2017年9月28日 更新

堅実な高級時計メーカー『IWC』からおすすめの3本をご紹介!!

1886年にスイスで創業した老舗高級時計メーカー『IWC』。緻密な作りとデザインで根強い人気を誇る時計メーカです。現在は6つの時計コレクションを軸に展開しており、コストパフォーマンスも非常に高いです。クラシックなデザインも多い事から、ビジネスシーンで使う方も多いようです。今回はトケマー販売中のIWCからおすすめ3本をご紹介したいと思います。

3,206 view お気に入り 0

IWC(インターナショナルウォッチカンパニー)

IWCは1868年にスイスのシャフハウゼンで創業した時計メーカーで、現在はリシュモングループに属しています。
創業当初はアメリカの市場に向けて、懐中時計を製造していましたが、1915年から腕時計の製造に本格的に参入し、現在では高級時計メーカーとして世界中で愛されるブランドとして認知されています。
現在はインヂェニア、ポートフィノ、ポルトギーゼ、アクアタイマー、パイロットウォッチ、ダ・ヴィンチの主要6ラインで構成されており、それぞれに特徴があります。
そこで今回は、IWCの中からおすすめしたい3本をご紹介したいと思います。では早速、参りましょう!

インヂェニア オートマチック IW323904

【商品名】インヂェニア オートマチック
【型番】IW323904
【機械】自動巻
【素材】ステンレス
【カラー】白文字盤
【ケースサイズ】40mm
【防水性】120m
【国内定価】685,800円
【備考】-
まずは、1955年に誕生した『インヂェニア 』です。
40mmモデルのIW323904です。
 (165709)

インヂェニアはドイツ語で『エンジニア』をという意味です。1950年頃、機械工学や電子技術が発展し、発電所やレントゲン撮影技術者など高い磁力の中で働く人が増え、そういった人々のニーズに答えるために誕生したのがインヂェニアです。
こちらのモデルは実用性も高く、耐磁性能は80000A/mでミルガウスと同等の耐磁性能を誇ります、さらに防水性も120Mあり、IWCのダイバーズモデル『アクアタイマー』に次ぐ防水性を誇ります。トータルスペックを見てもインヂェニア はIWCの中でも一番実用性のあるモデルといえます。
 (165707)

ベゼル上に空いた穴もインヂェニアの特徴で、このデザインは皆さんご存知、時計デザイナーのジェラルド・ジェンタ氏の考案で作りだされました。『インヂェニア』シリーズのトレードマークとなっています。
ヘアラインもシャープで力強い印象です。シンプルな3針で派手さはないものの、その分汎用性の非常に高いモデルで、特にスーツに似合う時計です。ベゼル上に空いた5つの穴もアクセントとなっており非常にカッコいいです!!
 (165708)

文字盤のシルバーは表面の仕上げが少しザラザラした印象で、配色も淡いシルバーの為、とても落ち着いた色味です。黒文字盤もありますがインヂェニアに合うのはシルバー文字盤だと個人的には思います。
ケースサイズは40mmでオーソドックスなサイズな為、日本人男性にはちょうど良いサイズ感という点も人気のひとつです。
 (165705)

定価は685,800円ですが、中古で探すと、40万円前後で程度の良いものが買えます。
タフさと実用性を兼ね備えたインヂェニアはコスパも非常に優れたモデルですのでビジネスシーンで使う時計をお探しの方は是非、ご検討下さい。

パイロットウィッチ マーク17 IW326504

【商品名】パイロットウォッチ マーク17
【型番】IW326504
【機械】自動巻
【素材】ステンレス
【カラー】黒文字盤
【ケースサイズ】41mm
【防水性】日常生活防水
【国内定価】648,000円(税込)
【備考】-
2本目はパイロットウォッチ マーク17のご紹介です!!
IWCで初めてパイロットウォッチが誕生したのが、1936年でした。『スペシャルパイロットウォッチ』として誕生し、パイロット向けに離陸時刻を記録するための矢印マーカーがついたモデルでした。
 (165703)

その後1948年に初代のマーク11が誕生しました。半世紀以上前に誕生したマーク11の伝統を残しつつ、マーク11→12→15→17→18とモデルチェンジしてきました。
ポルトギーゼと並んでIWCの看板モデルで非常に人気の高いモデルです。
ケースサイズは41mmで厚さは約11mmとケースは厚すぎず、それでいて程よいサイズ感の為、装着感は良好です。前モデルのマーク16からの主な変更点でまず挙げられるのは、2mmのサイズアップです。前モデルのマーク16は39mmケースに対してマーク17は41mmにサイズアップしました。ちょうどマーク17が発表2012年は多くのブランドがモデルチェンジと共にサイズの大型化を図ってきていた頃で、IWCも世間の流れに合わせてサイズアップしたのではないでしょうか。
 (165700)

また、日付窓もコックピットの高度計にインスパイアされた、前後日が見えるデザインに変更しました。マーク17の特徴ですね。さらにバックルも改良されており、スライド式のクラスプで工具なしで簡単にサイズ調整ができる点も魅力的です。
文字盤は実にシンプルで、3針に黒文字盤、ホワイトインデックスとなっており、視認性が抜群です。パイロットウォッチだけでも派生モデルが多く存在し、3針以外にもクロノグラフ、スピットファイア、特大サイズのケース径とリューズが特徴のビッグパイロットウォッチなど。自分の好みに合ったモデルが選べるのも良いですね。
50 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

見た目じゃない!中身にこだわるブランド”IWC”

見た目じゃない!中身にこだわるブランド”IWC”

正式名称は”インターナショナル・ウォッチ・カンパニー”ですが、略称のIWCも正式名称にもなっている珍しい会社です。 そして『機能性』よりも『実用性』を追求した時計を生み出しています。 今回はこのIWCの一部シリーズを紹介させていただきます。
ジョンソン | 4,506 view
【必ず知っておくべき!】傑作時計、伝説の名勝負!!

【必ず知っておくべき!】傑作時計、伝説の名勝負!!

プロレスが第4世代を迎え、繰り広げられる名勝負に再々々ブレイク中です。時計も名勝負の歴史なら、プロレスを遥かに凌駕します。今回は、後世に語り継がれる名勝負をいくつか記事にしたいと思います。
yuzurhythm | 5,327 view
【ブランド探究】IWCの良いとこ、悪いとこ 個人的一押しブランド

【ブランド探究】IWCの良いとこ、悪いとこ 個人的一押しブランド

時計好きな方であれば、IWCという名前はご存知の方も多いのではないでしょうか。質実剛健、機能美といった言葉の似合うブランドです。無駄なものを取り去った無骨なデザインは、まさに、男の中の男のために作られた時計。今回は、そんなIWCの良いとこ悪いとこについて書きます。
yusapapa | 9,729 view
IWCデビューする前に読むべき記事 今買えるお勧めモデルを一挙紹介!【保存版】

IWCデビューする前に読むべき記事 今買えるお勧めモデルを一挙紹介!【保存版】

ロレックスに対抗できるブランドとして、以前から安定した人気のIWC。どちらも大好きだけど、個人的にIWCは私の一番好きなブランドなのです。そんなIWCの現行ラインナップから、今買えるお勧めのモデルを紹介したいと思います。
yusapapa | 11,226 view
1/13 トケマー新入荷情報!おすすめ時計をご紹介!

1/13 トケマー新入荷情報!おすすめ時計をご紹介!

時計怪獣WATCH MONSTER トケイのマーケット「トケマー」新入荷商品情報です! 入荷した商品からウォッチモンスター管理人のおすすめ商品をピックアップ!全てお買い得、間違いなし!
WatchMonster管理者 | 1,519 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

サウスポー サウスポー
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
腕時計専門フリーマーケット
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
腕時計専門のフリーマーケット
腕時計専門フリマ