2017年1月10日 更新

私が一目惚れした時計、ブルガリ ソティリオを実際に着けてみた!

今回は、私が一目惚れした時計、『ブルガリ ソティリオ SBP42GDR』を紹介していきます。

913 view お気に入り 0

ブルガリ ソティリオ SBP42GDR

 (90051)

まずは基本的なスペックをご紹介。

ピンクゴールド×革ベルト
ケース径 42mm
ケース厚 約10mm
重さ 約111g
レトログラード日付表示
自動巻き
パワーリザーブ 42時間
振動数 28,800
日常生活防水
シースルーバック

ブルガリ ソティリオ SBP42GDRを詳しく見ていきましょう!

 (90071)

遠目から見るとシンプルなドレスウォッチような雰囲気。
ピンクゴールド素材ですが、この画像だとステンレスに見えなくもないですね。
ベルトはアリゲーターで比較的柔らかい質感でした。
 (90052)

文字盤のデザインは、12時部分のみローマ数字で、残りはバーインデックス。
6時位置にはレトログラード式の日付表示機能が付いています。
文字盤はパテック・フィリップのアクアノートみたいに、放射状にラインが引かれたデザイン。
色味は黒とピンクゴールの相性が良く、とても見やすいです。
 (91108)

文字盤を拡大してみると、12時位置に『BVLGARI』のロゴが輝いています。
大体の時計はインクを付けて印字することが多いですが、
この時計は印字ではなく文字のパーツを文字盤に固定していると思います。
恐らくこれもピンクゴールド素材でしょうか。
一つ一つ手作業で組み立てるのは大変そうです。
 (91109)

6位置には、レトログラード式の日付表示があります。
ディスク式のカレンダーと違って、針が指す数字が現在の日付を表します。
レトログラード式なので、右端の31日まで進むと、一瞬で針が左側に飛び(逆行)ます。
あまりない機能で、独特な針の動きが面白いです。

ただ、2の倍数しか数字表記がなく、針も結構太めなので分かりづらいです。
実際この角度からだと、1日か2日のどちらかすぐに判断がつきません。
 (91110)

ベゼルは全体的にキレイに磨かれた鏡面仕上げ。
鏡面仕上げは光が反射する面が多く、キラキラと光を反射して高級感が増します。

ただ、キズがとても目立ちやすいので扱う時は注意が必要です。
このモデルはステンレスより柔らかいゴールド素材なので、余計キズが付きやすいです。
 (91111)

拡大するとこんな感じです。
遠目から見るとキラキラ輝いてあまり分かりませんが、近くで見てしまうと気になってしまいます。
私はキズを気にするタイプなので、ゴールド素材の時計は私には向いていませんね。
 (90058)

裏側はこんな感じです。
シースルーバック仕様で、ムーブメントが見れます。
ローターがあるので自動巻ということが分かります。

モデル名のソティオ・製造番号・ホールマーク等が刻印されています。
こういうゴチャゴチャと文字が刻印されたデザインが個人的には好きです。
でもしばらく使っていると溝の汚れが溜まりそうなのでそれが嫌です。
掃除するにもゴールド素材なので、丁寧にやらなきゃいけませんから面倒ですね。
 (90070)

カルティエ カリブルの裏面

カルティエ カリブルの裏面

ムーブメントを拡大してみました。
ブルガリもカルティエ同様、時計ブランドしてはまだまだの作りですかね。
どうせシースルーバックにするなら、もう少しデザインや仕上げを頑張ってほしいです。
でもカルティエよりは手が込んでいる感はありますね。

ローター部分の仕上げの感じで、結構見た目に差が出ています。
 (90069)

見えずらいですがピンクゴールド素材なので、ホールマークがしっかりと刻印されています。
左から、犬・天秤・よく分からないマークです。
750の刻印されいてるので、18金を使用しているのがわかります。

ゴールドやプラチナ素材を使用している場合、
ブランドによってマークやホールマークの数はバラバラですが、
必ずどこかにホールマークが刻印されています。

ゴールドやプラチナ素材なのに、ホールマークがない場合はニセモノの可能性があります。
※例外で、外側になく裏蓋の内側にホールマークがある場合もあります。
 (90063)

 (90064)

ケースの側面全体はサテン仕上げがされています。
なんかハンバーガーみたいですね。笑
リューズにはなにやら文字が見えますが、私には意味が分かりませんでした。
 (90067)

ソティリオはリューズが小さく操作しづらいです。
リューズを引き出す時に爪がいたかったり、巻き上げる時も小さいのでよく空回りしてしまいました。
ケースのデザインは結構大きめのなので、もう少しリューズを大きくしても問題ないかと思います。

また、リューズを操作すると必ずケースに指が触れて、
鏡面部分が指紋や汚れが付いてしまうのが私はすごい嫌でした。
 (90056)

尾錠は純正のものが付属していました。
ブルガリのロゴが彫られいて、結構しっかりとした作りです。

ベルトを外す時、ケースが重いので油断しているとそのまま、
時計を落としてしまいそうになって危ないので、
できればDバックルを標準装備していれば安心感があります。
ただ値段が上がってしまうので微妙ですが。
49 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

[12/10] トケマー新入荷情報!おすすめ時計をご紹介!

[12/10] トケマー新入荷情報!おすすめ時計をご紹介!

時計怪獣WATCH MONSTER トケイのマーケット「トケマー」新入荷商品情報です!入荷した商品からウォッチモンスター管理人のおすすめ商品をピックアップ!全てお買い得、間違いなし!
ブルガリ オクト ソロテンポ BGO38BSLDは40代に丁度良い!

ブルガリ オクト ソロテンポ BGO38BSLDは40代に丁度良い!

故ジェラルド・ジェンタ氏によって生み出された「オクト」。ブランドがブルガリに吸収され新たに甦りました。110面もある多面ケースの魅力、人気のある八角形はニューロイヤルオークのニックネームで親しまれていますね。フィット感も値段も「丁度良い」ラグジュアリースポーツモデルの魅力に触れてみます。
ZENMAI | 1,051 view
ジュエリーブランドの時計 『ブルガリ エルゴン』って実際どうなの⁉ 気になったので実際着けてみた!

ジュエリーブランドの時計 『ブルガリ エルゴン』って実際どうなの⁉ 気になったので実際着けてみた!

今回は世界的ジュエリーメーカーで有名なブルガリの時計、エルゴンをご紹介していきます。
BLING-BLING-BOY | 1,252 view
「ブルガリズム」蘇る至高のジュエラーウォッチ 2016<Rebirth Bvlgarizm>

「ブルガリズム」蘇る至高のジュエラーウォッチ 2016<Rebirth Bvlgarizm>

izm(イズム)とは「特有な主義・流儀・傾向」を指します。今回はイタリアの生んだ高級ジュエラーでありウォッチメゾンのタイムピースをもう一度見直す企画「ブルガリズム」を紐解く記事となっております。みんなが好きだったブルガリブルガリ。スクエアケースがここまで流行るか?と驚いたレッタンゴロ、ラグジュアリースポーツの雄スポーツクロノなど懐かしい90年代のモデルたちからスポットを当てていきましょう。今が絶対の「買い時」。間違いない。懐かしみながら「1本いかがでしょうか?」
ZENMAI | 1,309 view
[ヴィンテージ ブルガリの魅力] プラチニウム クロノグラフ AC38P 世界に99本だけの花

[ヴィンテージ ブルガリの魅力] プラチニウム クロノグラフ AC38P 世界に99本だけの花

今ミゾラーさん一押しウォッチメーカー「BVLGARI」が熱い。その中でも非常にレアで、私も1度だけしか見たことのない幻のモデル。時計好きに「プラチニウムって知ってる?」と言っても「何それ?見間違いじゃない」と、なかなか信じてもらえなかった記憶があります。今回はそんなレアなモデル「AC38P」プラチニウム クロノを調べてみましたので一緒にご確認ください。
ココ東京 | 766 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

BLING-BLING-BOY BLING-BLING-BOY

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
LINE買取は大黒屋

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋

Youtube