2017年8月12日 更新

【ブランド探究】ジャガー・ルクルト 真のマニュファクチュール  

ブランド探究シリーズ、今回はジャガー・ルクルトです。ルクルトの特徴は、言うまでもなく、そのムーブメントの素晴らしさにあると思います。自社ムーブメントを開発する、マニュファクチュールであり、他ブランドへの供給もしております。通を唸らせる時計、ルクルトです。

2,831 view お気に入り 0

ジャガー・ルクルトの時計

 (154850)

時計ブランドの良いところと悪いところを好きなように書いていくこの企画も、今回で10回目となりました。
で、今回選ばれしブランドはジャガー・ルクルト。
ジャガー・ルクルトは、知る人ぞ知る実力派ブランドで、マニアの間でも高い評価を得ている会社でもあります。
その技術力は高く、もちろん、マニュファクチュールでございます。
 (154852)

創業は1833年と非常に古く、工房で時計を部品から製造していくという技術を確立できたことから、様々なブランドへムーブメントの供給をしてきました。
日本でも、時計にこだわりを持つ人の間で人気のジャガー・ルクルト。
今回はそんなジャガー・ルクルトについて書いていこうと思います。

良いところ 普遍的なデザイン

 (154853)

ジャガー・ルクルトの時計といえば、レベルソを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
一見、何の変哲もない四角いケースの時計ですが、ケース自体が反転するんですね。
元々は、ポロ競技中に時計が破損することを防ぐために、協議中は裏返して時計を守るという意図がありました。
今では、両面が時計のモデルなどもでているので、そういった意図からは離れてきていますが。
 (154855)

いずれにしても、レベルソが世に登場したのが、1931年ということで、そこからデザインがほとんど変わることなく、今日まで続いています。
レベルソがいかに完成されたデザインだったかということが分かりますね。
レベルソといえば、高校の時の数学の先生がつけておられて、自慢げに見せてくれました。
その時は、おそらく、そんな時計に生徒が気付くはずがないと思っていたようで、とても嬉しそうにしていた顔を今でも覚えています。

良いところ カリスマ的ムーブメント

 (154859)

ジャガー・ルクルトの魅力の一つとして、ムーブメントの素晴らしさを挙げる人は多いと思います。

「ルクルト製ムーブ」なんて聞くと、それだけで、この時計は素晴らしい、なんて烙印を押してしまうのは私だけではないはず。

有名なモデルだと、IWCのマーク12がありますね。

オーデマ・ピゲやパテック・フィリップなどの雲上系のブランドも、ジャガー・ルクルトからムーブメントの供給を受けていたとか、受けていないとか・・・また、現在も受けているとか、受けていないとか・・・。

ムーブメントの供給は、基本的には非公表だろうから、我々素人には、なかなか知る術もないですが・・・。
 (154854)

機械式腕時計を手にするにあたって、やはり、「機械」の部分にこだわりがあるのであれば、ジャガー・ルクルトという選択肢は大いにアリかな、と思います。

ジャガー・ルクルトのムーブメントが、いかに素晴らしいかというエピソードを一つ。

搭載されるケースによって、しっかりとムーブメントを作り込んでいるんですね。

その証拠に、レベルソのムーブメントは、そのケース形状に合わせて、ちゃんと四角い形をしているのです。

普通のブランドなら、丸いムーブメントをそのまま流用することが多いにもかかわらず、です。

悪いところ マーケティングが・・・

istockphoto (154861)

ジャガー・ルクルトについて、悪いところなんてないというのが正直なところですが、あえて言うならば、マーケティングを挙げさせていただきます。

もちろん、人気が出てなんぼ、みたいなブランドの立ち位置ではないですが、それでも、ジャガー・ルクルトの販売に力を入れているお店は、あまり見たことがありません。
istockphoto (154865)

39 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

いい腕時計、いいブランドの条件とは~腕時計はいいものだけを着ける

いい腕時計、いいブランドの条件とは~腕時計はいいものだけを着ける

数多くある時計ブランドの中で、いったいどの時計を選べばよいのでしょうか。基準ってあるの?いい時計の定義とは?機械式時計を買う時に、後悔がないように最低限、これくらいはチェックしようというものを書いてみました。是非、参考にどうぞ。
yusapapa | 4,892 view
【ブランド探究】グランドセイコーの良いとこ悪いとこ 国産最高峰

【ブランド探究】グランドセイコーの良いとこ悪いとこ 国産最高峰

ブランド探究、今回はグランドセイコーについて書かせていただきました。国産最高峰と誰もが認める、素晴らしい時計を世に送り出している同社。一昔前のイメージでは、おじいちゃんの時計、みたいなことを言う人もおりましたが、今は大分と変わってきているようですよ。
yusapapa | 7,282 view
【ブランド探究】ブライトリングの良いとこ 悪いとこ まさに計器!

【ブランド探究】ブライトリングの良いとこ 悪いとこ まさに計器!

ブランド探究、今回はブライトリングについて書かせていただきます。熱狂的なファンをもつブライトリング。一腕時計として見た場合、見た目のかっこよさは、時計界随一かと、個人的には思います。時計というよりは、まさに計器。知れば知るほど、欲しくなってくること間違いなしです。
yusapapa | 7,280 view
【腕時計レビュー】私の時計の秘蔵っ子。ジャガールクルト マスターコントロールレビュー

【腕時計レビュー】私の時計の秘蔵っ子。ジャガールクルト マスターコントロールレビュー

今までロレックスやサブマリーナ等の時計をレビューを書いていました。ここで、私の時計の秘蔵っ子ジャガールクルト、マスターコントロールをレビューします。
Black monster | 11,802 view
ジャガー・ルクルト ~マスターの系譜~これぞ渋い大人の味

ジャガー・ルクルト ~マスターの系譜~これぞ渋い大人の味

ルクルトと言えばレベルソ!と多数の意見はさておき、今回はクラシックなラウンドフォルムで 飽きずに使えるマスターコントロールを掘り下げていきたいと思います。
セレナダディ | 7,130 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yusapapa yusapapa
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
腕時計専門フリーマーケット
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
腕時計専門のフリーマーケット
腕時計専門フリマ