2016年6月14日 更新

『HYT』普通なんてつまらない!ロマンあふれる複雑機構の腕時計

2012年にスイスで設立された時計メーカー『HYT』 魅力的な複雑機構を持った腕時計をご紹介します! オンリーワンのテーマ持って仕上げるこのブランドに虜にされる事、間違いありません!!

5,450 view お気に入り 0

高い志を持つスペシャリストが集まったメーカー

 (26799)

HYT (Hydro Mechanical Horologist ハイドロ・メカニカル・オロロジスト)は、専門能力を持った6人のパートナーにより設立されました。液体を用いて機械式時計で時刻を表示するという途方もないアイデアを具現化するため、ウォッチメイキング、医療分野などのスペシャリストが結集し、構想より10年の歳月を経て、彼らの夢が現実のものとなりました。現在までに発見されているもっとも古い水時計は、ファラオの時代まで遡ります。それから約3400年後の2012年、機械式腕時計でありながら、液体で時刻を表示するリストウォッチ「H1」が誕生しました。このファーストモデル「H1」は、数々のウォッチアワードでBest Innovation Watch Awardを受賞しています。
『HYT』あまり聞いたことのないブランドですね。
それもそのはず、まだ設立して4年しか経っていません。(記事執筆時点で)

上述の「H1」が登場した時に、各方面で話題になりましたが知らない方も多いと思われます。
液体を使って時間を表示する、という一見「何を言っているんだ?」と思わざるを得ないアイデアですが、百聞は一見にしかず、ご紹介していきたいと思います。

あらかじめ言っておきますと、筆者はいずれも所持していません。あまりに値段が高すぎて手が届きません…。

ファーストモデル『H1』

H1-Titanium

H1-Titanium

H1チタニウム
記念すべきファーストモデル「H1」
やたらとメカメカしくパッと見分かりにくそうですが、よく見ればかなり直感的な文字盤であることがわかります。

12時位置に大きな分表示、9時位置の歯車は秒を表示します。
2時位置のバーは残り稼働時間を示すパワーリザーブ。手巻き時計です。
そしてそして何といっても一番目を引く外側のチューブ。これこそHYTの目指した液体を用いた時刻表示です。

文字盤下部にこれ見よがしに鎮座する二つの鞴(ふいご)が時間とともに動き、
それによりチューブ内の2種の液体の境界線が動き時間を表示する仕組みです。

…やっぱり文句なしにかっこいい!
ちなみにお値段は780万円+税でございます。消費税だけで他の時計が買えちゃいますね。

20個の限定生産!『H2 アイスバーグ』

H2Iceberg

H2Iceberg

印象をがらりと変えた『H2』の青バージョン、『H2アイスバーグ』
『H1』との違いを挙げていきますと、まず分表示の位置を多くの時計のように中心に持ってきています。

ですがそこは普通じゃないHYT、30分位置でジャンプします。よく見ると30分位置が二つあるんですね。そして3時位置付近の「H」「N」「R」の文字はリューズの位置を表示します。

「N」はニュートラル、「H」は時刻合わせ、「R」は巻き上げを表すそうです。なにより面白いのは時計の内部の温度を示すヒートインディケーターの存在。

9時位置(45分位置)付近に小さい扇形の青白の表示があるのがわかりますでしょうか。
15℃未満であれば青側に、15℃以上であれば白側に針が向きます。
時計の操作をしていいのは白側を示す時だけです。さすがにデリケート。
パワーリザーブは最大192時間、時計裏面の香箱に「HIGH」と「LOW」の文字でもって表示されています。

こちらのモデルは限定生産も相まって、2700万円+税です。
筆者の35年ローンのマイホームより高いです!

デザイン性重視!『スカル グリーンアイ』

SKULL GREEN EYE

SKULL GREEN EYE

「H1」「H2」ではいかにも技術力を誇示したデザインでしたが、こちらは液体を使ったその機能を生かしたデザインとなっています。

その名も「スカル グリーンアイ」 そのまんまですね。ひねりのない名前にだまされてはいけません。高い技術力と意外性も備えています。

時間表示は言うまでもなく輪郭線のチューブです。
分の表示は無い(?!)ため、液体の境界線の位置でおおよそを計るしかありません。時間に縛られない時計を持つという矛盾をかかえるという贅沢…。

時計の名前にもなっている、左右の目は飾りではありません。左右の目にはディスクがありディスクには濃淡がついています。
9時位置の左目は秒を示すディスクが、3時位置の右目はパワーリザーブ表示となっています。

パワーリザーブ表示はパワーリザーブが無くなるにつれ暗くなっていきます。「H1」をベースにしているためパワーリザーブは65時間。

50個の限定生産です。
気になるお値段は、1450万円+税なり。
H2アイスバーグより良心的?

最後に

まさにオンリーワンなテーマを持った時計をご紹介しましたが、まだまだ面白い時計が沢山あります。
正直どれも手が届きませんが、テレビでお金持ちの家を見るような感覚で楽しんでいただけたら幸いです。
それでは。
15 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【女子ウケを狙え】モテる大人のメンズが付ける腕時計はコレだ!!⑧

【女子ウケを狙え】モテる大人のメンズが付ける腕時計はコレだ!!⑧

女子ウケ抜群な腕時計はコレだ!シリーズ第8弾の腕時計はコレ!これで合コン、婚活、クラブ、ガールズバーを攻略だ!
ウォーカー | 5,196 view
【レジェンド召喚】トケマーにパテックのグランドコンプリケーションが出品されてるぅぅ!!

【レジェンド召喚】トケマーにパテックのグランドコンプリケーションが出品されてるぅぅ!!

トケマーに、なんと、レジェント級のグランドコンプリケーションが出品されています!!今となっては滅多にお目にかかれなそうな出物です。350万円は高いのか、安いのか?今回は紹介を兼ねて、このアイテムが買いかスルーか検証していきたいと思います!!!
牛乳特選隊 | 2,284 view
なにコレ時計なの? 1千万円以上!? ファッ!?な時計たち

なにコレ時計なの? 1千万円以上!? ファッ!?な時計たち

「あなたは時計ですか?」 「はい、そうです。一千万円以上します」 「ファッ!?」 そんな会話よく耳にしますよね。私だけでしょうか?
リーフ針 | 13,139 view
この値段で複雑機構だよ? ペキニエ PEQUIGNET MANUFACTURE リューロワイヤルが美しい件

この値段で複雑機構だよ? ペキニエ PEQUIGNET MANUFACTURE リューロワイヤルが美しい件

ペキニエは1973年に、デザイナーのエミール・ペキニエがフランスのモルトーに創立した時計ブランド。代表的なモデルに「Rue Royale(リュー ロワイヤル)」「Moorea(モーレア)」などがある。自社開発ムーブメントでコンプリケーションウォッチのエントリーモデルであるリューロワイヤル、お値段は約100万円。
Loosegear | 7,228 view
「あっと驚く」フランクミュラーの特殊機能⑤「シークレット アワーズ」

「あっと驚く」フランクミュラーの特殊機能⑤「シークレット アワーズ」

フランクミュラーと言えばアールデコデザインを現代に甦らせNEWクラシックを世界に広めた第一人者であり、時計の専門学生時代にはロレックスのパーツで永久カレンダーなどコンプリケーションモデルを独自に作り上げる天才として有名です。自身のブランド「フランクミュラー」を立ち上げたのち身を引くまでに作り上げた「おもしろ機構」に今回はスポットあて彼のファニーな偉業をおさらいしていこうと思います。第5回目の今回は「シークレット アワーズ」です。
ZENMAIのココ東京 | 3,203 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

kagemitu0101 kagemitu0101
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋