2017年10月6日 更新

アイ ラブ オメガ, アイ ラブ シーマスター "サブマリーナーだけがダイバーウォッチじゃないぜ!"

前回スピードマスターの人気が高まっているというお話をしましたが、今回はもう1つのオメガのアイコン「シーマスター」にスポットライトを当ててみたいと思います。

4,433 view お気に入り 0

サブマリーナーだけがダイバーウォッチじゃないぜ!

234.10.39.20.01.001

234.10.39.20.01.001

1950年代初頭、防水性の高い腕時計が求められるように誕生したのが水中作業用のダイバーウォッチです。
軍用が主とされていてフランス海軍からの依頼で制作されたブランパンのフィフティファゾムスや、先を見越して今でもナンバー1のロレックス サブマリーナーも後の英国海軍に採用されます。
イタリア海軍からの要請で制作されたパネライ ルミノール/ラジオミールは現代のジャンル分けではダイバーウォッチに属しませんが、やはり水中作業用のミッションウォッチですね。
 (168071)

オメガにはシーマスターという防水時計がありましたが、ダイバーウォッチとしては防水性が足りずミッションダイバーの依頼を得るには新機構開発が急務でした。

完成したのは1957年。

回転ベゼルを搭載し、防水性は300フィート(100m)「シーマスター300」の誕生です。
 (168070)

この頃すでにロレックスは200mに防水性を上げたサブマリーナー。
追ってシーマスター300も性能を上げていきます。

同じくブライトリングからも200mのスーパーオーシャンがリリースされました。
ダイバーウォッチは大口の発注をもらえる軍用である必要があり、各メーカー競って開発を進めていた時代です。

1960年代にはほぼデザインは完成していますね。
 (168072)

クォーツショックを経て、機械式時計ブームが起こり、軍用に機械式時計が使用されなくなった90年代にはファッションとしてのダイバーウォッチの需要が高まります。
ハイスペック、ハイコストなダイバーウォッチより、オシャレで安くて格好良いモデルをオメガは作るようになっていきます。
一般の人々へ高級機械時計を落とし込んできたのはオメガの功績が大きいですね。

その上にロレックスはあぐらをかいていましたので、もう少しオメガに感謝しても良い気がします。
初めて買った腕時計がオメガ、そしてロレックスへとステップアップしていったのですから。

ジェームズ・ボンドとオメガ

 (168068)

1995年放映の「007 GoldenEye」から最新作「007 SPECTRE」まで20年も続くパートナーシップ。
 (168073)

ブルーカラーが印象的なシーマスタープロフェッショナル(プロダイバー)。
ブルーウェーブのダイヤルも素敵です。

ボンドが着用し瞬く間に流行りましたね、飽和潜水にも対応しているのにロレックスのサブマリーナーの半値ですから。
 (168074)

そしてスペックアップした600mのシーマスターが、プラネットオーシャン。

2000年前半に誕生しました。
サブマリーナーよりスペックは上ですが、定価は同じです。

「007 慰めの報酬」で使用しています。
 (168075)

こちらは定価オーバーのプレミアム相場「スペクター限定モデル」。

復刻されたシーマスター300の限定バリエーションと言った立ち位置ですが、はじめて限定モデルを実際の劇中に着用した伝説のモデルです。

しかもダニエル・クレイグが最後になると噂されたためラスト・ブロンド・ボンドウォッチとして評価が高まった・・・か、どうかは定かではありません(笑)
 (168080)

試作もダニエル・クレイグで決定の様ですね・・・。

すごい格好良いから、別に良いのですが。
 (168076)

英国海軍のカラー、そして、ジェームズ・ボンドの「コマンダー」という階級に焦点を当てて生まれた、オメガの特別モデル。

今年2017年の新作ボンドウォッチ。
映画に関係ないけどね。

とにかく中古が安い

 (168089)

正直、90万円もするダイバーウォッチなんて必要ありません。

ロレックスのサブマリーナーだから売れているんであって、そうじゃないダイバーウォッチに90万円も誰も出しません。
 (168090)

ロイヤルオーク・オフショアダイバーはまぁ売れているんでしょう。

ブランパンのフィフティファゾムスは定価こそ150万円ですが中古相場はサブマリーナー以下です。

ブレゲのマリーンビッグデイトはダイバーウォッチじゃないし、パネライのダイバーウォッチ・サブマーシブルも売れてはいないでしょう。
45 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏のボーナスで買うオメガ スピードマスター・シーマスター 中古編 各50本勝負!

夏のボーナスで買うオメガ スピードマスター・シーマスター 中古編 各50本勝負!

オメガの二大巨頭アイコンと言えば「速/宇宙 スピードマスター」と「潜/海 シーマスター」で間違いありません。圧倒的な存在感と格好よさ、そしてロマン溢れるストーリーで世界中にファンを多く持つ「スピマス」。タフで視認性良く、007のジェームスボンドやスキンダイブのジャックマイヨールも愛する「シ-マス」。どちらもオメガを、スイスを代表する大人気モデルとしてその地位は揺るぎないものになっています。つまり「買って間違いない」モデルたちであり、さらにはコストパフォーマンスに優れた消費者にやさしい生産体制になっております。さすがスウォッチグループ。
ZENMAI | 4,422 view
アイ ラブ オメガ ,アイ ラブ スピードマスター ~ 高騰するOMG ~ 狙っているのは外国人

アイ ラブ オメガ ,アイ ラブ スピードマスター ~ 高騰するOMG ~ 狙っているのは外国人

OMG! OMG! オーマイガー、オメ~が、オメガ?お前はお目が高い。と、現在「物凄く」流行っているのがスイスウォッチを代表するOMEGA。スピードマスターがきているんです!皆さんスピードマスター持っていますか?すでに持っていたら「あなたラッキーメン」!
ZENMAI | 5,096 view
実際どうなの?ビンテージ オメガ コンステレーションC パイパンダイヤル オクタゴン シーマスターコズミック

実際どうなの?ビンテージ オメガ コンステレーションC パイパンダイヤル オクタゴン シーマスターコズミック

アンティークってどうなんだ?古いものが良いものか?高いものが良いものか?最新の技術が本当に凄いのか?ビンテージウォッチ、とくにロービートは耳に心地よくゆっくりとした時間が流れます。今回は激安なビンテージウォッチとして人気があるオメガから4本のオールドオメガを見ていこうかと思います・
ZENMAI | 14,790 view
実際どうなの?オメガ シーマスター300 "スペクター" 限定モデル Ref.233.32.41.21.01.001 ボンドウォッチ・レビュー

実際どうなの?オメガ シーマスター300 "スペクター" 限定モデル Ref.233.32.41.21.01.001 ボンドウォッチ・レビュー

最近のオメガの復刻は大変すばらしい!アンティークは耐久度の問題や高額な値段の問題などがあり、手を出しにくいですが現行スペックの復刻版は気にせずガンガン使えます。今回レビューするモデルはシーマスター300のボンドモデル。「007 スペクター」の劇中でも使用されたスペシャルな1本です。
ZENMAI | 34,307 view
ボーナスで買う時計3選 30万円以下の機械式腕時計

ボーナスで買う時計3選 30万円以下の機械式腕時計

前回までのシリーズ「【夏ボーナスで買う時計】アンダー30万円の自動巻き腕時計~ZENMAIのおすすめ~」から数が多すぎたので3本に絞ってお届けしていきます!今回は20万円以上30万円以内の3本ですのでなかなか良いモデルが登場しますね。夏のボーナスで狙う本格機械式腕時計はこの3モデルだ!
ZENMAI | 12,633 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ZENMAI ZENMAI
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
お得なキャンペーン!
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
腕時計専門のフリーマーケット
腕時計専門フリマ