2017年4月5日 更新

ロレックスの光に魅せられる男たち。

現在は技術の発展により、携帯端末等で「時間を知る」道具は数多くあり、 高級腕時計は、時間を正確に確認する事に対しても、iPhone1台に勝つことはできないでしょう。 だからこそ、、何百もの部品だけで時を刻む、高級時計は性能以上に時計としての魅力や 、 人それぞれの価値があるように、私個人的には感じます。 そこで今回は、数ある、高級時計の機構や構造の中で、『夜光』について注目していきたいと思います。

44,745 view お気に入り 2
ロレックス 116710 GMTマスターⅡ 高価買取致します!| ブランドプレミアム (658)

腕時計の夜光

【京都】西院・壬生でブランド品 金・プラチナ 腕時計 高価買取の質屋ブログ【京都ブログ】 (661)

腕時計の夜光は、ここ何十年で様々な変化をしてきたのをご存じでしょうか。
そもそも、腕時計の夜光は、夜間での時間の確認、ダイバー時計なら、水中での時間確認の為のものです。
つまり現在のように、街灯の光や、機械が発展していないからこそ、必要とされてきた物なのですが、
現在も尚、進化する夜光は、その機能面より、腕時計の価値や、オーナーの満足度に繋がるものではないでしょうか。

夜光の歴史について

まず腕時計の夜光の変化がどの様にあったのか、簡単に歴史を遡っていきたいと思います。

【ラジウム(※時発光型)】

 (667)

ラジウムとは放射性物質で暗闇でも発光する物質、腕時計のインデックスに使用されていた。
ラジウムを使用した文字盤を制作した、作業員からは、顔や歯の骨が崩壊する等の、健康被害が報告されたとのことです・・・・
時発光(光等に照らさずに光る)するラジウムは半減期が1600年と驚異の長さも納得できます。
もちろん、現在は使用していない物質になりますが、技術革新にはどのような事でも、茨の道があるのだと感じさせられました。
因みに、ロレックスでは1961年代を最後に使用されなくなっています。

【トリチウム(時発光型)】

【楽天市場】ロレックス サブマリーナデイト Ref.16613 青サブ バイオレット・パープルダイアル 1994年【中古】【メンズ】:アルファオメガ (670)

画像はトリチウムを使用していた、ロレックス。
注目して頂きたいのが、文字盤6時方向に表記してある記号です。
「SWISS-T〈25〉」この表記があるものが、トリチウムという発光塗料をしていたことが、一目でわかるようになっています。トリチウムとは、三重水素(H3)放射能を持つ放射性物質なのです。
余談ですが、私の腕時計は画像のサブマリーナなので、左腕に常に放射性物質と共に仕事をしていますが・・・・安心してください、トリチウムはラジウムとの違いとして、文字盤にT25と表記されてると、説明しましたが、T25の意味はガラスの外側で計測した放射能量が、25マイクロキュリー以下を表していて
時計の文字盤に使われる量では、人体に影響を与える量ではないと言われています。
なので、放射能をまき散らしたり等していませんので、ご安心ください。

 因みに、半減期は12年といわれているので、既に光るモデルはないでしょう。
ロレックスは1997年前後まで使用されていて、現在は使用されていません。

【ルミノバ、スーパールミノバ(※蓄光型夜光)】

 (93002)

※蓄光型夜光:照明器具や、日光などの光エネルギーを吸収して発光するもの。
「ルミノバ→蓄光型夜光」光を当てれば、その光を吸収して発光する塗料の事です。
この物質のトリチウム等との大きな違いは、半減期がないこと。
(ただし年数が経つにつれて文字盤のヤケ等により半減する可能性はあると思います。)
つまり、半永久的に光るということが可能になりました。
もう一つが、放射性物質を使用していないことが大きな変更点です。
ロレックスではスーパールミノバ夜光を、画像の「エクスプローラ1(EX-Ⅰ)」などに使用していますが、
物質自体は同じもので、光り方が一番強いN夜光を差してそのように呼ぶようです
N夜光とは1993年根元特殊化学工業が開発した、ルミノーバ、つまりルミノバのことです。

【クロマライト(※蓄光型夜光)】

森時計店|ニュース:なくなり次第終了!ロレックスダイバーズが驚き特価! (679)

クロマライト夜光とルミノバ夜光との違いは、ズバリ発光時間がルミノバの約2倍「最長8時間」になった点と、
ブルーに発光するという所です。
個人的には鮮やかで、見てるだけで癒される気分になります。(本当に)
余談ですが、青色の光には、『人の精神を落ち着かせる効能がある』とも言われてるようで、青色に光の街灯を見た事ある方もいらっしゃると思いますが、あれにも理由があり、日本各地で防犯灯として取り入れられるようになったというのです。(犯罪抑止)
つまり、ロレックスも辛い時は、『私を見て』という隠されたメッセージが込められているのでしょう。(私個人の意見です)

 大分脱線しましたが、このクロマライト、ロレックスでは、2008年に発表されたディープシーに使用され話題になりましたが、
"2007年に登場したミルガウスやオイスターパーペチュアルのカラーインデックスから既に、採用はスタートしていたのです。"
ここ最近では、2013年8月印位から(私個人調べ)デイトナを始め、各ライン、ルミノバだったものが、
クロマライトにマイナーチェンジしております。ロレックスファンからは文字盤との兼ね合いから、ルミノバの緑が良い、ルミノバではないと買いたくない等の、コアなファンの声もお聞きしております。
続いては、そんなコアなファンの貴重なご意見をご紹介していきます・・・

色への拘り・・・ミルガウスGV

 (93010)

まずこの時計をセレクトされる方は、普通のガラスの色では物足りない、知ってる方が見たら直ぐに「GVだ!!」と、それくらいのインパクトの強いグリーンのガラスが特徴な時計です。
このミルガウスは同モデルで4パターン存在します。
ブラックダイヤル(黒文字盤)

ブラックダイヤル(黒文字盤)

ホワイトダイヤル(白文字盤)

ホワイトダイヤル(白文字盤)

116400GVブルー

116400GVブルー

さてミルガウス1つだけでも、様々な歴史や、話がありますが今回はあくまでも夜光の話を貫きたいと思います。
ルミノバ×クロマライト変更前(2013年以前)

ルミノバ×クロマライト変更前(2013年以前)

この116400GVは2007年発表のモデルで、現在も尚現行として販売が続いています。
販売当時はプレミアがつき、中古売買で200万近くまで値上がりしたモデルです。(事件並みの出来事。)
始めにお伝えした通り、こちらのモデルはグリーンのガラスの他に、夜光好きにはたまらない配色があるのです。それは、『ルミノバとクロマライトの2色使い!!』(たまらん配色)
当初、クロマライトとして公表していなかった為、ロレファンからは、2色のルミノバと思われていました。
日中でも、かなりの主張する時計なのにも関わらず、夜間でも尚、存在感を出し続けるこのお時計、夜光好きのロレファンなら知っていて当然です。

しかし・・・現行のミルガウスGVに変化かが訪れました。
「あれ、あれ、あれミルノバは???」、2色に光らないんですが、
つまり、あの美しい2色の配色は、もう現在販売されていないのです。(2013年8月以降より変更)※前後誤差はあります。
殆どの方は、全く気にされないところですが、夜光ファンには大ニュースな出来事なので、
わざわざ古い年式のミルガウスGVを中古販売業者に探しに行かれる方も多いようです。
私個人的にも、断然2色派でございます。(笑)
このように、同じ時計でも微妙な変化があるのがロレックスの良いところでもあり、マニア心をくすぐるのがお上手なところですよね。
ロレックスとしては、常に良い物作りを目指しているので、視認性や、発光時間が長いクロマライトに変更したという所ですが、
ロレファンとしては、充分性能や耐久性はピカイチなので、変化を残念に思う方も多いと思います。
ファンを同じモデルでも、飽きさせないところもロレックスにしかできない魅力なのかもしれません。

最後に夜光とは・・・

 (93040)

31 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ロレックスなど高級腕時計の委託販売・代行出品はトケマー

ロレックスなど高級腕時計の委託販売・代行出品はトケマー

委託販売手数料は現在0円(キャンペーン中)! ロレックスはもちろん高級腕時計の委託販売を受け付けます。買取より高く売りたい、出品が面倒だから委託したいという希望にお答えします。まずは実績をご覧下さい。
WatchMonster管理者 | 8,606 view
【腕時計クイズ】目指せ全問正解!これであなたもロレックス GMTマスター通(ツー)!!

【腕時計クイズ】目指せ全問正解!これであなたもロレックス GMTマスター通(ツー)!!

ロレックス GMTマスターⅡのクイズ。GMTマスターなら任せとけというあなた!購入検討中の興味があるという初心者のあなた!Let's チャレンジ!!
| 3,412 view
ロレックス×レナードカムホートって知ってる?Ref.16610 LEONARD KAMHOUT【レア・ロレックス⑫】

ロレックス×レナードカムホートって知ってる?Ref.16610 LEONARD KAMHOUT【レア・ロレックス⑫】

久しぶりの記事レア・ロレックスを求めて第12弾は元クロムハーツのデザイナーレナード・カムホート氏のプライベートブランド「レナード・カムホート(現ロンワンズ)」とロレックスのダブルネームモデルをピックアップ。シルバー界の重鎮である彼の名を、チリンチリンと鳴り響く美しい鈴の音を、誰もが1度は耳にしたことがあるでしょう。こんなプレミアムなコラボレーション!たまらない。
ココ東京 | 4,101 view
11はゴールド変色?! ロレックス デイトナ ブラック Ref.116520 ゴールドアイ??

11はゴールド変色?! ロレックス デイトナ ブラック Ref.116520 ゴールドアイ??

エルプリメロを搭載したデイトナ『16520』のインダイアルの色がブラウン化した通称『パトリッツイ』はもはや誰もが知るレアモデルですが、今回は『116500LN』登場により廃盤が決定した『116520』ブラック文字盤のインダイアルのお話です。先に言っておきますが確証はなくあくまでも私個人の感覚のお話になります。
アイスクリーム | 8,107 view
ロレックスの文字盤が選り好み~デイトジャスト編~【バリエーション満載】

ロレックスの文字盤が選り好み~デイトジャスト編~【バリエーション満載】

ロレックスの中でもバリエーションが豊富なドレス系ウォッチ。今回はデイトジャストに照準を合わせてみました。文字盤、ブレス、ベゼルなど多くの組み合わせが実現されています。今回は文字盤について触れていきます。
manual | 11,416 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

るみのーば るみのーば
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
    
お得なキャンペーン!
    

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋
腕時計専門のフリーマーケット
腕時計専門フリマ