2017年2月22日 更新

【時計雑誌を読み返す 6】依然ポスト ロレックスを求めて・・・1996年

時計雑誌を読み返すシリーズ、今回は「時計Begin Vol.7 」 アトランタオリンピックが開催されたこの1996年は、いったいどんな時計が流行ったのでしょうね。当時の時計業界の裏話の記事もあったりで、懐かしく思う人もいるのでは?ロレックスデイトナ、ポールニューマンの話は必読!

1,929 view お気に入り 0
 (107376)

1996年 7月といえば・・・

時計雑誌を読み返すシリーズ、今回も時計Beginの前身である「おいしい時計まるかじり」から、Vol. 7を読み返していきたいと思います。
時代としては1996年の7月号臨時増刊となっています。1996年といえば時代を少し振り返ってみると、アトランタオリンピックが開催された年のようですね。
ファッションではルーズソックスが流行り、アムラーと呼ばれる女子が街中に溢れたのもこの年です。厚底のブーツ、流行りましたねぇ。
安室奈美恵さん

安室奈美恵さん

ロレックスの次に流行る時計は・・・

さて時計に話を戻しますと、この号でも依然としてポストロレックスを模索していたように思います。
「ロレックス以外にもいい時計がたくさんある」みたいな雰囲気が雑誌の構成からもひしひしと伝わってきます。表紙がダニエル・ロートですからね。
この当時の注目モデルは、何と言っても表紙にも登場しているダニエル・ロートのステンレスモデルでしょう。
クロノグラフとシンプルな三針モデルがステンレスで発売され、値段も当時としては破格の70万円を切る驚きの価格設定となっております。
おそらく、それほどコストのかからないムーブメントを使用していたからだとは思いますが、それにしてもこの価格は魅力でしたね。ダニエル・ロートの時計はウン千万するものも珍しくないですから。
ただ、現在は当時のダニエル・ロート社は売却されたようで、現在はブルガリからダニエル・ロートブランドで時計を出しているようです。また最近見た雑誌によると、親子でスペシャルな時計も製作されているようですね。
Bulgari | Daniel Roth 自動巻18Kホワイトゴールド製腕時計 102338-E | ブルガリ BVLGARI (107385)

こちらは現行のダニエル・ロート。
再び手の届かぬ存在に。

本命時計333本

特集記事の一発目は、現行モデル編とアンティークモデル編に分けて、「イバリ炸裂!キメ打ち」と題して、333本もの時計を紹介しています。
基本中の基本として、ロレックスのデイトジャストは紹介されてはいますが、最後の雲上モデルとしてパティック・フィリップのカラトラバが紹介されていたり、裏技モデルとしてブッヘラーが紹介されていたりとバラエティに富んでいます。
ブッヘラーはスイスを代表する時計店で、そこのオリジナルブランドなのですね。ロレックスとの関係も深く、お店でも数多く扱っているのだとか。顧客用に作られたロレックスのスプーンは有名ですよね。
カール F. ブヘラ パトラビ トラベルテック - 00.10620.08.33.21 (107393)

1,490,400円
現行モデルもかっこいいですね。

‘96バーゼルフェア&SIHHの全貌

この年のバーゼルフェアでは、まず、個人的に一番びっくりしたのは、大好きなブレゲのアエロナバルにブレスレット仕様が登場したこと。
雰囲気も良くてブレスレット好みの自分としてはますます欲しくなった一本です。

未だに買えていませんが。
 (107394)

ブレスレットモデルも魅力的ですね
またジャガー・ルクルトからは「レベルソ・クロノグラフ」が発表され、裏面にフライバック機構付きの30分積算が配されたモデルが発表されています。現在は生産されていないようですね。
この機会に、現行のレベルソをざっと見てみたのですが、ラインナップが少し寂しいと感じるのは私だけでしょうか・・・。

いまどき(当時)時計業界はこーなっています

ロレックスの歴史: 1953 -1967 (108572)

「匿名御免、百戦錬磨の辣腕バイヤーが激白」と銘打って、当時の時計業界の裏側を暴露している記事だですがこれが実に面白い。

もちろん、当時はネットなんかなかったですからね。業界の生の情報を聞こうと思えば、お店に足繁く通って店主と仲良くなるか、こういった雑誌から情報を得るしかなかったわけです。
興味深いものをいくつかピックアップすると、それ以前からアンティーク市場で空前のブームを巻き起こしていたロレックスのバブルバックの凋落について書かれています。確かに、この当時の少し前からもの凄い人気でしたね、バブルバック。
私の友人でも、なぜか高校生でバブルバックを持っていたヤツがいたのですが、革ベルトをもってブンブン振り回していたら針が取れていましたからね。粗悪なものもかなり出回っていたのでしょう。
41 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【時計雑誌を読み返す 7】遂にきた!ロレックス GMTマスター大特集・・・1997年

【時計雑誌を読み返す 7】遂にきた!ロレックス GMTマスター大特集・・・1997年

時計Beginも8冊目。この号からは本格的にロレックスを特集する号が増えていきました。今回はGMTマスター。デイトナ、エクスプローラⅠときて、次にくるのはGMTマスターとの予想でした。(1997年当時)ランゲ&ゾーネも上陸し、数々のスイス時計が紹介されました。
yusapapa | 1,324 view
【時計雑誌を読み返す3】 ロレックス不在の時計グランプリ

【時計雑誌を読み返す3】 ロレックス不在の時計グランプリ

時計Beginの恒例企画、おいしい時計グランプリ。今回は1994年12月。時計ファンの裾野を広げるべく、グランプリにロレックスの名は見当たらない。果たして、この時代のトレンドは?昔の時計雑誌を読み返す企画、第三弾。
yusapapa | 2,740 view
【時計雑誌を読み返す2】 時計Begin 1994年 ポスト ロレックスを求めて

【時計雑誌を読み返す2】 時計Begin 1994年 ポスト ロレックスを求めて

昔の時計雑誌を読み返して、当時のトレンドや動向について探る第二弾。今回は「時計Begin Vol.3」を中心に、当時の時計業界がどんなだったかについて考察していこうと思う。ポストロレックスの行方は?ロレックスに勝るモデルは現れたのか・・・
yusapapa | 1,535 view
トケマー ウォッチ観察 膨大な出品数から個人的におすすめな腕時計をチョイス&紹介!

トケマー ウォッチ観察 膨大な出品数から個人的におすすめな腕時計をチョイス&紹介!

トケマーに掲載されている時計の中から、個人的におすすめなモデルを独断と偏見で紹介していく企画でございます。今回の注目はオールニュー使用のエクスプローラⅠ、Ref1016でございます。ケース等、新品交換ですので、とてもきれい。しかもアンダー100万円!このチャンスを逃すな。
yusapapa | 1,449 view
【時計雑誌を読み返す 11】 ロレックスの謎に迫る!?パネライ日本上陸、などなど

【時計雑誌を読み返す 11】 ロレックスの謎に迫る!?パネライ日本上陸、などなど

1998年、夏。この年は、何と言ってもパネライの上陸が、私にとっては鮮烈に記憶に残っております。パネライの日本初上陸の時のことって覚えてられる人いますかね。もう20年近くも経っているのかと思うと、時が経つのは早いですね。ロレックスの謎にも迫っております。
yusapapa | 2,397 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yusapapa yusapapa
腕時計専門マーケット

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
腕時計専門マーケット
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
腕時計専門マーケット
大黒屋 宅配買取キャンペーン