2018年6月5日 更新

合併と吸収、共同経営で発展してきたスイス時計メーカー、今後は?

スイス時計メーカーの歴史は合併と吸収の繰り返しです。殆どの時計メーカーは合併吸収を繰り返して今に至っています。今日は合併したメーカーを紹介、今後の時計ブランドの業界動向も私Goroの目線で紹介します。

5,277 view お気に入り 0
フランソワンを迎え、約200年の年月を経て国際的な高級時計ブランドへ成長したヴァシュロン・コンスタンタン。この当時の経営判断があったから今日のヴァシュロン・コンスタンタンがあるのでしょう。
スイスの高級ラグジュアリー時計 - Vacheron Constantin (197480)

ボーム&メルシエ、宝飾氏を迎えての共同経営

歴史 (197490)

1830年創業のボーム&メルシエも共同経営の時計ブランドです。セレスタン・ボーム兄弟が宝飾師のルイ=ヴィクトールを迎え入れて現在に至っています。
時計製造の芸術 (197491)

このシースルのケースバックは好感が持てます。シースルを意識したパーツの配置など細部にこだわっています。
トケマー:美品 BAUME&MERCIER ボーム&メルシエ クラシマエグゼクティブ MOA08689 黒文字盤 メンズ 42mmケース 自動巻 本物 (197626)

このボーム&メルシェは伝統的なブランドの割にはリーズナブルの価格帯の時計が多い事に好感が持てます。
トケマーでも数が少ないですが、中古価格と新品との価格差が少ない印象を受けました。
私も今回初めてこのブランドを知りましたが、価格設定とデザインの良さを知り今後注目してゆきたいと感じました。

“キャビノチェ”達の集まりから、ウォッチカンパニーへ

Watchmaker in foreground wh...

Watchmaker in foreground while working with a wristwatch

上の2つのブランドが共同経営となった時期はそれぞれ1819年と1830年でした。そして名門『パテック・フィリップ』もポーランド移民の【アントワン・ド・パテック】とフランス人時計職人【アドリエン・フィリップ】が設立した時期も1839年とほぼ同じ時期に共同経営でブランドを立ち上げています。
18〜19世紀の時計職人はキャビノチェ、製造から販売から一貫して行う彼等の総称です。当時屋根裏部屋で作業をしていた事からこう呼ばれていました。
アルチザン(職人)として活躍していた、当初の彼等のクライアントは一握りのお金持ちのみでした。
しかし徐々に彼等の顧客は広がりを見せていきます。
当時のヨーロッパは近世から近代への移行期でした。キャビノチェ達の顧客にも変化が訪れます。
17世紀〜19世紀の広がった中産階級【ブルジョワジー】の台頭の時期とキャビノチェ達が共同経営という形での、合併の時期はほぼ重なります。
この頃より時計産業は市場拡大のため経営の効率化を求められて、時計工房からウォッチカンパニーへと成長して行ったのです。
42 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ロレックスなど高級腕時計の委託販売・代行出品はトケマー

ロレックスなど高級腕時計の委託販売・代行出品はトケマー

ロレックスはもちろん高級腕時計の委託販売を受け付けます。買取より高く売りたい、出品が面倒だから委託したいという希望にお答えします。まずは実績をご覧下さい。
WatchMonster管理者 | 19,578 view
2/15トケマー新入荷情報!おすすめ時計をご紹介!

2/15トケマー新入荷情報!おすすめ時計をご紹介!

時計怪獣WATCH MONSTER トケイのマーケット「トケマー」新入荷商品情報です! 入荷した商品からウォッチモンスター管理人のおすすめ商品をピックアップ!全てお買い得、間違いなし!
WatchMonster管理者 | 1,628 view
Rolexはなぜミステリー?秘密を紐解く

Rolexはなぜミステリー?秘密を紐解く

人気腕時計ブランドRolex、会社自体は凄くミステリーな会社です。今日は英文サイトを中心に調べたRolexのミステリーや噂を紐解きます
goro | 6,656 view
【男心をくすぐる】そりゃ『スケスケ』が好き!!【販売情報&5選】

【男心をくすぐる】そりゃ『スケスケ』が好き!!【販売情報&5選】

男心をくすぐるものといえば何でしょう?乗り物?腕時計?はい、どちらも正解ですが、男の子はとにかく『メカ』が大好きですよね!
| 5,827 view
【ミドルレンジが熱い!】 ハミルトン H38716731 イントラマティック68 レビュー

【ミドルレンジが熱い!】 ハミルトン H38716731 イントラマティック68 レビュー

ミドルレンジで一番の人気を誇るハミルトンから、歴史的なモデルを復刻した「イントラマティック68」が登場。既に限定分1968本が完売となっているこのモデルの魅力を歴史的観点から紐解いていく。
ユウキチ | 6,248 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goro goro
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
毎日入荷!お気に入りに追加!
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
トケマー宅配買取
ロレックスが安い!他社とご比較下さい!