2016年12月20日 更新

実際どうなの?ロレックス ヨットマスターⅡ ERGロレゾール 116681 レビューとレガッタ・クロノグラフの使い方

今回はレガッタ機能を搭載したロレックス第2のクロノグラフ「ヨットマスター2」のレビューです。街中でほとんど見たことが無いレアピースであり、ディープシーよろしくの44mmビッグケース。ブルーに輝くセラクロムベゼルは特許取得の「リングコマンド」ベゼルです。エバーローズゴールドも美しい魅力的モデルのご紹介。

3,227 view お気に入り 0

Rolex Yacht-Master II Steel / Everose Gold Watch Ceramic Bezel 116681

 (91186)

44mmの巨体にして、デイトナ誕生以降初めて作られた第2のクロノグラフを搭載するヨットマスター2から、今回はエヴァーローズゴールドとSSのコンビネーションモデルRef.116681をレビュー。

そしてきっと「ヨットマスターⅡ」の使い方を知らない人が多いでしょうから(笑)
説明書と共に使い方をみていきましょう!

2011年誕生のレガッタ・クロノグラフウォッチです。
 (91191)

まずはスペックから。
オイスター44 mm
スチール&エバーローズゴールド
リングコマンド・ブルーセラクロム+18Kゴールド製ベゼル
100m防水
機械式レガッタ・クロノグラフムーブメントキャリバー4161自動巻き
72時間パワーリザーブ

国内定価は2,592,000円。
新品並行相場は200万円前後、中古品は150万円から(2016.12月)です。
 (90795)

サブマリーナーなどより大きめなボックス。
 (90799)

いつものヤツです。

この深いグリーンの冊子が大切です。
ヨットマスターⅡの全てが書かれていると言っても過言ではありません。
 (90800)

ドーン!

10時10分に合わせます。
格好良い!
 (90801)

44mmの存在感。
持ち上げると結構重いです。
金を使っているからでしょうか?200グラムくらいありますね。

ローズゴールドを使っているせいか?青サブよりブルーセラクロムが濃く感じます。
 (90802)

保証カードは最新版。
 (90803)

それではヨットマスターⅡ Ref.116681をじっくり見てみましょう。

経過時間計測が目的ではないベゼルには堂々と「YACHT-MASTER II」と刻印されています。
ヨットマスターのオーナーも、ヨットマスター2のオーナーも、ヨットのオーナーも、ちゃんと「YACHT」って書けますかね?
 (90804)

ケースは正面部もサイドも鏡面仕上げですね。

ブレスレットはSSリンクが正面梨地、サイドは鏡面。
RGリンクは鏡面。

そして全体としてキズが目立たぬよう背面は全て梨地加工がされています。
コントラストがキレイですね。
 (90805)

スポロレならではのプリント王冠(デイトナだけアプライド王冠)。

ブルースチール針に、赤いクロノグラフ針、文字盤もコントラストが美しい。
 (90806)

時分針は肉抜きされているスケルトンハンド。
レガッタ目盛りに合わせた位置に夜光が付いていますね。
 (90807)

ローズゴールドカラーのスモールセコンド。
レコード溝がキレイですね。
 (90810)

ブルーセラクロムの数字とモデル名はゴールドコーティングがされています。
 (90812)

王冠レーザー刻印は写りませんでした・・・残念。

奥に見えるのはゴールドハンドに赤い三角が特徴のレガッタ針です。
 (90813)

93 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

実際どうなの?ロレックス 新型デイトナ 116500LN 白文字盤「黒も良いけど、やっぱり白かな?」

実際どうなの?ロレックス 新型デイトナ 116500LN 白文字盤「黒も良いけど、やっぱり白かな?」

本命は、やはり白文字盤の新型デイトナですね!このデザインの格好良さは他にはありません。実際に比べてみると黒よりも白の方が「あたらしいデイトナ」感を味わえるのがわかります。ただ、まぁ結論を先に言えば「どっちが格好良いのか?」なんて質問には、完全に個人の「好み」だとしか言えません。
ZENMAI | 3,374 view
新エアキング 116900は「2016年の顔」でした!復活は大成功か?実際どうなのよ?

新エアキング 116900は「2016年の顔」でした!復活は大成功か?実際どうなのよ?

2016年3月、彗星のごとく現れたペットネーム「エアキング」。モデルナンバーをジェンツラインに合わせ116900となり復活しました。ケースサイズも40mmと大型化し「男の時計」感満載です。超耐磁性能はコックピットの内部で大活躍と、パイロットウォッチを想定した新モデル。いかがですかね?
ZENMAI | 4,136 view
実際どうなの?新型青サブ ロレックス 116613LB ブルーセラクロムベゼル・サブマリーナーデイト

実際どうなの?新型青サブ ロレックス 116613LB ブルーセラクロムベゼル・サブマリーナーデイト

最高の休日用ロレックスと言えば「青サブ」ですね。他にもラグジュアリーなモデルはたくさんありますが青サブほどメジャーで、着けているステイタスを満喫できるモデルはありません。リゾート・マリンウォッチのアイコン「青サブ」の新型116613は、セラクロムベゼルを搭載し耐傷性、耐劣化性、耐変色性を併せ持つ非常に高スペックなモデルです。爽やかで見た目も美しい新青サブをレビューします。
ZENMAI | 3,451 view
青サブ"SG"の魅力 実際どうなの?ロレックス サブマリーナー 16613SG ロレゾール3Pサファイア8Pダイヤ文字盤 シルバーグレーとシャンパンゴールド

青サブ"SG"の魅力 実際どうなの?ロレックス サブマリーナー 16613SG ロレゾール3Pサファイア8Pダイヤ文字盤 シルバーグレーとシャンパンゴールド

ロレックスの型番末尾「SG」は3つのサファイア、8つのダイヤモンドがセッティングされた文字盤を表します。5桁のサブマリーナーが生産終了し、16613SGも姿を消しました。2009年には新型青サブ116613がリリースされますが「SG」ダイヤルはラインナップから漏れてしまいます。とてもキレイなダイヤルだっただけに残念ですね。
ZENMAI | 2,361 view
スティックダイヤルの魅力 実際どうなの?ロレックス GMTマスターⅡ 16710 PEPSI

スティックダイヤルの魅力 実際どうなの?ロレックス GMTマスターⅡ 16710 PEPSI

5桁GMTマスターⅡRef16710のレアモデル「スティックダイヤル」。ほんの些細な違いなんですがマニアには嬉しいバリエーションです。もしかしたらご自分のGMTマスターもそうかもね?気付いていない方も多いレア文字盤。ご覧ください。
ZENMAI | 2,017 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ZENMAI ZENMAI

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
LINE買取は大黒屋

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋

Youtube