2017年5月6日 更新

【ロレックス・スポーツモデルの購入を検討中の方必見!】改めてヨットマスターの魅力や特徴を調べてみた!

ヨットマスターはこんな人にオススメです! ★実用より見た目の高級感・ステイタス性を重視したい ★ほかの人があまり着けないスポロレが欲しい

6,758 view お気に入り 0

ほかのスポロレとは異なるラグジュアリーライン

Ref.116622 ヨットマスター(ロレジウム文字盤)

Ref.116622 ヨットマスター(ロレジウム文字盤)

 1999年からラインナップされているロレジウム文字盤のモデルです。ムーブメントには耐磁性ブルー・パラクロム・ヒゲゼンマイ採用のCal.3135を搭載しています。
Ref.116622 ブルー文字盤

Ref.116622 ブルー文字盤

海をイメージさせるサンレイ仕上げの深みのあるブルーダイヤルは、旧型をさらにクオリティアップしたような美しい仕上がりで、大きな反響を呼びました。
クルーザーやヨットなど、船上での使用を想定した高級ラインとして1992年にデビューしました。高級なサブマリーナのように見えますが、防水性は100m、ベゼルも両方向回転式でサブマリーナとは異なります。金無垢とコンビモデルだけの展開で注目を集めることはありませんでしたが、99年にスチールケースにプラチナ合金のベゼルと文字盤を持つロレジウムが登場すると徐々に支持を得るようになりました。後発のモデルのために仕様変更やモデルチェンジはありませんでしたが、2012年に現行のRef.116622へとリニューアルしました。見た目は旧モデルと変わりませんが、ブルーのクロマライト夜光やブルー・パラクロム・ヒゲゼンマイの採用などの改良が加えられ、さらに新たにブルー文字盤も登場しています。スポロレでは唯一サイズ違いが用意されており、ペアウォッチとして楽しめる点はほかにはない特徴でしょう。
 ターゲットが特殊ゆえに人気はまずまずです。そんな市場を考慮したのか、2007年にヨットレース用に開発されたレガッタクロノグラフを搭載するヨットマスターⅡが投入されました。このⅡの登場でヨットマスターのコレクションでの位置づけがはっきりとしたと言って良いでしょう。
 いずれにせよ、基本的にはほかとは一線を画す高級ラインのため、非常に高額なモデルとなっています。

異彩を放つわかりやすい高級ディテール

 金無垢やコンビモデルもありますが圧倒的人気はロレジウムです。ベゼルリングには高級素材である950プラチナが使われています。表面にサンドブラスト加工を施すことでギラギラ感を抑えてマットな雰囲気に仕上げたことから使用シーンも限定されず、適度にラグジュアリー感が楽しめます。

よりコンセプトを先鋭化させたヨットマスターⅡ

Ref.116680 ヨットマスターⅡ ステンレススチ...

Ref.116680 ヨットマスターⅡ ステンレススチールモデル

Ref.116681 エバーローズゴールド仕様

Ref.116681 エバーローズゴールド仕様

エバ-ローズゴールドとステンレスを組み合わせたロレックスのスポーツモデルは、これが最初です。豪華さと高機能が同居した超絶モデルです。
Ref.116688 イエローゴールドモデル

Ref.116688 イエローゴールドモデル

Ref.116689 ホワイトゴールドモデル

Ref.116689 ホワイトゴールドモデル

高級ではありますが、イエローゴールドほどの押し出しの強さがなく、比較的使いやすいモデルです。
 第2のクロノグラフモデルとして注目を浴びたヨットマスターⅡ。「カウントダウン機能をプリセットできる」という特許技術は機械式腕時計として世界初の独自機能として高い技術力を世界にアピールしました。ヨットレース向けの腕時計は他社にも多数存在しますが、10~1分の間で任意で設定できるだけでなく、プログラム時間を維持してリセット可能な独自のシンクロナイゼーション機能により、計測が始まってからでも4時位置のプッシュボタンを押すことでカウントダウン針をスタート位置にフライバックできるという実用的なレガッタクロノグラフは、ヨットマスターⅡをおいてほかにはありません。しかも針の早送り、早戻しもでき瞬時にタイム修正も可能です。これほどまでの機能を実現させたモデルはほかにはありません。

操作方法 プログラム&ロックを操作するリングコマンドシステム

 操作はまず新開発されたリングコマンドベゼルと呼ばれる操作機構を使います。
①ベゼルの位置が正位置(画像上)であることを確認します。
②ベゼルを90度反時計回りに回転させます。この状態で2時位置のプッシュボタンにロックがかかり押せなくなり、カウントダウンタイマーとしての作動に切り替わります。
③4時位置のプッシュボタンを押してカウントダウン分針(赤三角矢印針)を0から10の0位置に移動させます。その後リューズを1段引き時計回りに回して任意の分数にカウントダウン分針を移動します。
④ベゼルを時計回りに回転させて元の位置に戻せばセット完了です。
⑤2時位置のスタートボタンを押すとクロノグラフ秒針と連動してカウントダウン分針も計測を開始します。

ゴージャスな仕様のリッチマンモデル

 ヨットでクルージングを楽しむような習慣は日本ではあまりなじみがありません。この点から見ても、92年に発売された18Kイエローゴールドのみの設定のヨットマスターのターゲットは、日本には極めて少ないと見ていいでしょう。ヨットといわれてもいったいどんな時計が理想なのかわからないですし、ヨットマスターの機能を見てもピンときません。
 例えば回転ベゼルを搭載していますが、機能性よりむしろスポーティなイメージを喚起するパーツとして存在しています。
 97年にコンビモデルが投入されて、買いやすい価格帯のモデルが増えましたが、機能性に特に変更は加えられませんでした。
 またほかのスポーツモデルとの違いとして、ボーイズやレディースサイズがあることも注目すべきポイントです。つまり、「家族でクルージングを楽しむ」ようなシーンに向けられたモデルだということができます。
Ref.16628 18Kモデル(1992~2012年)

Ref.16628 18Kモデル(1992~2012年)

ダイヤル

ホワイトダイヤルのインデックスには上品な緑があしらわれています。

ラグ

18Kゴールドモデルはまさに金塊のような豪華さが魅力です。ラグの部分に至るまですべてゴールドで武装されています。

リューズ

リューズ、リューズガードともゴールドです。すべてのパーツが金一色なのは本当に圧巻です。ラグジュアリースポーツの名に恥じない美しさです。
Ref.68623 ボーイズサイズ・コンビ

Ref.68623 ボーイズサイズ・コンビ

日本人の腕にジャストフィットするサイズが魅力です。 

イメージを一新した、プラチナを使ったロレジウム

Ref.16622 ロレジウム(1999年~2012年)

Ref.16622 ロレジウム(1999年~2012年)

 日本でロレックスブームが沸騰していた99年のバーゼルフェアでデビューしました。金無垢使用から一転、ステンレスとプラチナを合わせたものを、独自の造語「ロレジウム」と名付けてモデル名とし、上品ながら堂々としたモデルとなして市場に投入され、シックなイメージで人気を集めました。
 これ以前はゴールドとコンビのみしか設定がなかったヨットマスターですが、ロレジウムの登場で選択肢が増え、支持もまた増えました。
 同時にボーイズ、レディースもラインナップしました。2本とも新ムーブメントを搭載し、今まで以上に性能面の革新ぶりをアピールしました。ロレックス初の6ケタのリファレンスを持ったモデルとしても話題を集めました。好き嫌いの激しいコンビやゴールドと違い、シルバーのボディで統一することで、従来よりペアで使用しやすくなったのも特徴です。ボリューム感のあるボディの迫力は、実物を前にするとさらにアップします。店頭で見て衝動買いするユーザーが多かったという話も納得できます。
 ディテール的ポイントとしては、風防の6時位置に王冠マークの透かしが入ったことがあげられます。ロレックス初の偽造防止マークをいち早く投入したモデルでもあります。

プラチナダイヤル

独特の光沢感を持つダイヤルはプラチナ仕様です。グレーともシルバーとも異なる、重厚なメタリック感を備えた仕上がりです。

プラチナベゼル

70 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

②ヨットマスター最安値ハンティングその2 【旬のロレスポ】

②ヨットマスター最安値ハンティングその2 【旬のロレスポ】

前回に引き続きヨットマスター各種モデルの最安値ハンティングをして参ります。今が買い時のヨットマスターを見逃すべからず。
ギロチン | 2,734 view
ロレックス ヨットマスター2 116680とロレジウム 比べてみた【全然似てないと評判】

ロレックス ヨットマスター2 116680とロレジウム 比べてみた【全然似てないと評判】

ロレックス・ヨットマスター2 116680。鮮烈なデザインとカラーリングで最初に見た時は少々ギョッとしました。金無垢・コンビ・SSと出そろって、選択の余地も増え購入候補にもなりやすくなってきましたね。
リーフ針 | 7,182 view
2017バーゼル ヨットマスターⅡマイナーチェンジをサラッと解説!!これであなたも時計マニア

2017バーゼル ヨットマスターⅡマイナーチェンジをサラッと解説!!これであなたも時計マニア

ちーーーーーーーす。前回のヨットマスターvsダークロジウム見てくれたかな?見てない人は是非下のリンクをポチッとよろしくな。今回はヨットマスターⅡの仕様変更について見ていきたいと思うよろしくな!
ここに3つのロレックスがあるじゃろ?2016年話題になったヨットマスターたちじゃ。

ここに3つのロレックスがあるじゃろ?2016年話題になったヨットマスターたちじゃ。

文字盤が茶色いのがヨットマスター116621チョコレート。2016年新作のモデルでステンレスとピンクゴールドのロレゾールで非常にかっこいいんじゃ。 針が水色になっているのがヨットマスター116622ダークロジウム。2016年の新色として登場して非常にクールなんじゃ。 針が赤くシルバー色の文字盤なのがヨットマスター16622ロレジウム。ダークロジウムの登場で?ディスコンになってしまった不動のキングオブヨットマスターじゃ。
ごましお | 6,249 view
【ロレスポ検討者必見】「むむっ?!こやつ出来る!」と思わせたいならこのモデル!

【ロレスポ検討者必見】「むむっ?!こやつ出来る!」と思わせたいならこのモデル!

ロレックスを購入したいあなた。せっかく購入するなら、ナメられない『玄人感があるモデル』がいい。しかも相場が上がり過ぎてないあのモデルがオススメ?!
| 13,386 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yuzurhythm yuzurhythm
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
腕時計専門フリーマーケット
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
腕時計専門のフリーマーケット
腕時計専門フリマ