2017年1月5日 更新

ロレックス グリーン・サブマリーナー・デイト 16610LV

ロレックスの永遠の定番、スポーツモデルの代表作、ダイバーズウォッチの完成形「サブマリーナー」。デイト表示付モデルの旧作16610のベゼルがグリーンになったサブマリーナー50周年の記念モデル16610LVのレビューです。なんとなく・・・買ったんですが意外にお気に入りに。グリーンってなかなか時計には使わない色ですよね。

8,526 view お気に入り 0
 (20124)

サブマリーナー・デイトはプロフェッショナル・モデルです

 (20125)

ロレックスにはドレスモデルとスポーツモデルに大方分かれます。

ドレスモデルの代表はチェリーニだったりデイトジャストだったりが有名ですね。
スポーツモデルはロレックスのカテゴリでは「プロフェッショナル」と言う分類に入ります。
スポーツと言うよりは目的を持って作られたプロフェッショナルの方がしっくりきますね。

さて、説明は不要かと思いますがサブマリーナーは潜水時に着用するダイバー向けの腕時計になります。
潜水時に酸素ボンベの残量を正確に視認するために、とても見やすく作られています。
シンプルなドットのインデックスには夜光が塗られ、ベゼルは経過時間が観測でき誤作動を防止するため時計まわりには回りません。(酸素ボンベの残量時間が増えたように錯覚させないため)
 (20126)

後でも説明いたしますが、ウェットスーツの上からでも着用できるようにエクステンションが付いていてワンタッチでブレスレットが長くなります。

まったく私生活では使わないですけどね。

※サブマリーナーについては下の記事をチェックしてください。

ロレックス「全歴代サブマリーナ愛蔵ファイル」Ref.6200からRef.116610まで【完全網羅】 - 時計怪獣 WatchMonster|腕時計情報メディア

ロレックス「全歴代サブマリーナ愛蔵ファイル」Ref.6200からRef.116610まで【完全網羅】 - 時計怪獣 WatchMonster|腕時計情報メディア
16610LVを含む全サブマリーナーの記録

サブマリーナー Ref.16610LVについてチェック

2003年 サブマリーナー誕生50周年記念としてロレックスの企業カラー「グリーン」カラーのベゼルを搭載したサブマリーナーRef.16610LVが誕生しました。

スペックはRef.16610と変わりませんが、ダイヤルとハンドは別物となります。
マキシダイヤルと言われた80年代の文字盤のようにインデックスが通常より大きく視認性が上がっています。ハンドも同様に太いものが使われています。
グリーンサブのバリエーション

グリーンサブのバリエーション

製造期間が6-7年程度と短めな中でもバリエーションがあるRef.16610LV。
初期のベゼルカラーが後の物より薄くライムカラー・ベゼルと呼ばれています。

またFAT4やBIG SWISSなど、取りあえず微妙な違いを大々的に「別物」として扱っています。
ベゼルフチの刻印のある後期も含めますと4種類程度に分けられますね。
※FAT4(ファット・フォー)はベゼルの「4」の形が違います。初期のものがFAT4で中が四角、後に三角になりシャープです。
※通常は 28分から32分の間 6時位置に「SWISS MADE」と記載あるのですが、BIG SWISS(ビッグスイス)は27分-33分の間に飛び出して記載されています。
ファット4が「4」の△の形に注目

ファット4が「4」の△の形に注目

FAT4の「4」。
ベゼルの4の空白部分に注目ください。

サブマリーナー Ref.16610LVのレビュー

 (20127)

ZENMAIのグリーンサブ・16610LVは・・・
ファット4でも、ライムベゼルでも、ビッグスイスでもないただのサブマリーナーです。
 (20128)

2008年に購入しました。
日本ロレックス正規品。
の、新古品(笑)

当時はリーマンショックの影響で腕時計も買いやすい値段に下がってましたね。
新品で40万円ほどでした。
リーフグリーンに包まれて

リーフグリーンに包まれて

グリーンに、よく合います。
 (20130)

パネライ同様に、サブマリーナーも水が似合う。
 (20131)

この日本ロレックスのシールはいつ剥がしたら良いのだろうか?

剥がすと汚いし、剥がさなくても汚い。
1度オーバーホールに出したけど、付いたまま帰ってきた。
 (20132)

うーん・・・けっこうかっこいいな。
サブマリーナーも日差しが似合う

サブマリーナーも日差しが似合う

日差しもよく似合う。
本当にミドリだなぁ

本当にミドリだなぁ

室内でもかっこいい。

ベゼルを回してみました。
サイドビュー

サイドビュー

クラウンに注目!見づらくてスミマセン
43 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

いつか200万円になるグリーンサブ 16610LV ビッグスイス ファット4 ライムグリーンベゼル Y番の合わせ技

いつか200万円になるグリーンサブ 16610LV ビッグスイス ファット4 ライムグリーンベゼル Y番の合わせ技

2008年のリーマンショック直後は40万円程度まで相場下げした16610LVの各モデル。当時はライムベゼルもたいした人気がありませんでしたね。気付けばプライスがぐんぐん上がり、ついには初期モデルが100万円超え!そんなサブマリーナー50周年記念モデル16610LVのレア個体が200万円を超える前に、もう1度特徴を整理しておこうと思います。
ZENMAI | 6,959 view
実際どうなの?新型青サブ ロレックス 116613LB ブルーセラクロムベゼル・サブマリーナーデイト

実際どうなの?新型青サブ ロレックス 116613LB ブルーセラクロムベゼル・サブマリーナーデイト

最高の休日用ロレックスと言えば「青サブ」ですね。他にもラグジュアリーなモデルはたくさんありますが青サブほどメジャーで、着けているステイタスを満喫できるモデルはありません。リゾート・マリンウォッチのアイコン「青サブ」の新型116613は、セラクロムベゼルを搭載し耐傷性、耐劣化性、耐変色性を併せ持つ非常に高スペックなモデルです。爽やかで見た目も美しい新青サブをレビューします。
ZENMAI | 6,635 view
青サブ"SG"の魅力 実際どうなの?ロレックス サブマリーナー 16613SG ロレゾール3Pサファイア8Pダイヤ文字盤 シルバーグレーとシャンパンゴールド

青サブ"SG"の魅力 実際どうなの?ロレックス サブマリーナー 16613SG ロレゾール3Pサファイア8Pダイヤ文字盤 シルバーグレーとシャンパンゴールド

ロレックスの型番末尾「SG」は3つのサファイア、8つのダイヤモンドがセッティングされた文字盤を表します。5桁のサブマリーナーが生産終了し、16613SGも姿を消しました。2009年には新型青サブ116613がリリースされますが「SG」ダイヤルはラインナップから漏れてしまいます。とてもキレイなダイヤルだっただけに残念ですね。
ZENMAI | 3,482 view
16610LVのベゼルを替えたら別の時計!ロレックスのベゼルディスクで遊んじゃおう!

16610LVのベゼルを替えたら別の時計!ロレックスのベゼルディスクで遊んじゃおう!

腕時計を買い替えたいけどお金が無い。うんうん、よくある。じゃあストラップ交換だ!え?もう古い?今回はサブマリーナーやGMTマスターのベゼルを交換したら、まったく別の時計に見えるかも?と言う悲しい記事です。自力でやる勇気も無ければ、時計修理工房に持っていくのも何か恥ずかしいので「妄想」で終わりそうな予感・・・。
ZENMAI | 5,614 view
1984年製造のGMTマスター Ref.16758 18金無垢の魅力~Vintage Gold~

1984年製造のGMTマスター Ref.16758 18金無垢の魅力~Vintage Gold~

今回は金無垢のロレックスを見ていこうと思います。80年代のセミ・ビンテージGMTマスター 型番は16758。第3世代のモデルになります。製造年数10年足らずと意外にレアなんですよ。この時期のGMTマスターの金無垢では珍しい3連ブレス仕様。重すぎない枯れたゴールドが魅力の1本です。
ZENMAI | 1,829 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ZENMAI ZENMAI
腕時計専門マーケット

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
腕時計専門マーケット
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
腕時計専門マーケット
大黒屋 宅配買取キャンペーン