2017年3月5日 更新

セイコー 初代スプリングドライブ SBWA001 ~実機レビュー これを知らねばセイコーを語るな!

セイコーの優秀な技術のひとつはスプリングドライブですよね。今回は1999年に発売された初代スプリングドライブSBWA001をご紹介します。実機レビュー付です。

2,392 view お気に入り 0

前哨戦-バーゼルフェア1998年

1998年に開催されたバーゼルフェアでセイコーはゼンマイで駆動するクォーツ制御時計、すなわちスプリングドライブの技術発表を行いました。
意外なことにこの機構の発想自体は古く、1970年代には日本とスイスで同じようなことを考えた人達がいたことをご存知でしょうか?
当時ゼンマイがほどけるごく僅かな力で水晶振動子と制御回路を動作させる事の技術的ハードルは極めて高いものでした。
特にごく僅かな電力で動作するICが非常に難物であり、結局実用化の目途が見えたのは1990年代半ばのこと。
長い年月を経てやっと実用化の目途が立つことになりました。
時は1997年。スウォッチグループ傘下の研究機関ASULABが発表した論文にセイコーの技術陣に衝撃を与えました。
水晶振動子で制御されるゼンマイ時計-スプリングドライブとまったく同じコンセプトだったのです!!
セイコーはその年の12月に実用レベルの持続時間(48時間)を実現できる超低消費電力ICを完成。
そして1998年4月、バーゼルフェアで試作機を発表しました。
スプリングドライブの概要図

スプリングドライブの概要図

発表-1999年バーゼルフェア

1999年のバーゼルフェアにセイコーはスプリングドライブを披露しました。 
前年の技術発表の試作品ではなく、市販予定品が初めてお披露目されたのです。
その年の12月ついにスプリングドライブが発売されました。市販品世界初の栄冠はセイコーに輝くことになったのです。
初代スプリングドライブSBWA001

初代スプリングドライブSBWA001

実機レビュー

実機着用例

実機着用例

ではここから手持ちの実機のレビューをしていきましょう。
1999年には画像にあるステンレスケースのSWGA001が500本、18KゴールドケースのSWGA002が300本、クレドールから純プラチナケースのGBLG999が100本国内で発売されました。
海外でも発売されたので総数では千数百本販売されたことになります。 
私の手元にあるのはステンレスケースのSBWA001です。
直径約36mmと40mmクラスが溢れるようになった今となっては小ぶりなサイズですが、いわゆるデカ厚ブームが来る前はメンズサイズと言うと36~37mm程度が標準的でしたので、発売当時としては常識的なサイズと言えます。
 (111976)

手巻き専用ですのでケースサイズの割に直径が大きく立派な竜頭を採用しています。
この時計は精度維持のために一定以上ゼンマイがほどけるとその時点で時計を停止させる機構が採用されていますが、この機構のおかげでゼンマイを一杯に巻き上げたときの感触が通常の手巻き時計と異なります。
普通は一杯まで巻き上がっても少し竜頭が動きますが、この時計は一切前触れなく急に停止します。

スプリングドライブの未来

スプリングドライブはセイコーだけが出しているユニークな機構と認識されています。しかし詳しい人の間ではセイコー以外にもスウォッチグループが試作機レベルまで到達している事が認識されていました。
スウォッチグループは製品化に踏み切っていませんが、彼らは出そうと思えばきっと出すことが出来る立場にいると考えられます。 
36 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

いい大人のテーマパーク、 セイコーミュージアムに行ってきた!体験レビュー

いい大人のテーマパーク、 セイコーミュージアムに行ってきた!体験レビュー

聖地セイコーミュージアムを実際に体験してきました。今回はアクセス方法や駐車場などの詳細も含めて記載します。しかしミゾラーさんがおっしゃるとおり、所蔵の展示品、収蔵品が非常に素晴らしかった!セイコーの歴史を感じ、腕時計がさらに好きになったかも。
Loosegear | 3,455 view
【レトロなニューフェイス】セイコー・リクラフト SNKN01をご紹介

【レトロなニューフェイス】セイコー・リクラフト SNKN01をご紹介

最近のセイコーはレトロテイストを取り入れたデザインのアイテムが多くみられますが、これもその一つ。新しいけど妙に懐かしい、そんな海外限定のシリーズ「リクラフト」SNKN01をレビューします。
くろ | 1,580 view
異端の「9」 セイコー キネティック クロノグラフ 9T82 実機レビュー GSではない9

異端の「9」 セイコー キネティック クロノグラフ 9T82 実機レビュー GSではない9

セイコーのキャリパーナンバー(機械型式)で頭に「9」と言えばグランドセイコー専用の特別な番号です。しかしグランドセイコー以外に一機種だけ「9」を名乗ることを許された特別な機械がありました。それがキネティッククロノグラフCal.9T82です。 この特別な機械を実機レビュー付きでご紹介します。
| 1,528 view
セイコー グランドセイコー SGBX065 腕時計レビュー

セイコー グランドセイコー SGBX065 腕時計レビュー

クォーツ腕時計のパイオニアと言えばセイコー。そのセイコーが自信を持って送るクォーツのフラッグシップがグランドセイコーのクォーツモデルです。 今回はその中でも青い文字盤を持つ少々個性的な機種であるSBGX065のレビューをお届けします。
| 3,256 view
グランドセイコーの50周年記念モデルが超絶に熱い!【入手困難】

グランドセイコーの50周年記念モデルが超絶に熱い!【入手困難】

時計コレクターの間でひそかに人気のある時計。数本持ってると欲しくなるブランド。それがグランドセイコー。 その中でも今回は特に人気度の高いシリーズをご紹介。なかなか中古では出回りにくい時計ですが、かっこいいので読んでみてください!
バネ棒 | 8,279 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

匠
腕時計専門マーケット

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
腕時計専門マーケット
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
腕時計専門マーケット
大黒屋 宅配買取キャンペーン