2017年4月2日 更新

【徹底解説】2017年 ロレックス 新作ヨットマスターⅡ 新旧の違いがこれで分かる

2017年の新作ラインナップに見たことあるモデルが掲載されていました。2013年ついに発表になったヨットマスターⅡのステンレスモデルです。ここにきてのまさかの廃盤説なんかもちらつきましたが、詳細はこのような感じでした。

28,399 view お気に入り 0

ロレックス ヨットマスターⅡ

新しいロレックス ヨットマスター II ウォッチ - バーゼルワールド 2017 (122301)

モデル名:ヨットマスターⅡ
型番:116680
ケースサイズ:44mm
文字盤色:ホワイト
ムーヴメント:自動巻
キャリバー:Cal.4161
防水:100M
素材:ステンレス×セラクロムベゼル
機能:プログラムカウントダウン
こちらが2017年の最新作モデル「ヨットマスターⅡ ステンレスVer」です。
違いが分かりません。
1か所ずつ見ていきましょう。

新作ヨットマスターの変更点

 (122316)

赤い丸が変更された箇所です。

まず12時側のインデックスが「□」から「▽」へ変更。
6時側のインデックス「□」から「長□」へ変更。

そして、全てのインデックスのフチが「青縁」から「銀縁」へ変更。
 (122317)

あとは、針がメルセデス針へ変更になりました。
新作写真だけだとイマイチぴんと来ませんね。
比較画像で見てみましょう。

旧タイプと比較してみる

Ref.116680

 (122319)

比べる方が早いですね。
左が、2017年発表のヨットマスターⅡ。
右が、2016年までのヨットマスターⅡ。

・12時と6時のインデックスの形状変更。
・インデックスの枠の色がブルーからシルバーへ。
・針がブルースチールから銀針のメルセデス針へ。

見た目の変化はこのような感じですかね。

ムーヴメントは変更無し

 (122353)

こちらヨットマスターⅡに搭載されている自社ムーヴメント(Cal.4161 )です。
デイトナに搭載されているムーヴメント(Cal.4130)を応用した機械だそうです。

2017年発表のヨットマスターⅡも機械自体に変更はないみたいです。
新作と盛大に発表するほどの変化があまり見当たりませんね。
しれっとマイナーチェンジでもよかったのでは。

メルセデス針に変更になったのは結構印象が変わりましたが・・・。


ただ、バックルとかがHPには掲載されていなく、
ここが変更になっているんでしょうかね。
サイズ調節ができる的なことが記載されていましたが、
あまり前のヨットを見る機会がなかったので、
今度見てみたいと思います。

実は旧タイプもひっそりマイナーチェンジしていた。

Ref.116689

 (122321)

ホワイトゴールドとプラチナベゼルのヨットマスターⅡです。
こちらは何の前触れもなくしれっと変更されていました。
右が初期。
左が後期。

変更点は針の色です。
初期は銀針だったのですが、途中から気づいたらブルースチール針でした。
ステンレスモデルは発表当初からブルースチール針です。

Ref.116688

 (122322)

こちらはイエローゴールドとセラクロムベゼルのヨットマスターⅡです。
ホワイトゴールド同様に針の変化が見られます。

右が前期。
左が後期。

金針からブルースチール針へ変更になってました。

プログラムカウントダウン機能の使い方

ついでに掲載。
 (122327)

最初の状態。
まだ何もしてません。

カウントダウンする時刻を設定します。(10分~1分)

 (122328)

ベゼルを3時側にカチッとなるまで反時計回りに回します。
※画像はカチッとなった状態です。

それ以上は回りません。時計周りにも回りません。
 (122329)

4時側のプッシュボタンをカチッとなるまで押し込みます。
 (122330)

3時にあるリューズを解放します。

一応解放状態の画像です。
 (122331)

リューズが飛び出た状態で、正面から見て上に回すと、
「△」のついた針が10→9→8→と1分ずつ動きます。

合わせたい時刻で止めます。

0まで行くと10へピンってジャンプします。


※通常は、ベゼルを3時に回して4時側のプッシュボタンを押していないと
ただ、手動でゼンマイを巻き上げる動作です。
 (122333)

今回は「10」で止めました。
 (122332)

計測する時間が決定したら、リューズをねじ込み元の状態時戻します。
 (122336)

リューズをねじ込み終わったら、
3時側に「YACHT-MASTERⅡ」が向いてたのを6時側に戻します。

すると、カチッと音がします。
4時側のボタンが飛び出てこちらも元の状態に戻ります。

これで準備は完了です。

計測開始

 (122337)

2時側のプッシュボタンを押すと赤い針(△の方でない)が動き出します。

時間が経過するにつれて△のついた針が0へ近づきます。

止めたいときは再度2時側のボタンを押します。

そのまま計測する場合はまた2時側のボタンを押し、
リセットする場合は4時側のボタンを押してください。(最初の状態に戻ります)
ちなみに、
2時側のプッシュボタンを押してカウントダウンスタートさせている状態で、
4時側のプッシュボタンを押すことも可能です。

そうすることで、瞬時に元の状態に戻り再び計測開始されます。


※これはフライバックという特殊機能ですので、この機能が付いていない時計で
この動作を行うと故障しますので絶対にやらないようにしましょう。

修理代高いよ。

最後に

 (122884)

ヨットレースなんて一生することはないですが、
余裕があれば1本欲しい時計です。

デザインもかっこいいですし。

ただ、選ぶならブルースチール針ですかね。
新型のメルセデス針はどうなんでしょう。

大体否定していても、だんだん良く見えてくるのがロレックスの不思議なところ。

勝手に仕様変更してないか、たまにチェックしたいと思います。

読んでいただきましてありがとうございました。

ヨットマスターⅡ Ref.116680

メルセデスが気に入らない方は、先にブルースチール針を抑えましょう!

ヨットマスターⅡに関連する記事

2017年バーゼルに関するおすすめ記事はこちらから

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【SOLDOUT】最重量系 ロレックス ヨットマスターⅡ YG無垢なんていかがでしょうか?

【SOLDOUT】最重量系 ロレックス ヨットマスターⅡ YG無垢なんていかがでしょうか?

こんにちは!チケット大黒屋上野アメ横店の店舗商品を紹介いたします。今後、美品、極美品、極上品のご紹介をしていきたいと思います!!トケマーにも掲載していますが、詳細を書いていくので是非チェックしてください!!
上野アメ横店 | 6,274 view
【2020年7月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! YACHT-MASTER Ⅱ 編

【2020年7月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! YACHT-MASTER Ⅱ 編

ロレックス唯一の『プログラムカウントダウン機能』を搭載している"ヨットマスターⅡ"。スポーツモデルの中でも一番大きい44mmケースのビッグサイズとなっているヨットマスターⅡの現在の相場を見ていきたいと思います。
サウスポー | 1,808 view
【2018年12月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! ヨットマスターⅡ 編

【2018年12月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! ヨットマスターⅡ 編

『世界初』のプログラムカウントダウン機能を搭載した"ヨットマスターⅡ"。2017にモデルチェンジを果たし、注目を集めているモデルです。44mmの大型ケースは存在感抜群。ステンレスモデル、コンビモデル、無垢モデルの現在の相場を見てみましょう。
サウスポー | 5,530 view
【2018年9月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! ヨットマスターⅡ 編

【2018年9月】ロレックス 主要モデルの相場をチェック! ヨットマスターⅡ 編

第5弾は世界初のプログラムカウントダウン機能を搭載した"ヨットマスターⅡ"。2017にモデルチェンジを果たし、注目を集めているモデルです。ステンレス、コンビ、無垢モデルの現在の相場を見てみましょう。
サウスポー | 4,654 view
"2018年6月"ロレックス 主要モデルの相場をチェック! ヨットマスターⅡ 編

"2018年6月"ロレックス 主要モデルの相場をチェック! ヨットマスターⅡ 編

第5弾は"ヨットマスターⅡ"。44mmのビッグケースに"世界初"となるプログラムカウント機能を搭載した魅力的なモデルとなっています。ステンレス、コンビ、無垢モデルの現在の相場を見てみましょう。
サウスポー | 4,681 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

バネ棒 バネ棒
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋