2016年11月25日 更新

ロレックス~冬のボーナスでGMTマスターを買う~機能と新旧の違い解説

ROLEXスポーツモデルの定番GMTマスター、ベゼルカラーも含めて種類が沢山。今回はGMTマスターⅠとⅡの違いからその機能の使い方などを探っていきましょう。

4,350 view お気に入り 0

ロレックス GMTマスターとは

GMTマスター116579 SARU

GMTマスター116579 SARU

寒さが本格化してきたこの頃。冬のボーナスも近づいてきましたね。
今回は腕時計をひいてはロレックスを検討している皆様へ向けての企画です。スポーツモデルの中でもサブマリーナと人気を二分するGMTマスターを詳しく見ていきましょう。
上の画像はWG(ホワイトゴールド)製のルビー、サファイヤ、ダイヤがふんだんに使われた最上のラグジュアリーモデルのGMTです。

これは極端な1例ですがGMTの魅力はそのデザイン性だけではなく豊富なベゼルカラーも含めたバリエーションの豊かさだと言えるかもしれません。
例のごとく現行のGMTマスターⅡとそのひとつ前のモデル、GMTマスターとの機能面での違いや使い方、その他GMTマスターの変遷の歴史に関しても案内していきたいと思います。
Ref.6542

Ref.6542

1955年ごろのファーストモデル

ロレックス GMTマスターⅠ

ロレックス GMTマスターの歴史は古く1955年ごろに初出します。

当時の特徴としてはパン・アメリカン航空の依頼を受け開発したGMTマスターのファーストモデルということもあり、リューズガードがないケースやプラスチックベゼル、ミニ針(24時間針の先端に位置する三角形が小さいタイプ)、ミラーダイヤルを備えるというものです。
元々国際線のパイロット向けに開発されたこともあり、GMT針の利用で複数の場所の時刻を把握することが出来る。という事がGMTマスターの最大の特徴でしょう。
現代でもそのGMT針を使って国際的なビジネスマンはもちろん、デザインとしての利用で海外にいかない人でも気軽に使っていると思います笑
Ref.1675

Ref.1675

初代の運用データから改良が加えられたセカンドモデル
Ref.16750

Ref.16750

セカンドモデルのスタイリングを継承したサードモデル。3000番台のムーブメントに変更され、カレンダーのクイックチェンジ機構を備え利便性が向上した。
さて画像を比べてもらうとすぐわかる通り、初代とセカンドモデルは大きな外見上の変更点があります。GMT針が見るからに大型化している点その他にも、リューズガードが装備されています。より実用的になり現行モデルに近づいてきた感じがしますね。
サードモデルの16570になるとカレンダーのクイックチェンジ機構が搭載されます。
画像の16570はインデックスの夜光に金属のフチの無い所謂、フチなし モデルです。製造前期の物で後期の物にはフチがついています。フチなしの方がアンティーク市場では人気、価格ともに高くなっています。
Ref.16700

Ref.16700

目にする機会も多い物ですね
GMTマスターの最終モデルで1990年~99年ごろまで製造されていました。
ここまで来ると一般の中古時計屋さんでも見かける機会が多くなってきます。
主な改良点としてはメンテナンス性と安定性に優れたムーブメントに変更され、風防にはサファイアクリスタルが採用されています。

当時の定価で57万円程度でしたが、現在では60~69万円くらいが相場でしょうか?

使いやすく、現行タイプにはない雰囲気が魅力の一品ですね。

ロレックス GMTマスターⅡ

Ref.16760

Ref.16760

最初期版GMTマスターⅡ
ここからはいよいよGMTマスターⅡの変遷になります。
まずはGMTマスターⅠの発展型として誕生したGMTマスターⅡのファーストモデルです。
GMTマスターとの最大の違いは短針を単独で動かすことが出来るため(カレンダーのクイックチェンジは出来ないが)3ヶ国の時間をベゼル操作との組合わせで可能となっている点ですね。
ベゼルカラーは赤黒のみの展開で同時期に販売されていたGMTマスターⅠ(Ref.16750)と差別化が図られていました。
製造期間は1983年~88年
Ref.16710

Ref.16710

GMTマスターⅡのセカンドモデル
こちらもすっかりなじみ深いモデルかと思われます。
ファーストモデルのスタイリングを継承し、さらに高性能なムーブメントを搭載したGMTマスターⅡのセカンドモデルです(cal3185 cal3186を搭載)製造時期は1990年~2007年ごろまで。
43 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ロレックスなど高級腕時計の委託販売・代行出品はトケマー

ロレックスなど高級腕時計の委託販売・代行出品はトケマー

委託販売手数料は現在0円(キャンペーン中)! ロレックスはもちろん高級腕時計の委託販売を受け付けます。買取より高く売りたい、出品が面倒だから委託したいという希望にお答えします。まずは実績をご覧下さい。
WatchMonster管理者 | 8,482 view
まだ間に合う?もう手遅れ?超高騰中のコレ!【レビュー&販売情報】

まだ間に合う?もう手遅れ?超高騰中のコレ!【レビュー&販売情報】

ロレックスの高騰が止まりません...。何なんでしょう、この相場?もう欲しくても買う気にならない?いやまだ高騰する?どうなる5桁GMTマスター!!
| 4,948 view
いつまで経っても値段が下がらないGMTマスターⅡ116710BLNRをレビュー!

いつまで経っても値段が下がらないGMTマスターⅡ116710BLNRをレビュー!

2013年に116710LNのベゼル色違いとして登場した116710BLNR。当初、プレミア値段は最初だけだろうと思っていました。しかし一向に値段が下がる気配はありません・・・。そんな常に人気があり続ける「黒×青」GMTをレビューします。
Black monster | 4,541 view
希少ムーヴメントCal.3186搭載のGMTマスターⅡ(Ref.16710)がありました。

希少ムーヴメントCal.3186搭載のGMTマスターⅡ(Ref.16710)がありました。

ロレックスは最終品番が人気。それは皆さん知っている。そんな中、エルプリメロ以外でムーヴメントがピックアップされているモデルがGMTです。Ref.16710ではほとんど搭載されていないムーヴメントCal.3186は希少です!
OSU★ | 2,455 view
ロレックスがノンポリッシュなのかどうか見極める方法!

ロレックスがノンポリッシュなのかどうか見極める方法!

これはポリッシュ入っているのかな?なんて思ったことありませんか?今回はGMTマスター2を題材にしてポリッシュ有りと無しの違いを検証したいと思います!!磨いているのか?磨いていないのか?
バネ棒 | 10,687 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

魔金太郎 魔金太郎
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
お得なキャンペーン!
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
腕時計専門のフリーマーケット
腕時計専門フリマ