2017年11月27日 更新

OMEGAコアークシャル徹底研究 あなたに相応しいモデルをセレクト!

2回に渡って書いたコアークシャル開発者ジョージ・ダニエルズ博士の記事ですが、現在コアークシャルを手に入れられるのはOMEGAのみです。今日はOMEGAのコアークシャルを徹底研究します。

5,822 view お気に入り 0

プロローグ:Co-Axialを採用した人物

Nicolas G. Hayek | Breguet (174012)

前々回、前回と2回に渡って書いたジョージ・ダニエルズ博士のコーアクシャル・エスケープメントは発明から時計業界に理解されるまで約20年近い歳月を擁しています。
今日は当時のスウォッチCEOであった、ニコラス・G・ハイエックがゴーサインを出したコーアクシャル、現在はOMEGA多くのモデルに搭載されています。今日は最新のコアークシャルを搭載した「マスタークロノメーター」モデルを紹介してゆきます。

クオーツショックの影響が残るOMEGAの暗黒時代

OMEGA Co-Axial Escapement

1999年にOMEGAに採用されたコーアクシャルは、当時のOMEGAの総帥であった、スウォッチグループの会長ニコラス・G・ハイエック氏が最終決定しました。

彼は『クオーツショック』で衰退していたスイス時計界の立て直しのオファーを受けて、時計界に参入しました。
ジョージ・ダニエルズ博士が持ち込んだコーアクシャルはベストなタイミングだったと思います。
単なるコストカッターではないハイエック氏は品質が向上は経営において重要課題としていました。就任当時彼の目にはグループ内を含めた時計産業全体の品質管理は他の業界と比較して「極めてお粗末な状態」に映ったそうです。
現在のOMEGAの工場はロボットアームが部品をムーブメントに組み込む最新鋭の製造ラインになっています。経営の天才ハイエック氏は現場をオートメーション化する事で完成まで時間を短縮する。そして手作業が必要な箇所や検査は人の力を使っています。ハイエックが目指したのはテクノロジーと伝統的な作業との融合でした。それが高品質と低価格の実現につながると言っていたそうです。

コーアクシャルがあって完成した「マスタークロノメーター」

オメガ・ウォッチ: 世界初のマスター クロノメーター  | OMEGA® (174667)

OMEGAが2013年に発表して2014年のモデルより設定した、MASTER CHRONOMETER(マスタークロノメーター)新基準は特に耐磁性を持つ時計を世に送り出すための基準でした。
15000ガウスに耐えれるというこの数字は医療機器であるMRI内と同じです。OMEGAの上級幹部社員達は2008年頃ハイエックから求められた、「次の時代に必要な時計は?」との問いに耐磁性を持った時計との回答を彼にして、製作に取りかかりました。
ハイエックからゴーサインが出ていざ開発となった際には製造開発現場から猛反対が起きたといっています。15000ガウスという数値は「クレージーだ!」といわれ続けたそうです。
しかし現代社会では機械式時計が嫌う携帯電話・タブレット、パソコン等の磁気が溢れています。それらは避けて通れない、幹部社員達は製造開発現場に訴え続けました。
特に拘った事がカレンダー表示です。磁力遮断ゲージにムーブメントを入れると日付表示ができなくなります。その思いを伝え、それに刺激された開発者から出たアイディアが部品に耐磁性を持たせる事でした。チタン、シリコンヒゲゼンマイ、そしてニヴァガウスの開発で15000ガウスに耐えれる時計が完成したのです。もちろんコアークシャルもムーブメントの耐久性を高め、役割を充分に貢献しています。

マスタークロノメーターモデル、どんなシーンや人に相応しいか?

DE VILLEは初めて限定的にコアークシャルを搭載したモデルです。
はじめは限定したモデルのみでしたが、今や定番のDE VILLEもコアークシャルでありマスタークロノメーターです。
De Ville Omega Co-Axial Master Chronometer 41 mm - 433.53.41.21.13.001  | OMEGA® (174175)

このデヴィルはOMEGAの中で少しクラシックな雰囲気が漂うモデルです。
上品なモデルゆえアッパー層が顧客になっています。
この「アニュアルカレンダー」は特にデヴィルの中でもデザインのディテールに拘っています。裏面がシースルになってムーブメントの動きがわかるような工夫がされているのが特徴です。
レザーストラップとローマンインデックスは上品な装いの場所に相応しい時計ですね。
50代以上の男性がフォーマルな場所でつけてみてはどうでしょうか?

スピードマスタームーンフェイズは男性好みの機能とデザイン

 (174337)

OMEGAといえば「スピードマスター」、僕の周囲でもそんな方達が大半でした。そんなOMEGAを代表するMASTER CHRONOMETERを認定されたモデルです。
Speedmaster Moonwatch Moonphase  | OMEGA® (174471)

オフィスの最前線にいる30代から40代の男性にぴったりの時計でしょうね。
また医療技師の方も医療機器内でも使えますね。

更に仕事のディテールに拘る繊細な方にはこの様なリアルなムーンフェイズがおすすめです。
このムーンフェイズは精密な微細加工技術によって写真さながらのリアルな月を再現しています。

Reach for the Stars: OMEGA and George Clooney

俳優のジョージ・クルーニーがこのスピードマスタームーンフェイズのアンバサダーです。
休日や社外で「ジョージ・クルーニーと同じ時計」と言えば、話題にもなります。
彼女も貴方の顔がクルーニーばりに見えてくるかも?

シーマスターは特別のミッションを持った貴方に

Seamaster 300 "spectre" Limitedition  | OMEGA® (174650)

シーマスターはOMEGAの中でも、評価が分かれるモデルです。スピードマスターほど人気があるモデルでも無く、これといってインパクトの薄い時計でした。
しかし007シリーズとタイアップは成功だったといえるのではないでしょうか?

OMEGA and SPECTRE - Revealing the Seamaster 300 SPECTRE Limited Edition, James Bond 007's watch

映画「スペクター」と同モデル、「シーマスター300」、マスタークロノメーターは特殊でハードミッションを常に課せられている貴方の日常では衝撃、磁気、水といったあらゆる「時計の敵」からムーブメントを守れる頑強な時計こそが貴方にぴったりです。
Secret Agent Spy Silhouette...

Secret Agent Spy Silhouette in Light Painting Backdrop

コンセントレーション グローバルマスター ペアでも付けられる

Constellation Globemaster Annual Calendar Collection  | OMEGA® (174491)

コンセントレーション・グローブマスターは頑強さと美しさを兼ね備えたモデルです。
スピードマスターやシーマスターといったスポーツモデルを「卒業したい人達」におすすめの時計です。
女性用のコンセントレーションもありペアにして使うのも良いでしょう。

ハイエックCEOがダニエルズ博士を信じた事が全ての始まりだったのです

 (174670)

2016年に来日した時のインタビューでOMEGAの副社長ジャンクロード・モナション氏はこのマスタークロノメーターのプレゼンテーションの際、見出しの言葉を述べていました。
当時のハイエックCEOとダニエルズ博士はそれぞれ2010年と2011年にニコラス氏を追うようにダニエルズ博士も世を去っていきました。
トケマー:オメガ シーマスター300 マスター コーアクシャル 233.30.41.21.01.001 黒文字盤 中古A 10107140 (174783)

2人の天才が残したコアークシャルとマスタークロノメーターはトケマーでも買えます。
トケマーでOMEGAの「マスタークロノメーター」は希少です。
上の写真のマスタークロノメーター、シーマスターもやはり売約済でした。トケマー内でもマスタークロノメーターは価格も高価で、もし安いOMEGAを考えている方は通常のクロノメーターが良いでしょう。しかし耐久性ではマスタークロノメーターモデルが良いでしょう。
皆さんもOMEGA買うならコアークシャルとマスタークロノメーターがおすすめですよ。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

北海道の秋を満喫!!日本一早い紅葉を見に行こう!!【オメガウォッチ編】

北海道の秋を満喫!!日本一早い紅葉を見に行こう!!【オメガウォッチ編】

9月に入り、だんだん秋らしくなってきました。北海道はそろそろ紅葉の季節がやってきます。北海道は冬の季節が長い分、秋はあっという間に過ぎていきますが、冬が来る前に、今の季節しか見れない景色を見に行くのはいかがでしょうか?紅葉の色に合わせた、オメガのウォッチと一緒にご紹介します。
yuma | 883 view
ブランド定点観測 Vol-4「オメガ」

ブランド定点観測 Vol-4「オメガ」

スイス時計界の旗振り役、スウォッチグループの幹事会社であるオメガ。日本でも人気ブランドで、アイコニックなモデルを多く世に出しています。1970年代のクオーツクライシスで危機に瀕した同社はハイエックのもと息を吹き返し現在もトップブランドとして業界を牽引しています。そんな人気ブランドを僕目線で考察します。
goro | 3,312 view
オメガの魅力を再考察しよう

オメガの魅力を再考察しよう

数多くの著名人や腕時計愛好家に選ばれ、世界の祭典オリンピックのオフィシャルタイムキーパーに選定されるなど、確固たる地位を築き上げたオメガの魅力を再考察してきます。
| 13,702 view
OMEGA 2019年新作モデルの中から気になるモデルをピックアップ!

OMEGA 2019年新作モデルの中から気になるモデルをピックアップ!

今年発表されたオメガ新作モデルの中から個人的に気になるモデルをいくつかご紹介したいと思います!今年の007限定モデルもなかなかいかしてます。では早速まいりましょう!
サウスポー | 12,995 view
【腕時計レビュー】2017年新作 オメガ シーマスター アクアテラ150M マスターコーアクシャル ブルー

【腕時計レビュー】2017年新作 オメガ シーマスター アクアテラ150M マスターコーアクシャル ブルー

今回は2017年発表モデルのオメガ シーマスター アクアテラ150M(現行モデル) をレビューしてまいりたいと思います。クロノメーター認定を受けたマスターコーアクシャル キャリバー8900が搭載されており、15,000ガウス以上の磁気に耐えうる超高耐磁性能を備えた優れもの。コストパフォーマンスの高い一本となっています。
サウスポー | 11,642 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goro goro
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋