同時期ではロレックスのサブマリーナーは
Ref.5508かRef.5512でしょうか。
まだ100メートル防水のRef5508(Ref5512は200m防水です)。
リューズガードもありませんね。
Ref 9411/0

Ref 9411/0

70年代になると、チュードル側のデザインがロレックスとは別物に変化します!
※TUDORオリジナルはファンを選びます。

マークも「バラ」から「盾」に変更されています。

スクエアのインデックスに、針も奇抜。
通称「イカサブ」、海外では「snowflake」。

ノンデイトモデルはフランス海軍にも納入するモデルになりました。

デイトあり(Ref.7928)(Ref 9411/0)とデイトなし(Ref.9401/0)があります。

またベゼルとダイヤルのカラーがブルーとブラックの2色展開があり、
カレンダーディスクは「黒」と「黒/赤」のバリエーションがあるようです。

ZENMAIは9411/0を過去に所有していましたがカレンダーが2色でした。
Submariner Ref. 94010

Submariner Ref. 94010

Submariner Ref. 94010 with blue dials and snowflake hands between 1975 and 1982, with serial numbers in the 8XX to 1,XXX,XXX range
ノンデイトのイカサブです。
相当かっこいいですよね?

ロレックスより欲しいモデルです!
Ref.1680

Ref.1680

ロレックスは60~70年代になると、Ref.5512(デイトなしクロノメーター)と、
廉価版Ref.5513(デイトなし)、Ref.1680(デイトありクロノメーター)、
ハイスペックダイバーRef.1665シードゥエラーと複数展開していきます。

チュードルの仏軍に対し、ロレックスは英軍に支給することになります。
「Tマーク」と呼ばれ高い人気を誇ります。

チュードルはイギリス市場向けに作られましたが、英国はロレックスを選んだのですね。
Ref. 5512

Ref. 5512

77 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ロレックス「全歴代サブマリーナ愛蔵ファイル」Ref.6200からRef.116610まで【完全網羅】

ロレックス「全歴代サブマリーナ愛蔵ファイル」Ref.6200からRef.116610まで【完全網羅】

ロレックスのダイバーズウォッチ「サブマリーナ」は誕生から60年以上経つ今もデザインが変わらない普遍の腕時計になります。プロのダイバーから、戦場の兵士まで様々な人々に愛されてきました。今回は誕生から最新作までの歴史を振り返ろうと思います。(Ref.6202 Ref.6204 Ref.6205 Ref.6538 Ref.6536 Ref.5508 Ref.5510 Ref.5512 Ref.5513 Ref.5514 Ref.5517 Ref.1680 Ref.16800 Ref.168000 Ref.16610 Ref.16610LV Ref.14060 Ref.14060M Ref.116610LN Ref.116610LV)
ZENMAI | 24,663 view
ロレックス「全歴代GMTマスターI・II愛蔵ファイル」Ref.6542からRef.116710BLNR まで【完全網羅】

ロレックス「全歴代GMTマスターI・II愛蔵ファイル」Ref.6542からRef.116710BLNR まで【完全網羅】

2000年頃までは日本ではあまり人気のなかったGMTマスター。パイロットのための機能と、ひと目でロレックスとわかる2トーン・カラーベゼルが特徴です。ドリンクに例えられるモデルたちの誕生から現在の最新作まで追ってみたいと思います。GMTマスターとGMTマスターIIの違いは知っていますか?(Ref.1675 Ref.16750 Ref.16700 Ref.16760 Ref.16710 Ref.116710)
ZENMAI | 37,718 view
ロレックス「全歴代エクスプローラーI・II愛蔵ファイル」Ref.6350から新作 Ref.214270まで【完全網羅】

ロレックス「全歴代エクスプローラーI・II愛蔵ファイル」Ref.6350から新作 Ref.214270まで【完全網羅】

バーゼルワールド2016で発表された新型エクスプローラーI。独特のデザインで魅了し続けるエクスプローラーII。ロレックスのアイコンとも言えるシンプルでタフネスな3針腕時計エクスプローラーと、GMT針を搭載し別の路線を進んだエクスプローラー2の歴史を振り返ってみましょう。(Ref.6610 Ref.1016 Ref.14270 Ref.114270)
ZENMAI | 17,832 view
ロレックス ミルガウス【ビンテージ ロレックス】耐磁性能に優れた稲妻【完全網羅】

ロレックス ミルガウス【ビンテージ ロレックス】耐磁性能に優れた稲妻【完全網羅】

2007年に復活を遂げたロレックスのプロフェッショナル・モデル「ミルガウス」。耐磁性に優れたこのモデルは、どうして生まれて、どうして消えていったのでしょうか?今回はファーストモデルから最新モデルのZブルーまで振り返ってみたいと思います。(Ref.6541 Ref.1019 Ref.17000 Ref.116400)
ZENMAI | 6,279 view
チュードル ヘリテージ・ブラックベイの魅力に迫る!【TUDOR BASEL WORLD 2016 NEW MODEL】

チュードル ヘリテージ・ブラックベイの魅力に迫る!【TUDOR BASEL WORLD 2016 NEW MODEL】

バーゼルワールド2016で鮮烈なデビューを果たしたブロンズケースのチュードル・ヘリテージ・ブラックベイ・ブロンズ 79250BM。ロレックス・サブマリーナシリーズに対抗できるほどの魅力と人気を獲得するに至った全モデルをご紹介いたします。(Ref.79230 79220 Ref.79230DK Ref.79500 25600)
ZENMAI | 35,241 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ZENMAI ZENMAI

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
LINE買取は大黒屋

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋

Youtube