2017年1月1日 更新

【初心者に基礎からわかりやすく解説】ロレックスGMTマスターⅠとGMTマスターⅡの違い

ロレックスの人気スポーツモデル「GMTマスター(SSタイプ)」にスポットを当てます。 腕に付けていたらどっちだか分からない、同じベゼルの色も存在する。形も同じ。違いはどこだ。 そんな検討中でお困りの方の参考になれば幸いです。 見た目が同じなら「16750」や「1675」など更に古いタイプもありますが、そこまでは今回入りません。 あくまでⅠとⅡの違いです!

6,561 view お気に入り 2

GMTマスターⅠとは

16700 ロレックス(ROLEX) GMTマスター 赤青ベゼル 中古品/中古・新品時計なら銀座RASIN-ロレックス、パテックフィリップ、フランクミュラーなど (57395)

1990年頃生産開始の1999年生産終了モデル。

A番(1999年頃)が最終品番です。

機械はCal.3175搭載。この機械はGMTマスターⅠにしか搭載してません。
とはいっても、1から作ったのではなく、もとにあったCal.3075をGMTマスターⅠ仕様(シングルブリッジがツインブリッジへ変更)にしたらしい。

ケースサイズは40mmと、通常のスポーツロレックスと変わりありません。

ベゼル展開は、写真の「赤青ベゼル」と、「黒黒ベゼル」の2種類です。

90年代後半(T番頃)にはシングルバックルだった仕様が、
ダブルバックルへ変更になりました。

大きな特徴としては、日付の単独変更ができる点ですかね。

GMTマスターⅡとは

16710 ロレックス(ROLEX(ロレックス)) GMTマスターII 赤青ベゼル 中古/中古・新品時計なら銀座RASIN-ロレックス、パテックフィリップ、フランクミュラーなど (57410)

1990年頃生産開始の2007年頃生産終了のモデル。

M番(2007年頃)が最終品番です。

機械は、Cal.3185かCal.3186が搭載されれています。
この後者のCal.3186は新型のRef.116710に搭載されている機械です。
新型にお披露目になる前に、しれっと旧型の後半に搭載しているという。

こういうところがロレックスの面白いところ。
見た目では全くわかりません。
中の機械も見えませんもん。開けるのも特殊な工具が必要ですし。

でも、少し動作確認すればわかるんですね。
気になる方は「ウィグルテスト」でグーグル先生に聞いてみてください。
搭載されているのは、廃盤になる少し前のZ番(2006年頃)~M番(2007年頃)。

これはレアですね。
M番にいたっては、市場にほとんど出てきません。
一時コレクターの方が、市場の動向を見て売りに出したのか、
数本ネットで見かけた時期はありましたが、現在は全く見ませんね。

見つけた方は、検討の価値ありです。(出来ればデッドストックが好ましい。。。)

話がそれましたが、
ケースサイズはⅠと同じ40mm。

ベゼル展開は、写真の「赤青ベゼル」と、「黒黒ベゼル」に「赤黒ベゼル」の3種類です。
コンビや無垢タイプを入れればさらに茶金ベゼルや茶茶ベゼルなんかも。

こちらもブレスがシングルだったのが、90年後半(T番頃)にダブルバックルへ変更。

2003年頃(Y番)には横穴がなくなります。
この横穴がなくなったGMTマスターⅡが数少ないですね。
探されている方多いですよ。

主にF、D、Z、M番が横穴無しモデルです。
Y番で横穴無しがあったらこれもまた珍しいレアものです!

ちなみに、巷ではZ番(2006年頃)の後半から大体のモデルには、
ルーレット刻印(文字盤6時側にシリアル表記)が入りました。
が、Ref.16710にはZ番でもルーレット刻印ありません。M番でもありません。

旧型には付けなかったんですかね。
それとも、ルーレット刻印しようって決まった時にはすでにM番まで生産していたんでしょうか。

最後、機械の駆動として、単針が動きます。
これにより3か国の時間を把握できるという素晴らしい機能が付いています。
ただ、その代償に日付の単独変更ができません。
日付を変更する際は、単針を2周回転させ1日ずつ変更していくしかありません。
かっこいいんだけどね。ちょい面倒。

肝心の2モデルの違いは?

16700 ロレックス(ROLEX) GMTマスター 赤青ベゼル 中古品/中古・新品時計なら銀座RASIN-ロレックス、パテックフィリップ、フランクミュラーなど (98189)

 (98190)

写真でご覧いただいたように、
パッと見わかりません。

上が
GMTマスターⅠ Ref.16700 赤青ベゼル
下が
GMTマスターⅡ Ref.16710 赤青ベゼル

文字盤に書いてあるんですけどね。
腕に付けているのを見て、文字見ないとわかりませんね。

あとは動作確認して、日付単独変更できたらⅠとか
黒赤ベゼルだったり、横穴がなかったり、新フラシュフィットだったりしたらⅡとかそんな感じでしょうか。

手っ取り早いのは、それⅠすか?Ⅱすか?って聞くのが一番かと。。。

記事中の分からない単語に関しての補足

最終品番

廃盤になる年に製造された品番の事。
基本的にはすでに新型生産へと移行しているので数が少ない為レアになるケースが多い。

シングルブリッジ

ロレックス ムーブメント Cal.3075 - Movement Cal.3075 | Watchpedia (57438)

Cal.3075
赤マルがテンプ、緑マルがブリッジ。
片方からしか支えてないのでシングルブリッジ。

ダブルブリッジ

ロレックス ムーブメント Cal.3175 - Movement Cal.3175 | Watchpedia (57443)

Cal.3175

赤矢印のように二つのブリッジでテンプを支えている。

シングルバックルとダブルバックル

ROLEX GMT MASTER-Ⅱ 16710 | 時計専門店GINZA RASINブログ (57454)

留め具に指をかければすぐ外れる仕様。
緩くなると外れやすくなる。
ロレックスのエクスプローラー2(Ref.16570) 製造された年によって、仕様が変わっています! (57451)

ダブルバックル。

2段階で簡単に腕から外れない仕様に変更されました。

デッドストック

廃盤になったモデルの未使用品の事。
新品時に貼ってある保護シールとかもすべて貼ってある状態。
駒調整も行ってないもの。

付属品もすべてそろっている方が好ましい。

茶金ベゼル

16713 ロレックス(ROLEX) GMTマスターII ブラウン 中古品/中古・新品時計なら銀座RASIN-ロレックス、パテックフィリップ、フランクミュラーなど (57482)

コンビモデル。
Ref.16713。

横穴

39 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ロレックス GMTマスターを振り返ることで、よりGMTマスターⅡ 116710LNが好きになる!

ロレックス GMTマスターを振り返ることで、よりGMTマスターⅡ 116710LNが好きになる!

ロレックススポーツモデルの定番GMTマスターⅡ。現在サブマリーナなどとならんでスポーツモデルのなかで人気を維持しています。そのロレックスの魅力であるGMTマスターの歴史を追って紹介してみたいと思います。
梅神 | 4,990 view
まだ間に合う?もう手遅れ?超高騰中のコレ!【レビュー&販売情報】

まだ間に合う?もう手遅れ?超高騰中のコレ!【レビュー&販売情報】

ロレックスの高騰が止まりません...。何なんでしょう、この相場?もう欲しくても買う気にならない?いやまだ高騰する?どうなる5桁GMTマスター!!
| 4,664 view
希少ムーヴメントCal.3186搭載のGMTマスターⅡ(Ref.16710)がありました。

希少ムーヴメントCal.3186搭載のGMTマスターⅡ(Ref.16710)がありました。

ロレックスは最終品番が人気。それは皆さん知っている。そんな中、エルプリメロ以外でムーヴメントがピックアップされているモデルがGMTです。Ref.16710ではほとんど搭載されていないムーヴメントCal.3186は希少です!
OSU★ | 2,315 view
ロレックスの5桁スポーツで特に資産価値のある鉄板モデル3選!!

ロレックスの5桁スポーツで特に資産価値のある鉄板モデル3選!!

以下三つの時計はもう鉄板です。人気があって希少性もある。普通に購入できた時代が懐かしい。ちょっと手に入れるとなると色々な面で苦労しそうなモデルですが、資産価値は他の5桁スポーツロレックスとは比になりません。
バネ棒 | 12,242 view
ロレックス GMTマスターⅡの使い方をどのサイトよりも分かりやすく説明します!

ロレックス GMTマスターⅡの使い方をどのサイトよりも分かりやすく説明します!

大人気のスポーツモデル「GMTマスターⅡ」皆さんはベゼル使用していますか?第二時間帯がどうとか、時差がなんだとか、さらには第三時間帯が分かるとか複雑に感じてしまいがちです。実際には簡単なのですが、文章が多くて読む気なくしているだけです。こちらの記事で、端的にわかりやすく説明します!
エルPメロ | 7,606 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

OSU★ OSU★
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
お得なキャンペーン!
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
腕時計専門のフリーマーケット
腕時計専門フリマ