2017年6月4日 更新

ロレックス シードゥエラー3兄弟 126600と116600と16600を比べてみよう!

今年のバーゼルワールド2017の目玉モデル「赤いシードゥエラー」。50周年の記念に誕生したRef.126600は新型キャリバー3235を搭載し、43mmのケース径に拡大した「インパクト大」なダイバーウォッチです。1世代前の116600と、2世代前の16600とどのように違うのか見比べてみようという記事でございます。

7,752 view お気に入り 0
 (138318)

2017年はシードゥエラー誕生50周年にあたります。

潜水作業専門会社COMEXの協力により、1967年に誕生。
サブマリーナーの上位機種として飽和潜水に対応したハイスペックダイバーウォッチであり、一貫してスティールに黒文字盤という無骨な組み合わせでリリースしています。

今回も記念モデルが発表になることは、ほぼ決まっていましたが
まさか43mmというビッグサイズだとは思いませんでした。
そして更には新型のクロノメータームーブメント キャリバー3235を搭載し、SEA-DWELLERの文字は赤く染まっている特別な仕様です。

シードゥエラー3兄弟 126600と116600と16600を比べてみよう!

 (138314)

第1世代は型番1665で、ドーム状のプラ風防とフチなしのインデックスが特徴です。
また初期文字盤にはダブルレッドと呼ばれる、SEA-DWELLER SUBMARINER2000の文字が赤く染まっている希少品が人気です。
当時の防水は2000フィート610mでした。

第2世代は1970年末頃にリリースされた型番16660、通称トリプルシックス。
防水がいきなり倍に跳ね上がり、風防もサファイアガラスにレベルアップしています。
初期の16660はフチなし、後期はフチありと呼ばれるインデックス周りのメタルサークルの有無で中古相場も上下します。
ここに並んでいるのは第3世代 型番16600、第4世代 型番116600 第5世代 型番126600です。
途中2008年には従兄弟のディープシーが誕生しますが、今回は純粋なシードゥエラーだけ見ていきます。
第1世代も第2世代も10年以上販売されていました。
第3世代 16600に至っては17年も製造されていたロングセラーモデルと言えます。

今大注目の第4世代 116600 シードゥエラー4000はなんと3年強と言う非常に短い製造期間で、そもそも不人気だったゆえ球数が少なすぎて、今後超インフレするのでは?と期待が集まっていますね。

先月末にはデパートで知人が見かけたと言っていましたので、まだ買えるかもしれません。
 (138315)

サイドビュー。

堅牢で厚めなサブマリーナーより、さらに厚いのがシードゥエラーです。
超防水を実現するため、ややマッチョになったのですがいかがでしょう?

ガラスから裏蓋までは確かに厚めですが、ケース自体は比較的すっきりしています。
 (138316)

16600は約14.5mm、116600は約15mm、そして126600は約16mmでした。
 (138319)

16600はオーソドックスなデザインで、みんなのよく知るシルエットですね。

116600はあまり出回りがないので実物を見る機会が少ないかと思いますが、16600に比べラグが太くベゼルの幅も厚く、インデックスも大きくなっています。

そして126600はケース径が43mmに大きくなり、ラグは細く、フラッシュフィット幅が広がりました。
ベゼルとインデックスのバランスは116600に近いですね。
116600までは無かったサイクロップレンズが搭載され、一気に「サブマリーナー」っぽい見た目になっています。
 (138355)

こちらはサイクロップレンズつながりでサブマリーナーと比較。

16610、116610、126600と並んでいます。
 (138325)

続いて重さを量ってみます。

16600は約150グラム。
そんなに軽くないですが、3本の中では1番軽いです。
 (138326)

116600は約175グラム。

ググっと重くなりましたね。
外装がだいぶしっかりしたのが、わかります。
 (138327)

そして126600は約195グラム。

さすがに重い!
 (138321)

ちなみにディープシーは220グラムと超重量級です。

国内定価は1,242,000円(税込)
生産終了時の16600が609,000円でしたので、約2倍の価格設定。

でも防水性は3倍!
 (138322)

新シードゥエラー 126600の国内定価 は1,166,400円(税込)

防水は同じだけど、サイクロップレンズ付いたしムーブメントも新作だし、サイズも大きいからね。
価格設定2倍は致し方ない。
 (138323)

シードゥエラー4000 116600の国内定価は1,069,200円(税込)。

コレなんだよ?
なんで609,000円が1,069,200円になるんだよ?

防水もムーブメントも同じじゃないか!
ベゼルの素材は確かに違うけど、デイトナは116520から116500LNに変わったとき30,000円しか違わなかったぞ!

と、どうでも良い文句を言います。
でも、こう思っていた方が多かったのだと思います。
昨年まで誰も買わない不人気モデルでしたから・・・
 (138324)

生産終了モデル 116600の最終形態は、デイトナ116520と同じくバックルで確認します。

「梨地」仕上げのバックルプレートは最終ではありません。
「鏡面」ピカピカ仕上げが最終になります。
46 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【実機レビュー】ロレックス Ref.126600 43mmの赤シードゥエラー バーゼルワールド2017新作

【実機レビュー】ロレックス Ref.126600 43mmの赤シードゥエラー バーゼルワールド2017新作

年々リリースが早まるロレックス。ファンには嬉しい限りです。昨年のデイトナ116500LNが5月末でしたが、今年の赤シード126600は5月1日でした。さて気になるのはサイズとサイクロップレンズですね。43mmは大きいのか?重いのか?サイクロップレンズは必要だったのか?どうでしょう~?
ZENMAI | 16,797 view
ロレックス 新作シードゥエラー Ref.126600はいったい幾らで買えるのだろうか?116600は生産終了?

ロレックス 新作シードゥエラー Ref.126600はいったい幾らで買えるのだろうか?116600は生産終了?

2017年3月22日 日本時間20時頃に公式HPで発表されたバーゼルワールド2017の新作。ロレックスの新型「シードゥエラー」Ref.126600。シリーズ誕生50周年を祝う特別なモデルは変わったリファレンスナンバーを背負ってリリースされました。
ZENMAI | 34,902 view
1984年製造のGMTマスター Ref.16758 18金無垢の魅力~Vintage Gold~

1984年製造のGMTマスター Ref.16758 18金無垢の魅力~Vintage Gold~

今回は金無垢のロレックスを見ていこうと思います。80年代のセミ・ビンテージGMTマスター 型番は16758。第3世代のモデルになります。製造年数10年足らずと意外にレアなんですよ。この時期のGMTマスターの金無垢では珍しい3連ブレス仕様。重すぎない枯れたゴールドが魅力の1本です。
ZENMAI | 2,903 view
実際どうなの?ロレックス 新型デイトナ 116500LN 白文字盤「黒も良いけど、やっぱり白かな?」

実際どうなの?ロレックス 新型デイトナ 116500LN 白文字盤「黒も良いけど、やっぱり白かな?」

本命は、やはり白文字盤の新型デイトナですね!このデザインの格好良さは他にはありません。実際に比べてみると黒よりも白の方が「あたらしいデイトナ」感を味わえるのがわかります。ただ、まぁ結論を先に言えば「どっちが格好良いのか?」なんて質問には、完全に個人の「好み」だとしか言えません。
ZENMAI | 22,616 view
1967-2017 シードゥエラー50周年モデルを予想する!ロレックスの記念モデルはやっぱりグリーン?

1967-2017 シードゥエラー50周年モデルを予想する!ロレックスの記念モデルはやっぱりグリーン?

バーセルワールド2017できっと発表されるであろうシードゥエラー50周年モデル。フランスの潜水作業専門会社COMEX協力の元1967年に誕生したプロスペックのダイバーウォッチです。50周年と言えば記念モデルが出ることで有名ですね。サブマリーナー50周年モデルはグリーンサブでした。デイトナ50周年モデルはセラクロムプラチナアイスブルーでした。GMTマスター50周年モデルはYGグリーンダイヤルのGMTマスターⅡでした。エクスプローラーはなぜか無いですが、シードゥエラーは発表年がハッキリしているので、きっと出ること間違いなしです。
ZENMAI | 13,383 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ZENMAI ZENMAI
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
腕時計専門フリーマーケット
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
腕時計専門のフリーマーケット
腕時計専門フリマ