2018年7月22日 更新

【ロレックスの歴史 Part.3】2006年〜2010年

ロレックスの歴史に迫るシリーズ第3弾。今回は2005年〜2010年の間に発表されたモデルや歴史に迫ってまいりたいと思います。

7,832 view お気に入り 0

はじめに

 (200861)

第3弾の今回は2006年から2010年に発表された代表的なモデルや新たな開発について書いていきたいと思います。
2006年⇨2006年(Z番)の後半からほぼ全てのモデルにルーレット刻印が入ります。(※一部のモデルは2006年以前からルーレット刻印が入っているものがあります。)
2007年⇨ヨットマスターⅡ、ミルガウス、SS GMTマスターⅡ発表
2008年⇨シードゥエラーディーシー発表
2009年⇨デイトジャストⅡ発表
2010年⇨SSセラミックのサブマリーナ デイト発表
簡単にみてみると2006年〜2010年の間にこのようなモデルが発表されています。さっそく細かく見ていきましょう。

【2007年】ヨットマスターⅡの発表

 (200859)

2007年は新しいモデルが多く発表された年でした。
ヨットマスターからは"カウントダウン機能"という特殊な機能を搭載したヨットマスターⅡが発表されました。
ヨットレースに特化した計測機能を搭載したヨットマスターⅡ。独自のシンクロ機能によって計測がはじまってからでもプッシュボタン操作でカウントダウン針をスタート位置にフライバックさせる事ができる実践向けの機能が搭載されています。
 (200858)

ダイナミックな44mmケースも迫力があり、高級感も抜群です。発表当初は金無垢仕様のみでしたが、2013年には待望のSSモデルが発表されました。
また、2017年のバーゼルでモデルチェンジを果たし、依然注目度の高いモデルとなっています。
56 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ロレックスなど高級腕時計の委託販売・代行出品はトケマー

ロレックスなど高級腕時計の委託販売・代行出品はトケマー

ロレックスはもちろん高級腕時計の委託販売を受け付けます。買取より高く売りたい、出品が面倒だから委託したいという希望にお答えします。まずは実績をご覧下さい。
WatchMonster管理者 | 22,054 view
選択肢が多いドレスウォッチの上位モデル "デイトジャスト41"

選択肢が多いドレスウォッチの上位モデル "デイトジャスト41"

2009年にデイトジャストの上位モデルとして41mm径のデイトジャストⅡが発表されて、その後継機として2016年に誕生したのが"デイトジャスト41"ポテンシャルをさらに高めたデイトジャストの魅力に迫りたいと思います。
サウスポー | 1,514 view
ヴィンテージロレックス OYSTERQUARTZ Ref.17013Gのご紹介

ヴィンテージロレックス OYSTERQUARTZ Ref.17013Gのご紹介

ロレックスの時計といえば"自動巻"をイメージする方が多いと思いますが、かつてはクオーツモデルの展開もされていました。現在では生産終了となっているクオーツモデルですが、中古市場では今でも手に入れることが可能となっています。今回はオイスタークオーツRef.17013のご紹介にまいりたいと思います。
サウスポー | 4,846 view
【コスパ最高!】新型ムーブメント搭載 ロレックス デイトジャスト41 Ref.126300

【コスパ最高!】新型ムーブメント搭載 ロレックス デイトジャスト41 Ref.126300

2017年発表、"新型キャリバー搭載"デイトジャスト41 ホワイトダイアルのご紹介です。コスパ良し、デザイン良し、女性ウケ良しの3拍子揃った優れものです。
サウスポー | 11,423 view
【ロレックスの歴史 Part.4】2011年〜2015年

【ロレックスの歴史 Part.4】2011年〜2015年

ロレックスの歴史に迫るシリーズ第4弾は2011年〜2015年です。この5年間でも様々なモデルの発表がありました。さっそくみていきましょう。
サウスポー | 6,688 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

サウスポー サウスポー
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋