2016年12月11日 更新

【プアマンズGS?】セイコー5 SNKE01

私が持っているお気に入りのセイコー5コレクションの中から、今回はスタンダードな7s26ムーブメントを搭載したレギュラー版セイコー5、SNKE01をご紹介。海外のファンからはプアマンズGS(貧者のグランドセイコー)とも呼ばれるこの腕時計の魅力にせまります。

12,818 view お気に入り 0

SEIKO5 SNKE01

SNKE01

SNKE01

・スペック

ムーブメント 7s26
ケース直径 約38mm
ステンレスベルト(板巻き)
50m防水
シャープなドーフィン針にツヤのある黒文字盤、そしてベゼルに彫られた数字が目を引くモデル。amazonでの実勢価格は11,000円程度(2016/12/6現在)ですが、とてもそうは見えない質感の良さがSNKE01の特徴です。
日本国内では正規販売されていない製品のため、具体的にいつ頃発売されたのかは不明ですが、ネット上の販売情報などを見る限り少なくとも登場から8年は経っており、今でも入荷が続いていることを思うと根強い人気が伺えます。
ブレスレット部分は比較的廉価な板巻きブレスを採用しています。これは他のセイコー5レギュラーシリーズのほとんどがそういう仕様ですし、この値段なら仕方のない部分と言えます。
ブレスは後から交換することも可能なので、そこを安く抑えて肝心の時計本体の作りにウェイトを置くという取捨選択は、製造コストの限られた低価格帯時計としては理にかなっているのかも知れません。

バリエーション

SNKD97

SNKD97

SNKE03

SNKE03

色違いのバリエーションとしてSNKD97(白文字盤)、SNKD99(青文字盤)、SNKE03(ブラックIP仕様)などが存在します。黒文字盤のSNKE01はスポーツ感の強さが際立ちますが、白文字盤は爽やかさとスポーティーさのバランスが取れていてこれもなかなか良いです。
IP(イオンプレーティング:メッキ処理)でブラック一色となったSNKE03も赤い秒針がアクセントになっていて個性的。
なお、他のセイコー5やセイコー海外販売モデル全般に言えることですが…見た目は全く同じなのに、型番の末尾に「〇〇J1(JC)」、あるいは「〇〇K1(KC)」という二種類の表記が存在します。
これはその製品の製造国を表しており、J1と付くJモデルは日本製、K1のKモデルは海外製とされています。製造場所が違うというだけで、同じ型番同士であればJ・Kいずれもスペックは全く同一です。
またムーブメントの精度、外装の仕上げなど品質面でも両者に大きな差は見られないと思いますが、それでも流通経路の違いか、はたまたメイドインジャパンのブランドによるものかJモデルの方がやや高値で販売されていることが一般的です。
他にJモデルとKモデルの目に見える違いとしては、文字盤7~8時方向に書かれた「MADE IN JAPAN」表記の有無と、カレンダーの曜日に用いられる言語などが挙げられます。(Jモデルは英語+アラビア語等、Kモデルは英語+スペイン語等)

MY SNKE01

ここからは私の所有するSNKE01を紹介します。
SNKE01J1

SNKE01J1

via くろ
約38mmという現行としてはやや小さめのケースサイズが手首の細めな私の体格にはピッタリです。
横幅だけでなくケース上下の幅もやや詰まっているため、よりスッキリして見えます。
腕時計のリューズは3時位置にあるのが一般的ですが、セイコー5やセイコーダイバーズ(一部オリエント製品も)は4時位置に付いているものも少なくなく、手首に干渉しにくい作りになっています。
SNKE01J1

SNKE01J1

via くろ
前述したようにセイコー5レギュラーは標準で付属するブレスレットが板巻きタイプなので、グレードアップを図るためブレスをソリッドタイプ(※1)に交換しています。交換に使用したのはセイコー5スポーツのSKZ209・俗称「アトラス」というモデルのブレス。
SNKE01やその同型モデルはラグに「弓カン(フラッシュフィット ※2)」と呼ばれるパーツを装着しないタイプで、ブレス側の中ゴマと直接繋がる形になります。ケース側のラグ幅はおよそ10mmなので、同じく中ゴマの幅が10mmのアトラスブレスとは隙間なくピッタリ装着させることが可能になるわけです。
このブレスはセイコー5系では珍しく無垢なので質感は良好。板巻きと違ってコマ間の可動範囲がそれなりにあるので、標準ブレスのままではできないベタ置きもできるようになりました。
あと…この狭いラグ幅を見てお分かりの通りこの腕時計には革ベルトやNATO(ナイロン)ベルトは装着できません。革ベルトならラグ幅に合わせてカットすれば着けられなくもなさそうですが、そこは自己責任で^^;
※1…金属板を折り曲げて形づくったコマを板状の金具で繋ぐ板巻きタイプとは異なり、金属の塊から成型したコマを用いたブレスレットのこと。俗に「無垢ブレス」とも言う。
※2…腕時計のラグ部分に装着するパーツで、金属ブレスレットと腕時計本体の間にできる隙間を隠す等の意味合いを持つ。
SNKE01J1

SNKE01J1

35 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

手ごろな値段で機械式腕時計を楽しめる!セイコー5の世界

手ごろな値段で機械式腕時計を楽しめる!セイコー5の世界

安価さと信頼性を両立し、国内外問わず人気の高い機械式腕時計「セイコー5(ファイブ)」。その魅力をお伝えします。
くろ | 113,620 view
【蘇るフジツボ】SEIKO セイコー5スポーツ SSA281

【蘇るフジツボ】SEIKO セイコー5スポーツ SSA281

今回ご紹介するのは、70年代に発売された「セイコー・スピードタイマー」を思わせるクラシカルなデザインで発売直後から注目を集めていたあのアイテム。オールドセイコーのファンにもおすすめの懐かしスタイルは一見の価値あり!
くろ | 5,040 view
【輝くシルバー】セイコー5・SNKF47をレビュー おすすめ!

【輝くシルバー】セイコー5・SNKF47をレビュー おすすめ!

私のセイコー5コレクションの中から、今回はシルバー文字盤がまぶしいSNKF47をご紹介。個人的にもお気に入りのおすすめの一本です。
くろ | 3,702 view
【碧きサムライ】セイコー・プロスペックス SRPB09をレビュー!

【碧きサムライ】セイコー・プロスペックス SRPB09をレビュー!

かつて”サムライ”の愛称で人気を博したモデルの復刻バージョンとして今年2月頃に数量限定発売され、大いに話題となったセイコー・プロスペックス「SRPB09」。これからの時期にピッタリな鮮やかな青が魅力的なこのモデルを紹介していきます。
くろ | 6,474 view
【アトラスの系譜】セイコー5最重量?セイコー5スポーツ・SKZ225をレビュー

【アトラスの系譜】セイコー5最重量?セイコー5スポーツ・SKZ225をレビュー

多彩なバリエーションを誇るセイコー5の中でも抜群のゴツさで異彩を放つアウトドア系モデル・SKZ225。存在感たっぷりの重量級ボディをご覧あれ^^
くろ | 2,217 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

くろ くろ
腕時計専門マーケット

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
腕時計専門マーケット
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
腕時計専門マーケット
大黒屋 宅配買取キャンペーン