2017年6月28日 更新

【ミドルレンジが熱い!】新作 ハミルトン H32705551 ビューマチックスケルトン レビュー

先日、低迷の一途をたどっていたスイス時計業界が、スイス時計の輸出量と輸出額が20か月ぶりに上昇したと発表。世界的に需要が伸びたのはミドルレンジと言われる低価格帯の時計たちでした。 こんな時代だからこそ、手が届きやすい価格のハミルトンはその価格からは考えられないクオリティを実現。「”ETA”だから興味がない?」その先入観は捨てたほうが良い!ミドルレンジの魅力をご紹介!

4,075 view お気に入り 0

はじめに

ハミルトンはアメリカを発祥とし、現在は世界最大の時計製造グループ“スウォッチグループ”に所属するアメリカの開拓精神とスイスの時計製造技術を融合させた、世界でも珍しい時計メーカーです。
常にアメリカの歴史と共に歩んできたハミルトンは、第二次世界大戦時にアメリカ軍へ100万台以上の時計を納入したことや、世界で最も成功したアシンメトリーの時計“ベンチュラ”で知られ、特に日本においては男性が憧れる時計ランキングでROLEX、OMEGAに次いで上位に名を連ねる有名ブランドとなりました。
クオーツは5万円~、機械式は10万円~で購入が出来る良心的な価格設定と洗練されたデザインを武器に、ミドルラインの筆頭として圧倒的人気を誇るスイスブランドです。

レビュー

 (144425)

H32705551  ¥119,880(税込)

さて本日ご紹介するのは、、切り取られた窓から見えるムーブメントが実に美しいこの最新作!HAMILTON/ハミルトン JazzMaster Open Heart Gentです!!(※H32705551 \119,880 税込)
ハミルトンの中でも、ロングセラーかつ人気作である“ビューマチック オープンハート”を改良し、最新ムーブ搭載、サイズアップしたのがこの新作になります。ちなみに、カタログにはまだ掲載されていません!
これまでのオープンハートは40mmというサイズでしたが、今作は42mmに大きくなり、より存在感を増しました。しかもケースとベルトも一新し、新型の為に設計し直されています。
 (144410)

@ユウキチ
新作という事でHAMILTONのロゴ上には、アップライドの“H”マークが配置され、より高級感を高めています。このHのマークがアップライドなのがポイント!!
通常、コストダウンの為にプリント加工にしてしまいそうなところ、コストがかかるアップライド仕上げにしているのは印象アップですね!さらに、アラビアインデックスと楔型インデックスがスマートな印象を与えます。
さてさて、通常オープンハートと呼ばれるものは、機械式時計の心臓部“テンプ”部分のダイヤルのみをくり抜くことがほとんどですが、ハミルトンのオープンハートは大胆かつ独特な形。
そのくり抜かれた窓からは、最新ムーブメントH-10の緻密な動きとそれに施された「真珠」を意味する装飾“ペラルージュ装飾”を見ることが出来ます。
 (144426)

@ユウキチ
さらっと書きましたが、搭載ムーブメントも変更。
以前はETAの傑作2824-2でしたが、これを改良し80時間のリザーブにしたC07.111を、ハミルトンが独自解釈した新ムーブメントH-10を搭載します。(C07.111との主な違いは石数のみ。)
 (144416)

@ユウキチ
さてさて、デザインとムーブメントについてのご説明はここまでにして、個人的にもっとも評価したい点が一つ。それが裏蓋のスクリューバック仕様。
これまでのハミルトンは、旧ビューマチックもそうですが、裏蓋がビス留めのものが多かったんです。たとえ5気圧防水だとしても、このビスが錆びたり腐食することで水分が侵入して故障というのが稀にありました…。このあたり、コストを抑えるため仕方ないのかなーとも思っていたんですが、ついにスクリューバック式に変更されたんです!!
スクリューバックについては皆さんご存知だと思いますが、わからない方は瓶の蓋を想像して頂くとわかりやすいかと思います。これにより、これまでと同じ50M防水でもより安心して使える様になったんです!!!いやー、実物を見た時に本当にうれしかった
 (144438)

@ユウキチ
革ベルトのモデルはもちろんDバックルを採用しています。傷みにくくなるだけでなく、装着や脱着時に落下するのを防ぐ役割もあります。
さらに、この革ベルトには遊革と定革がない!それに伴い、Ⅾバックルがちょっと変わった形をしています。剣先が外側ではなく内側に入るようになっており、見た目の改善だけでなくバックル金具が腕に直接当たらないことにより、快適な着用感を実現しているんです!!
ちなみに、色やベルトの仕様違いがたくさんあるのもポイント。自分に合うものを選べます!!

まとめ

旧ビューマチックに比べると2万円ほど値上がりした新ビューマチックですが、仕上げやデザイン、ムーブメントを考えるとそれでも12万程という金額は安いと言っていいでしょう。
ちなみに、ハミルトンはこのあたりの新作からシリアルナンバーを採用し、今後並行輸入品との差別化を図る可能性が出てきました。すでに、新作の保証書は記入内容にシリアルナンバー欄が追加されてました…。
38 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ミドルレンジが熱い!】ハミルトン カーキネイビー パイオニアクロノ H77706553 レビュー

【ミドルレンジが熱い!】ハミルトン カーキネイビー パイオニアクロノ H77706553 レビュー

時計業界が低迷する中、熱を帯びてきたのが実用的なミドルレンジの時計たち。 その中から、本日はアメリカ発祥でスイスメイドのハミルトンをレビューしていきます。 ご覧の方の中には、ハミルトンは”ETAポン”だから興味がないとおっしゃる方もいるかもしれません。私もそうでしたしね…。ただ、その先入観はもったいない!低価格でもハイクオリティ。ミドルレンジの魅力をごらんあれ!
ユウキチ | 2,841 view
【ミドルレンジが熱い!】 ハミルトン H77705345 カーキネイビーオープンウォーター レビュー

【ミドルレンジが熱い!】 ハミルトン H77705345 カーキネイビーオープンウォーター レビュー

夏はすぐそこ!ミドルレンジで一番の人気を誇るハミルトンから、軍特殊部隊に捧げたダイバーズウォッチ“カーキネイビー オープンウォーター”をレビュー!デザイン良し、スペック良しで今年の夏大活躍間違いなし!
ユウキチ | 5,221 view
【価格破壊!?】話題のTISSOT最新作 BALLADE POWERMATIC 80 (T108.408.16.057.00) 実機レビュー

【価格破壊!?】話題のTISSOT最新作 BALLADE POWERMATIC 80 (T108.408.16.057.00) 実機レビュー

日本での知名度はまだまだですが世界では圧倒的知名度を誇る“TISSOT”から、価格破壊とも言われている新作“バラード オートマティック”を実機レビュー。BALLADE POWERMATIC 80はすごい!
ユウキチ | 2,840 view
【伝統と革新】TISSOT LUXURY AUTOMATIC COSC 実機レビュー(T086.408.11.031.00)

【伝統と革新】TISSOT LUXURY AUTOMATIC COSC 実機レビュー(T086.408.11.031.00)

トラディショナルウォッチにおける生産数が世界一のTISSOT。国内では知名度、人気度共にまだまだですが、一歩世界に出るとROLEXやOMEGAよりも知名度が高いTISSOTが、時計の本質を捉えようとしたLUXURY AUTOMATICを実機レビュー。
ユウキチ | 1,075 view
【お待たせ!】HAMILTONのBaselWorld2017新作から国内最新入荷モデルをご紹介!

【お待たせ!】HAMILTONのBaselWorld2017新作から国内最新入荷モデルをご紹介!

ミドルレンジの大本命と言われるHAMILTON。今年のハミルトンはちょっと違う!バーゼル発表の新作から、すでに国内正規店に入荷しているモデルをご紹介!BaselWorld2017新作を確認!
ユウキチ | 4,267 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユウキチ ユウキチ
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
腕時計専門フリーマーケット
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
腕時計専門のフリーマーケット
腕時計専門フリマ