2016年11月14日 更新

【サブマリーナと革ベルト】ロレックス秋冬最強カスタムやってみた ~14060M編~

ロレックスサブマリーナのカスタムにおいて、夏はナイロンベルト、秋冬はレザーベルト一択である。 サブマリーナ14060MをNATOベルトからレザーベルトへ交換衣替えレビュー

46,725 view お気に入り 0

ナイロンの季節はレザーの秋、そして冬へ

この夏、ロレックス サブマリーナ14060Mの夏カスタムを楽しむために様々なNATOストラップやパーロンストラップに交換した。
NATO&Perlonストラップ

NATO&Perlonストラップ

この夏だけで10種類くらい購入
NATOストラップカスタムのきっかけは以前の記事でも紹介した映画007でジェームズボンドがサブマリーナにストライプのNATOストラップを装着していた事に由来するが、その後もNATOストラップだけではなく、編みこみ状につくられているパーロンストラップに交換したり、ロレックスをカジュアルダウンして楽しんだ。

【NATOストラップ】夏ロレックスはナイロンストラップでキマる - 時計怪獣 WatchMonster|腕時計情報メディア

【NATOストラップ】夏ロレックスはナイロンストラップでキマる - 時計怪獣 WatchMonster|腕時計情報メディア

しかし、季節は巡り、短い夏は終わりを告げる。

しかし、ロレックス×NATOストラップは夏だけに許されたカスタムなのか?
いや、そんなことは無い。

通年イケる。
コーディネートに合わせてカラーや素材を替えればまったく問題なしだ。
(パーロンは夏感が強いかな・・・)

ただ、秋冬には秋冬にこそ許されたカスタムがあるのだ。

レザーベルトの季節

ロレックス デイトナ 116515LN

ロレックス デイトナ 116515LN

レザーベストが標準装備されているモデル
そう、レザー(革)ベルトの登場である。

なぜ、秋冬は革ベルトなのか?

最大の理由は「気温」

夏の暑い時期はどうしたって汗をかく。
時計のベルトがあたっている手首の部分は汗が溜まってしまう。

SSベルトやナイロンベルトならザッと水洗いすればよいだけ。
しかしながら、革ベルトはそうはいかない。

汗でぬれた部分は痛むし、なによりも臭くなってしまう。

涼しくなった季節こそが革ベルトが登場するベストタイミングなのである。

ロレックス レザーベルト選び

サブマリーナ14060Mの場合

ご存じのようにロレックスサブマリーナ14060Mに革ベルトは付属しない。
上述のデイトナのように純正革ベルトは存在しない。

ならばどうするか?

14060Mに装着できるロレックス純正品ではないベルトを探して装着するのみである。

気を付ける点は「カン幅」

カン幅とは時計ケースとベルトをつなぐラグ部分の幅。
この幅は時計によって18mm、20mm、22mmなど、様々なので時計にあった幅のベルトを選ぶ必要がある。

ロレックス サブマリーナ14060Mの場合は「20mm」

20mmであれば大体OK、のはずだったのだが、
まさかの盲点があった。
ベルト幅に注意

ベルト幅に注意

サブマリーナは20mm幅

ケースとバネ棒の間の幅

この幅を通らないレザーベルトがあったのだ。

いくつか購入したうちの一つに、ややゴツめの無骨なNATOタイプのレザーストラップがあった。

これがなんとケースとバネ棒の間を通らなかったのである。

ベルトの厚みが1.2mmくらい。
どうやっても通らない。

バネ棒そのものを径が小さいものに交換して、ケースとバネ棒の間を広げる、という回避技もあるようだが、今回はそこまでしなかった。

ロレックス用革ベルトは大きく分けて2種類

NATOタイプベルト

ご存じ、ナイロンストラップでおなじみのNATOタイプ。
無骨でアンティークな雰囲気に。
個人的にはこちらが好みだが、ケース・バネ棒幅問題があるので、現在検討中。

通常のベルトタイプ

クロコ風など型押しタイプも多く、オーセンティックで落ち着いた印象に。

ベルトの接続部分に外したバネ棒を通し、装着する。

今回は通常タイプの20mmレザーベルトを採用

購入した20mm革ベルト

購入した20mm革ベルト

Amazonで3000円くらい

毎度おなじみのAmazonにて購入。
価格や種類はまさにピンキリの品ぞろえ。
とりあえずお試しで安めのものをチョイス。

交換にはバネ棒外しが必要

バネ棒外し

バネ棒外し

傷がつく事もなるので自信が無ければ時計屋さんへGO
慣れれば簡単な作業

慣れれば簡単な作業

外したバネ棒をベルトの端に差し込み、再装着
43 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ロレックス×レザーベルト】ナイロンだけがNATOじゃない~サブマリーナ14060M~

【ロレックス×レザーベルト】ナイロンだけがNATOじゃない~サブマリーナ14060M~

ロレックスの交換ベルトとしてのおなじみのNATOストラップ。秋冬はレザータイプを選択するのが正解だ。交換方法やレザーNATOベルトの良し悪しを徹底解説。
とひのかな | 13,126 view
【ロレックスのミリタリー感とは】サブマリーナのNATOストラップカスタム

【ロレックスのミリタリー感とは】サブマリーナのNATOストラップカスタム

もはや定番化している「サブマリーナ×NATOベルト」。しかしながら、どうしてもなにか物足りない。 カギを握るのは“ちょっとしたミリタリー感”だった。ロレックス替えベルト探究記~第5弾~
とひのかな | 9,129 view
ロレックス 愛用のサブマリーナカスタム計画~ベルト&ベゼル +おまけ料理レシピ付

ロレックス 愛用のサブマリーナカスタム計画~ベルト&ベゼル +おまけ料理レシピ付

中古のサブマリーナ(ref.16610)を購入して約10年間の月日が経ちました。 そろそろ2台目を購入しようと思いましたが愛用のサブをカスタムするのも面白そうなのでカスタム計画を立てました。
今日から半袖 | 4,000 view
【ロレックス】この夏欲しいメンズ3モデルを比較してみた。~ノンデイト編~

【ロレックス】この夏欲しいメンズ3モデルを比較してみた。~ノンデイト編~

ロレックスのノンデイトモデルの代表格、サブマリーナ、エクスプローラー、ミルガウスの3モデルを自分なりに比較してみました。それぞれとても特徴があるモデルなので、結果が楽しみですね。
manual | 16,608 view
【夏のテッパン】結局、間違いないのはサブマリーナ。狙うは旧型です。【レビュー&入荷情報】

【夏のテッパン】結局、間違いないのはサブマリーナ。狙うは旧型です。【レビュー&入荷情報】

夏の時計はダイバーズ、これはもう決まり。ダイバーズならサブマリーナ、これももう決まり。スタンダードが間違いない!結局みんな好きなんだって!!
| 11,434 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

とひのかな とひのかな
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
お得なキャンペーン!
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
腕時計専門のフリーマーケット
腕時計専門フリマ