2017年4月2日 更新

セイコー SBDX019 限定2000本 プロスペックス ダイバースキューバ ヒストリカルコレクション 国産ファーストダイバーズウオッチ 復刻デザイン

日本が、セイコーが、本気で作った初めてのダイバーズウォッチ。その復刻デザインがリリースされました。ほぼ完全に復刻された外観に現代のスペックを搭載。幻のモデルだけに、この夏ブレイク間違いありません!

11,507 view お気に入り 0

PROSPEX ダイバースキューバ SBDX019

SBDX019

SBDX019

数量限定 2,000本

350,000円+税
バーゼルワールド2017に合わせて、セイコー プロスペックスから発表された新作はなんと!幻のセイコー・ファーストダイバーでした!

ヒストリカルコレクションとして1965年に誕生した国産ファーストダイバーズウオッチの復刻デザインを数量限定 2,000本、国内定価350,000円+税で2017年7月8日に発売します。
6217-8001 Cal.6217 オートマチック(...

6217-8001 Cal.6217 オートマチック(手巻き機構なし)

オリジナルの画像。

もうほとんど同じ。
文字盤みると、防水表記が違うくらいですね。

ケース径もオリジナルは37mm程度、今回の復刻モデルは現代風に約40mmです。
gettyimages (122969)

ファーストダイバーは1966年から日本南極地域観測隊越冬隊(第8次)が使用したプロフェッショナルモデルなのです。

ヒストリーがありますね。
更には50年も前にモデルに加え、生産年数が3.4年と極めて短いため市場に出回っている個体は僅か。
実物を見る機会もありません。
SBDX019

SBDX019

グランドセイコーが分離した初年度、プロスペックスも負けていられません!という事で記念モデル的な意味合いが込められているのかも知れません。

非常に、ファンには嬉しいリリースとなりました。
スペックを見ていきましょう。

<SPEC>
ヒストリカルコレクション 国産ファーストダイバーズウオッチ 復刻デザイン
SBDX019
限定2,000本
ムーブメント Cal.8L35(自動巻(手巻つき))
ステンレスケース シリコンバンド
ボックス型サファイアガラス
ルミブライト夜光
200m防水
ケース径39.9mm×厚さ14.05mm
逆回転防止ベゼル
ねじロック式りゅうず
350,000円+税
因みに1965年のオリジナルは
37mm
両回転ベゼル
非ねじ込みりゅうず
ムーブメントCal. 6217A(自動巻き(手巻きなし))
ムーブメントのCal.8L35は高級ラインに搭載される自動巻きムーブメントですね。

雫石高級時計工房製のダイバーズウオッチ専用機械式ムーブメントだそうです。
※因みに今年の新作のグランドセイコーダイバーウォッチにはCal.9S85が入っています。
 (122976)

オリジナル同様にケースバックには「イルカ」が描かれています。
スクリューバックも同じです。

復刻版には限定生産のナンバリングがされています。
1965とかになったら激熱ですね。
※因みに発売されたのが1965年で、製造は1964年からあります。
 (123011)

チャコールグレーの文字盤も雰囲気がありますね~。
放射状に広がるサンレイダイヤルで、見る角度で色々な表情になります。
こう、もうね、最初から「黒」じゃなくてグレーを選ぶあたり、さすがセイコー!
オリジナルのデザイナーさんに拍手です。

見た目はビンテージですが、現代のスペックですので防水性以外もパワーアップしたのが耐磁性!
4,800A/mまで耐えうる耐磁性能を持っています。
 (122979)

ステンレスのブレスも替え用に付いていますので、気分で交換して楽しめます。

さあ、オールドセイコーファンの方々はこの復刻をどう見ているのでしょうか?
「買い」なのか「オリジナル主義」なのか・・・

それにしても、ビンテージより高いのが気になります(笑)

本来ならそうあるべきなのでしょうが、ほら、ロレックスとかオメガとか「ビンテージ」は「高い」ってイメージありますよね?
取り引き価格が復刻モデルよりオリジナルの方が安いってのも日本のメーカーだからなんですけどね。

ブランド価値って本当に難しいですねぇ・・・。
個人的には激熱なので「欲しい」んですけどね。

ヒストリカルコレクション 国産ファーストダイバーズ現代デザイン

SBDC051

SBDC051

100,000円 + 税

2017年7月発売予定
SBDC053

SBDC053

80,000円 + 税

2017年7月発売予定
ファーストダイバー(オリジナル)に現代的なアレンジを加え、汎用性と実用性を向上させたのが現代デザインの2本。

まぁいつものプロスペックスって感じです。
可もなく不可もなく。
Cal.6R15(自動巻(手巻つき))
ステンレスケース42.6mm x 厚さ13.8mm
カーブサファイアガラス
200m防水
スクリューバック
逆回転防止ベゼル
ねじロック式りゅうず
秒針停止(ハック)機能

ネイビーモデルには蛇腹式の強化シリコンストラップを採用。
復刻版に比べると、対して格好良くも無い感じは・・・こう気合を感じませんね。

新シリーズのトランスオーシャンの方が良い感じなので、わざわざ出す必要があったのかな?
せめて黒文字盤で無くメタリックグレーなりにしてほしかったよ。

まとめ

Seiko&#39;s first diver&#39;s watch...

Seiko's first diver's watch from 1965 is re-invented in the Prospex collection. SLA017

国内2000本の限定ですねぇ、ネックは。
グランドセイコーファーストの復刻も気になりますし、今年のセイコーはヤバい!

あとはオメガのマスタートリロジーもありますし「ヘリテージ」ブームが憎い!
どれが本当に欲しいのか、自分に問い正さなくてはいけません。

SLA017というモデル名で海外展開もあるので、合計2000本なのか、合計4000本なのかどうなんでしょうね?
27 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【碧きサムライ】セイコー・プロスペックス SRPB09をレビュー!

【碧きサムライ】セイコー・プロスペックス SRPB09をレビュー!

かつて”サムライ”の愛称で人気を博したモデルの復刻バージョンとして今年2月頃に数量限定発売され、大いに話題となったセイコー・プロスペックス「SRPB09」。これからの時期にピッタリな鮮やかな青が魅力的なこのモデルを紹介していきます。
くろ | 11,788 view
なぜグランドセイコーはさらなる高みをめざして独立したブランドに? バーゼルワールド2017

なぜグランドセイコーはさらなる高みをめざして独立したブランドに? バーゼルワールド2017

セイコーブランドの高級ラインとしてクレドールと並びセイコーを代表する「グランドセイコー」が、バーゼルワールドのタイミングに合わせ独立したブランドになりました。無印良品(良品計画)が西友から独立した感じでしょうかね?※お問い合わせなどは同じ住所ですので、子会社化はしていませんね。
ZENMAI | 12,063 view
セイコー2017年新作プロスペックス SRPB11(タートル)SRPB09(サムライ)SRPA83(ツナ缶PADI)逆輸入ダイバーウォッチの系譜⑲

セイコー2017年新作プロスペックス SRPB11(タートル)SRPB09(サムライ)SRPA83(ツナ缶PADI)逆輸入ダイバーウォッチの系譜⑲

ココ東京が独断でお届けするコスパに優れた逆輸入ダイバーウォッチ。今回はセイコーUSAのインスタグラムから新作のお知らせです!タートルケースの新作、サムライモデルの新作をダブルリリース。アイスランドの温泉ブルーラグーンから名付けられた美しいブルーカラーが特徴の2本のダイバーウォッチは限定モデルです。そしてダイビングスクールPADIとのコラボがまた登場です!ツナ缶仕様で人気がでること間違いなし!
ココ東京 | 21,840 view
実際どうなの? セイコー SBDC045 プロスペックス ダイバースキューバ トランスオーシャン ゼロハリバートンコラボレーション限定モデル

実際どうなの? セイコー SBDC045 プロスペックス ダイバースキューバ トランスオーシャン ゼロハリバートンコラボレーション限定モデル

2016年の新モデル「セイコー プロスペックス ダイバースキューバ"トランスオーシャン"」からリリース記念で登場したゼロハリバートンとの限定コラボレーションモデルSBDC045をレビュー。格好良い都会派オシャレダイビングウォッチの形を満喫します。これ、超格好良いですよ!本当に。アンダー10万円になったら皆飛びつきましょう!
ZENMAI | 16,367 view
SEIKO PROSPEX DIVER SCUBA Produced by LOWERCASE にソーラークロノグラフが登場

SEIKO PROSPEX DIVER SCUBA Produced by LOWERCASE にソーラークロノグラフが登場

〜LOWERCASEプロデュースのSEIKO DIVER SCUBAの新モデルが登場!〜 満を持してか、少々時期尚早なのか。人気品薄だったダイバースキューバの第2弾が、発表となった。今回は、ソーラークロノグラフとして戻ってきたダイバー。発表された3種類から、何れを選ぶべきか
ミゾラー | 7,249 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ZENMAI ZENMAI
腕時計専門マーケット

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
腕時計専門マーケット
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
腕時計専門マーケット
大黒屋 宅配買取キャンペーン