2017年3月16日 更新

異端の「9」 セイコー キネティック クロノグラフ 9T82 実機レビュー GSではない9

セイコーのキャリパーナンバー(機械型式)で頭に「9」と言えばグランドセイコー専用の特別な番号です。しかしグランドセイコー以外に一機種だけ「9」を名乗ることを許された特別な機械がありました。それがキネティッククロノグラフCal.9T82です。 この特別な機械を実機レビュー付きでご紹介します。

1,811 view お気に入り 0

異例-セイコーのムーブメント型番ルール破り

こんにちは。本題の前に少し豆知識を。セイコーのムーブメントの型番の四桁は上二桁がムーブメントのシリーズ、下二桁がバリエーションになります。
かつては四桁全てが数字でしたが、1980年前後に改訂されて「二桁目が英字、それ以外は数字」になりました。
そのうち一桁目が1~3はレディス用小型ムーブメント、4は共用小型薄型機、5~8がメンズ用でそのうち5と7はセイコーエプソン製、6と8はセイコーインスツル製を表しています。そして「9」はグランドセイコー専用、と言うのが基本ルールです。
しかし一機種だけグランドセイコーに積まれていないにもかかわらず「9」を冠することを許されたムーブメントがかつて存在しました。キネティッククロノグラフ「9T82」です。
セイコー アークチュラSLQ003

セイコー アークチュラSLQ003

9T82の誕生

異端の「9」、グランドセイコークォーツ用9F系ムーブメントと同じ「9」を冠するクォーツムーブメントは1998年にバーゼルフェアで発表されました。当時のセイコーエプソンの時計技術の粋を集め、一切の躊躇なく9Fと同じ機構を使用するフラッグシップとして設計された怪物です。
9Fの特徴である「3軸独立ガイド」と「瞬間日送り機構」と「バックラッシュオートアジャスト」が採用されました。細かいところでは正確な時間あわせのために竜頭を一回転させたときの分針の送り量(約20~25分)と言う部分もGSと同じです。
クロノグラフ機構もコラムホイールを使用し、ハートカムによる瞬間リセット機構を搭載しています。カムリセット式のクォーツクロノグラフは数社が出していますが、この形式は消費電力量が大きくなり電池への負荷が大きいと言う難点を抱えています。
そのため一次電池(充電出来ない通常の電池)でこの機構を採用したのはジャガールクルトとIWCが共同開発した「メカクォーツ」とフレデリック・ピゲのCal.1270です。
セイコーはこの電池寿命の問題を自動巻発電機構キネティックの採用で解決しようとしました。
発電機構との組み合わせで消費電力の大きい機構を搭載可能にする、と言う考え方はシチズンが2004年に光発電機構エコ・ドライブを採用したカムリセット式クロノグラフE210系を発表している事と合わせて考えるとほぼ正解に近い考え方であったと思われます。
シチズン E210系エコドライブクロノグラフ

シチズン E210系エコドライブクロノグラフ

また、ETA社もCal.206.211と言う自動巻発電クォーツクロノグラフを出しています。ペースムーブメントに機械式クロノグラフモジュールを搭載した構造のため、高コストだったためか採用例はエルメスNOMADの一例のみとなっています。

シースルーバックからの眺め

9T82は「9F」と「キネティック」と「機械式クロノグラフ」の技術要素を融合させた非常に複雑な設計のため、パーツ総数が340にも及びます。これは自動巻機械式クロノグラフとほぼ同じです。
残念ながらシースルーバックからは自動巻ローターと受け板しか見えず、コラムホイールも見ることが出来ません。見応えが有るとは言いがたい眺めですが、1モデル以外は全モデルシースルーバックです。
シースルーバックからの眺め

シースルーバックからの眺め

ガラスが皮膚に張り付く感覚を避けた着用感重視で非シースルーバックをメインにしても良かったのではと思います。

操作感など

さて、肝心のクロノグラフボタンの押し心地ですが、コラムホイール=柔らかく繊細な押し心地という期待をしていると違和感を覚えます。
端的に言うと押し心地は重く、いわゆるカム式クロノグラフに近い押し心地です。
と言うのも、カム式とコラムホイールの押し心地の差は機構による差異と捕らえられがちですが、実際のところはメーカー側の設計思想による押し心地の設定の差異と言った方が正しいのです。
設計上はコラムホイールでも固い操作感に出来ますし、カム式でも軽い押し心地にすることが可能です。言い換えれば9T82は敢えて重くしているのです。
恐らくクロノグラフ機構の消費電力量が大きいため誤動作防止の意味合いが大きいと思われます。9T82のクロノグラフ動作時の消費電力は停止時の11倍にも達する事を考えれば納得できるかと思います。
ボタンは大きいが堅いため誤作動はしにくい

ボタンは大きいが堅いため誤作動はしにくい

40 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

セイコー スポーチュラ キネティックGMT SUN015P2 Cal.5M85 海外モデル・レビュー 逆輸入シリーズ番外編

セイコー スポーチュラ キネティックGMT SUN015P2 Cal.5M85 海外モデル・レビュー 逆輸入シリーズ番外編

コスパに優れた逆輸入ウォッチから今回はセイコー・スポーチュラ・キネティックGMTモデルをレビュー。SUN015P2はまるでセラクロムベゼルのエクスプローラーⅡですね!格好良いし安いし便利で超お買い得な海外モデルをじっくりみてみましょう!
ココ東京 | 4,240 view
5/16トケマー新入荷情報!おすすめ時計をご紹介!

5/16トケマー新入荷情報!おすすめ時計をご紹介!

時計怪獣WATCH MONSTER トケイのマーケット「トケマー」新入荷商品情報です! 入荷した商品からウォッチモンスター管理人のおすすめ商品をピックアップ!全てお買い得、間違いなし!
WatchMonster管理者 | 1,868 view
セイコー ワイアードに変化あり?年齢問わず評価評判いい腕時計【SEIKO・WIRED】

セイコー ワイアードに変化あり?年齢問わず評価評判いい腕時計【SEIKO・WIRED】

福士蒼汰がイメージモデルを務めていることでおなじみSEIKO・WIRED(ワイアード)。年齢問わず評判もよくブルーをイメージカラーに、若者向けのアバンギャルドなデザインが主軸だったこのシリーズに最近変化が起きてきているようです。気付いた点をまとめました。ワイアードを評価!
くろ | 1,797 view
【チープセイコー?】SEIKO・ALBA(アルバ)の魅力再発見

【チープセイコー?】SEIKO・ALBA(アルバ)の魅力再発見

国産の腕時計はあまりよく知らない…という人でも「ALBA(アルバ)」という名前を一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。チープカシオ、チープシチズンが相次いでブームになっていますが、実はセイコーも安くて魅力的な時計を出してるんです。
くろ | 2,072 view
【レトロなニューフェイス】セイコー・リクラフト SNKN01をご紹介

【レトロなニューフェイス】セイコー・リクラフト SNKN01をご紹介

最近のセイコーはレトロテイストを取り入れたデザインのアイテムが多くみられますが、これもその一つ。新しいけど妙に懐かしい、そんな海外限定のシリーズ「リクラフト」SNKN01をレビューします。
くろ | 2,324 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

匠
腕時計専門マーケット

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
腕時計専門マーケット
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
腕時計専門マーケット
大黒屋 宅配買取キャンペーン