2017年1月15日 更新

ジャガールクルト レベルソ派

ジャガールクルトと言えば、古くから腕時計の心臓部であるムーブメントを一貫製造するマニュファクチュールで有名ですね。代表的なモデルである「レベルソ」シリーズ。ジャガールクルトと言えばレベルソ!というのは他のモデルをお持ちの方に失礼かもしれませんが、レベルソ派の私には関係ありません。全国のレベルソ派集まれ〜!

5,601 view お気に入り 0

ジャガールクルトはマニュファクチュール

レベルソ・デュオ Q2718410

レベルソ・デュオ Q2718410

どっちが好み?
ジャガールクルトはスイスのジュウ渓谷、ル・サンティエ村に拠点を置く19世紀前半創業の高級時計マニュファクチュールです。その前身は、1866年、創業者であるアントワーヌ・ルクルトが息子とともに起こしたLeCoultre & Cieという工房で、これは当時、まだ時計製作が数百の小さな家内工房に依存していた中、時計製作に関わる数多くの技術を一つ屋根の下に集結した初めての本格的なマニュファクチュールでした。
従業員は500人を数え、LeCoultre & Cie は「ジュウ渓谷のグランド・メゾン」として知られるようになります。そして時計製作にかかわる多くの発明、数々の高品質なタイムピースを作りだしていきました。その技術が認められ、1902年以降30年間にわたり、LeCoultre & Cie は、パテック・フィリップ向けムーブメントの大半を製造していました。

1907年、エドモンド・ジャガーからの依頼により、アントワーヌ・ルクルトの孫にあたり、LeCoultre & Cie の製造責任者だったジャック・ダヴィド・ルクルトは、厚さ1.38mmという世界で最も薄い超薄型懐中時計のキャリバーを製作します。

こうしたジャガーとルクルトの協力関係が発展し、1937年、ジャガー・ルクルト ブランドが正式に誕生。

これまでに数百の発明と1,000種類以上のキャリバーを開発しており、そのなかには世界最小キャリバーや世界で最も複雑な腕時計、そして人の手を介さずに半永久的に動くタイムピースも含まれます。今日、ジャガー・ルクルトは、8つの時計コレクションを展開。海洋保護やモータースポーツ、ポロなど、多様な分野で複数のパートナーシップを維持しており、まさに時計製作における技術力の塊のようなメーカーなのです。

"動きの裏側" - YouTube

ジャガー・ルクルトのマニュファクチュールの見学はまるで旅のようです。物語のように次々と出会いが訪れます。各アトリエは独自の音、雰囲気、特有のスピリットに包まれています。そして、1つ1つのディテールや言葉など、随所に情熱を感じ取ることができます。 詳細を見る: http://bit.ly/1SbRb0F

ルクルトの象徴「レベルソ」

Luxury wrist watch on carbon

Luxury wrist watch on carbon

そんなジャガー・ルクルトが作りだした代表的な時計が「レベルソ」です。ケースが反転するという特徴ある作りなのでルクルトをご存知の方なら誰でも知っているモデルでしょう。

レベルソが生み出されたきっかけは、
1931年、当時イギリス植民地だったインドにて、イギリス軍の将校がジャック・ダヴィド・ルクルトに、同国を象徴するスポーツである、ポロ競技の際の衝撃に耐えることができる腕時計の開発を依頼したことから始まります。

そこで考え出された時計がレベルソです。ラテン語で「回転する」という意味を持つレベルソは、ケースを反転させることで、ダイヤルは手首と向かい合うように姿を隠し、アールデコ調のクラシカルなデザインで、エレガントな装いをそのままに、衝撃から腕時計のガラスを保護できる仕組みとなっています。ジャガールクルトの代名詞とも言えるアイコンの誕生です。
グランド・レベルソ・カレンダー Q3758420

グランド・レベルソ・カレンダー Q3758420

The Story of Jaeger-LeCoultre - YouTube

ポロ競技とは?

ポロ競技

ポロ競技

ちょっと余談になりますが、ポロ」って何?という方のために簡単に説明すると、

ポロは世界で最も古い歴史をもつ競技の一つです。紀元前6世紀のペルシャ(現在のイラン)を起源とし、騎馬隊の軍事訓練としてインド、中国、日本へ伝播しました。
19世紀になり、英国人によって近代ポロのルールが制定されました。植民地インドでポロを「発見」した英国兵士たちが、ロンドンにこの競技を持ち帰ったことをきっかけに、ヨーロッパ各国に広まったと言われています。

270x150mというフットボールの9倍の広さがある競技場を使い、1チームは通常4人で構成されます。馬に乗り、マレットと呼ばれるスティックで球を打ち、相手チームのゴールに運べば得点となる。競技時間は7分間×6回で、1人の選手は試合中4頭まで馬を替える事ができる。また、一頭の馬を連続して出すことは出来ません。

ここまででお分かりのように、ポロという競技は馬を最低2頭保有していないと競技ができません。普通に考えて一般庶民にはまったく縁遠い競技ですね。そういう方が1チーム4人、相手チームも入れて計8人。馬が走れる広いフィールドも必要です。そんな場所も日本にはなさそうですね。調べてみると日本の競技人口は3人しかないため、チームを組むために海外に出向くとか・・・。貴族のたしなみとでもいうのでしょうか。庶民の私には理解できません。

ちなみに、競技者が着ている服が、みなさんご存知の「ポロシャツ」です。

ルクルトはレベルソだけじゃないよ

マスターコンプレッサー デュアルマティーク Q1738170

マスターコンプレッサー デュアルマティーク Q1738170

「ジャガー・ルクルトと言えばレベルソ」という位非常に印象的な時計であり、今でも私が欲しい時計の一つになっています。でもなぜか最初に購入したルクルトはマスターコンプレッサー デュアルマティークでした。

このデュアルマティークという時計は、防塵、防水性の高い独自の圧縮キーを装備した「マスター・コンプレッサー」シリーズのうち、GMT機能を備えたモデルです。全体の機能としては、日付表示、スモールセコンド、GMT表示針、セカンドタイム表示ディスク、インナーダイアル竜頭、圧縮キー付き竜頭があります。この圧縮キー付き竜頭は、回転することで竜頭を締め付けて防水性を高める仕組みとなっているルクルト独自の機構です。
残念ながら、GMT機能は使用期間中に実用的な使い方をした事はありませんでしたが、この通りいろいろなギミックが備え付けられておりかなり楽しめました。
ありがたいことに、SSブレスと革ベルトが付いていて、気分に応じて付け替えが出来ましたので、一年通して飽きずに長く愛用できたのも良かったです。

マスターコンプレッサーって?

デュアルマティークの裏蓋

デュアルマティークの裏蓋

裏蓋の金色部分は、マスターコンプレッサーとして1000時間のコントロールテストに合格した証です。
今日、キャリバー101とアトモスを除く、すべてのジャガー・ルクルト製タイムピースには、1000時間コントロールテストが実施されています。

このテストはマスター・コントロール ラインに端を発するもので、1992年、信頼性と精度を向上させる目的で1000時間、つまり6週間以上に及ぶ6つの検査が完成した腕時計に課されました。その後、マスター ラインは、マスター・ウルトラスリム、マスター・グランド・トラディション、マスター・エクストリームと続いています。

マスター・コンプレッサーは、ハイテクケースと高級時計製造ムーブメントを組み合わせたラインです。
マスター・エクストリーム ラインに含まれるマスター・コンプレッサーは、1965年製メモボックス・ポラリスにインスピレーションを得て、2002年に発表されました。マスター・コンプレッサーの名は、ケースの防水性を保証するジャガー・ルクルト特有の圧縮キーに由来しています。

レベルソばっかりじゃアレなんで...

ランデヴーナイトアンドデイ Q3468121

ランデヴーナイトアンドデイ Q3468121

ランデヴーシリーズのナイトアンドデイ。
ダイヤベゼルでドレッシーな印象です。
マスターカレンダーPG Q1552540

マスターカレンダーPG Q1552540

メテオライト文字盤とピンクゴールドのコントラストが渋いです!
マスタークロノグラフ Q1538420

マスタークロノグラフ Q1538420

マスターシリーズだけあって正確さは折紙付き。見た目も真面目そうな気がしませんか!?
マスターウルトラスリム Q1458470

マスターウルトラスリム Q1458470

薄いです!フィット感良さそうですね〜。
デュオメトル・カンティエーム・ルネール Q6042522

デュオメトル・カンティエーム・ルネール Q6042522

このバランス感はさすがです。とても美しいですね。
アトモス

アトモス

ジャガールクルトが開発した半永久的に動き続ける置時計。ほんの少しの気圧の変化で動力を得るらしい。

レベルソの魅力

レベルソ・グランドGMT Q3028421

レベルソ・グランドGMT Q3028421

このほかにもジャガールクルトには素晴らしいモデルが数多くありますが、個人的にはやっぱりレベルソへの魅力が尽きません。
単なる時計としての役割だけでなく、限られたケースサイズや形状、それに込められた製作者の想いやコンセプト、それを実現するための創意工夫や創業以来のたゆまぬ努力が私たちにひしひしと伝わってくるからかもしれません。
間違いなく世界最高の時計の一つだと言えるでしょう。
これからも、ジャガールクルトの象徴たる時計として、新しい技術を取り込み進化し続けていくことを一ファンとしてひっそりと願っています。
レベルソ・ジャイロトゥールビヨン2 Q2336420

レベルソ・ジャイロトゥールビヨン2 Q2336420

29 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ジャガー・ルクルト】レベルソデュオについて語る(外装編の続き+内装編)

【ジャガー・ルクルト】レベルソデュオについて語る(外装編の続き+内装編)

ジャガー・ルクルトといえば、スイスの機械式時計業界を代表するマニュファクチュールです。なかでも、レベルソデュオは文字盤を反転させ、第2時間帯を表示することが可能な特殊な時計です。手巻きの巻き心地も秀逸です。
reversoduo | 2,699 view
父親に身につけて欲しい腕時計ベスト5

父親に身につけて欲しい腕時計ベスト5

もうすぐ父の日(6/19)ですね。 毎年やってくるこの父の日ですが、母の日に比べて、日ごろの感謝の気持ちを父親に伝えるのはできるようでなかなかできていない気がします。 今年こそははあなたの気持ちを言葉や形にして伝えてみてはいかがでしょうか?そんなわけで今回は『父親に身につけて欲しい腕時計ベスト5』を選んでみました。※あくまでも私の独断ですのであしからず(順不同)。
流来時 | 13,657 view
マニュファクチュールオーナーになろう【コスパ重視3選】

マニュファクチュールオーナーになろう【コスパ重視3選】

マニファクチュール(自社一貫生産)の腕時計と言えば「高くて手が出ない」というイメージを持たれている方も多いと思います。 本日はマニファクチュールの腕時計の中でも良心的な値段設定ながら本格派の3本をご紹介したいと思います。
ギロチン | 4,817 view
5/2トケマー新入荷情報!おすすめ時計をご紹介!

5/2トケマー新入荷情報!おすすめ時計をご紹介!

時計怪獣WATCH MONSTER トケイのマーケット「トケマー」新入荷商品情報です! 入荷した商品からウォッチモンスター管理人のおすすめ商品をピックアップ!全てお買い得、間違いなし!
WatchMonster管理者 | 2,261 view
【ジャガー・ルクルト】レベルソデュオについて語る(外装編)

【ジャガー・ルクルト】レベルソデュオについて語る(外装編)

ジャガー・ルクルトのレベルソデュオを紹介します。昨年ディスコンになってしまいましたが、いまだに人気があるようです。オーナーならではの視点で機能とデザインについて語ります。
reversoduo | 4,346 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

流来時 流来時
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
お得なキャンペーン!
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
腕時計専門のフリーマーケット
腕時計専門フリマ