2017年8月30日 更新

【伝統と革新】TISSOT LUXURY AUTOMATIC COSC 実機レビュー(T086.408.11.031.00)

トラディショナルウォッチにおける生産数が世界一のTISSOT。国内では知名度、人気度共にまだまだですが、一歩世界に出るとROLEXやOMEGAよりも知名度が高いTISSOTが、時計の本質を捉えようとしたLUXURY AUTOMATICを実機レビュー。

864 view お気に入り 0

はじめに

 (159412)

TISSOTは1853年に創業、世界で名の知られたブランドの中ではブランパン、バシュロン、ブレゲ、ロンジン、ルクルトに次いで6番目に古いメーカーです。(ROLEXは1905年、OMEGAは1903年の創業)
トラディショナルウォッチの販売数において、世界でトップを誇る同ブランドは伝統を重んじ、変化を恐れない世界有数のウォッチメゾンとして世界160ヵ国以上で愛されています。
また、近年ではスポーツとの関わりも深く、NBAのオフィシャルタイムキーパーやツール・ド・フランス、世界卓球、moto GPなどのオフィシャルタイムキーパーも務めています。
thinkstock (159952)

レビュー

というわけで、本日はそんな世界を代表するTISSOTから時計の本質をとらえたモデル“ラグジュアリーオートマチック クロノメーター”をご紹介します。
 (159425)

@ゆうきち

TISSOT LUXURY AUTOMATIC COSC(T086.408.11.031.00 ¥115,560)

さて、人気のシリーズ“ラグジュアリーオートマチック”の中でもクロノメーター取得の上位機種であるこのモデル。実はこのモデルは販売が終了する予定とのことです。
新しいカタログにも掲載されているモデルですが、今後国内はもちろんのこと、スイスからの取り寄せもできないとのことでした。
スイスメーカーにはよくあることですが、正直な気持ち残念ですね…。
ちなみに、クロノメーター認定を受けていないモデルは今後も販売継続とのことです。
 (159432)

@ゆうきち
通常、ラグジュアリーというモデル名を聞くと、その直訳通り“豪華さ”や“贅沢さ”をイメージされる方が多いでしょう。私自身もモデル名を聞いたときは「?」が浮かんだのを覚えています。
無駄を削ぎ落としたダイヤル、まっすぐに伸びたインデックスと針は実にシンプル。これだけ装飾が少なく、限りなくシンプルなのに不思議と“上品”に見える。
高度な両面無反射コーティングが施されたサファイアガラスは、まるでそこに遮るものがないかのように光を透過し、ダイヤル本来の色と光を表現してくれていますね。
さらにダイヤル中心部はパウダー状の装飾、その周りにはシルバーの装飾環がシンプルなインデックスの下に静かに着座しています。
ケースサイドには特徴的なパターンの装飾が施され、ベゼルの鏡面仕上げとラグ部分のサテン、面取り部分は鏡面といったように、細かい部分に拘り、品を感じさせるデザインに仕上げられています。
 (159437)

@ゆうきち
搭載されるのは80時間のパワーリザーブを誇るC07.111ムーブメント。圧倒的な安定感と、メンテナンスのし易さが売りの名機です。
勝手な解釈をするのであれば、常に宝石類や貴金属を使い、煌びやかに飾ることだけがラグジュアリー(豪華さ、贅沢さ)ではなく、ディテールに拘り、シンプルながらも品を感じさせることや、本来の時計としての機能と質を重視した時計のことを“ラグジュアリー”という言葉の本当の意味として捉え、このモデル名に採用したのかもしれません。
とにかく、この時計がなくなってしまうことはTISSOTのファンとして残念でしょうがないというのが本音です。
一生ものの時計として、色褪せないデザイン、質の高いムーブメント、ディテールにこだわった仕上げが施されたラグジュアリーオートマチックコレクションは、物にこだわる方にぜひおすすめしたい一本です。
 (159458)

まとめ

TISSOTの時計の中でも、シンプルながらも洗練されたイメージが強いこの時計。最近、黒のダイヤルのものを仕事中着用していますが、日に日にその魅力に惹きこまれていきます。
シンプルな時計は世の中にたくさんありますが、正直値段以上の価値を見出せるシンプルなドレスウォッチは少ないのが現実です。
この時計は、確実に価格以上の品と質を兼ね備えたシンプルな“ラグジュアリーウォッチ”として本当にお勧めできる時計だと思います。
34 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ミドルレンジが熱い!】ハミルトン カーキネイビー パイオニアクロノ H77706553 レビュー

【ミドルレンジが熱い!】ハミルトン カーキネイビー パイオニアクロノ H77706553 レビュー

時計業界が低迷する中、熱を帯びてきたのが実用的なミドルレンジの時計たち。 その中から、本日はアメリカ発祥でスイスメイドのハミルトンをレビューしていきます。 ご覧の方の中には、ハミルトンは”ETAポン”だから興味がないとおっしゃる方もいるかもしれません。私もそうでしたしね…。ただ、その先入観はもったいない!低価格でもハイクオリティ。ミドルレンジの魅力をごらんあれ!
ユウキチ | 2,186 view
【ミドルレンジが熱い!】 ハミルトン H77705345 カーキネイビーオープンウォーター レビュー

【ミドルレンジが熱い!】 ハミルトン H77705345 カーキネイビーオープンウォーター レビュー

夏はすぐそこ!ミドルレンジで一番の人気を誇るハミルトンから、軍特殊部隊に捧げたダイバーズウォッチ“カーキネイビー オープンウォーター”をレビュー!デザイン良し、スペック良しで今年の夏大活躍間違いなし!
ユウキチ | 4,818 view
【ミドルレンジが熱い!】新作 ハミルトン H32705551 ビューマチックスケルトン レビュー

【ミドルレンジが熱い!】新作 ハミルトン H32705551 ビューマチックスケルトン レビュー

先日、低迷の一途をたどっていたスイス時計業界が、スイス時計の輸出量と輸出額が20か月ぶりに上昇したと発表。世界的に需要が伸びたのはミドルレンジと言われる低価格帯の時計たちでした。 こんな時代だからこそ、手が届きやすい価格のハミルトンはその価格からは考えられないクオリティを実現。「”ETA”だから興味がない?」その先入観は捨てたほうが良い!ミドルレンジの魅力をご紹介!
ユウキチ | 3,790 view
【お待たせ!】HAMILTONのBaselWorld2017新作から国内最新入荷モデルをご紹介!

【お待たせ!】HAMILTONのBaselWorld2017新作から国内最新入荷モデルをご紹介!

ミドルレンジの大本命と言われるHAMILTON。今年のハミルトンはちょっと違う!バーゼル発表の新作から、すでに国内正規店に入荷しているモデルをご紹介!BaselWorld2017新作を確認!
ユウキチ | 3,998 view
【ミドルレンジが熱い!】 ハミルトン H4241559 スピリット オブ リバティ レビュー

【ミドルレンジが熱い!】 ハミルトン H4241559 スピリット オブ リバティ レビュー

ミドルレンジで一番の人気を誇るハミルトンから、クラッシックな3針「スピリット オブ リバティー」をレビュー。大人クラシックで紳士な印象に!
ユウキチ | 5,420 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ユウキチ ユウキチ
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
腕時計専門フリーマーケット
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
腕時計専門のフリーマーケット
腕時計専門フリマ