2019年6月29日 更新

ミニマライズされた腕時計が増えている、36ミリから39ミリのケースサイズを狙え

私Goroが朝の御堂筋線でおこなっている腕時計チェック。これに最近気になることがあります。かつてのデカ厚時計が影を潜めて、36から40ミリケースが増えていることです。理由はどこにあるのか書いていきます。

10,299 view お気に入り 0

デカ厚時計終焉?

私が乗降する淀屋橋の乗降客は小さめのサイズの腕時計が多い気がします。
淀屋橋付近は日銀大阪支店や大阪市役所をはじめ、旧財閥系の会社が多いことが特徴です。大阪市内有数の「お堅い会社」が多いことが理由でしょうか?
しかし通勤客をよく見ると、そんなに堅物が多い印象を受けることはありません。
その理由はロレックス以外のブランドが多いからです。
ロレックスも居ますが、タグホイヤー、パネライ、国産のセイコーもよく見ます。
 (220969)

さてデカ厚時計の代表といえば、このパネライです。しかしこのパネライでさえ、このPAM01048はケース直径が40ミリになります。
これまでパネライといえばほとんどのモデルがケース直径42ミリ以上です。現行モデル138の内僅か5モデルが40ミリ以下にとどまります。

コンパクトさにこだわるジャガー・ルクルトも淀屋橋向きの腕時計?

ここ10〜15年の間、多くの時計ブランドでは【デカ厚時計】が増えていました。
しかし全てのブランドがデカ厚時計を製造したわけではありません。ブランドのアイデンティティとして、小さい時計にこだわり続けているのが、ジャガー・ルクルトです。
このブランドはモデルに「ウルトラスリム」というモデルがあるくらいに薄さと小型化されたケース造りを伝統としてきました。
 (220972)

マスター・グランド・トラディション・ジャイロトゥールビヨン・ウエストミンスター・パーペチュアルという長いネーミングの時計で、コンプリケーションを全て詰め込み43ミリに抑えています。
このモデルもトゥールビヨンやミニッツリピーターまで詰めて厚さを14ミリで仕上げているのが特徴です。ジャガールクルトは創設者アントワーヌ・ルクルトが製造工程にエンジニア的な発想を加えた時計づくりをしてきました。
そんなジャガー・ルクルトだからこそ、ここまで薄さに徹した製品を作りあげたのでしょう。このジャガー・ルクルトのマスターシリーズもトラディショナルな外観のモデルが多くあり、淀屋橋向けの腕時計といえます。
でもさすがに上の時計は絶対いませんね(笑)

デザイン業界の合言葉ミニマライズ

前述のようにこの15年ほどは見栄えの良さと需要に応えるため、各メーカーはデカ厚時計を多くリリースしてきました。
しかし世界的に見てもこの流れに変化は出ています。
まずデザインを重視する北欧系ブランドが工業製品をコンパクト化へとシフトします。そしてドイツ時計ブランドのノモス・グラスヒュッテ は「ミニマライズ」という、フレーズのもと、コンパクトで美しい時計を製造していくのです。
https://nomos-glashuette.co...

https://nomos-glashuette.com/ja/club/-741

上のクラブ ネオマティック アトランティックもケースサイズが37ミリです。このノモスグラスヒュッテ はミニマライズされた、優れた時計を多く製造しています。
ほとんどのモデルが40ミリ以下、そして機械式時計という本格的な腕時計です。

ストラップにも変化が出てきた

Commuter hand

Commuter hand

それともうひとつの傾向が、ステンレス製ブレスの減少です。これは私の考えでは、時計の重量が軽くなることで、レザーやNATOストラップを採用しているブランドが、増加していると推測されます。
ステンレス製ブレスはスポーティーな印象を与えるため男性の腕時計の定番です。夏でも汗に強いという日本の風土に合ったステンレス製ブレスですが、なぜ減少しているのでしょう。

実用的な腕時計が見直されている

ビジネスマン修正シャツ袖

ビジネスマン修正シャツ袖

ミニマライズされた腕時計と、レザーやNATOストラップが見直されてきたかは、さまざまな意見があると思います。
もちろんデカ厚時計やメタルバンドに飽き、これは流行の繰り返しだという意見もひとつの理由です。
しかし、僕は実用的な時計が見直されているからと感じます。
ビジネスで腕時計は、仕事に支障の無い物が必要です。大きな時計ではやはり手を動かす時に妨げになります。
プロジェクト管理ダッシュ ボード画面のラップトップ上の...

プロジェクト管理ダッシュ ボード画面のラップトップ上のクローズ アップ/コンピューター

特に現代のビジネスマンはパソコン入力が欠かせません。キーボードの入力操作では、大きな時計だと使いにくいからです。

ミニマライズされた時計はどんな物がおすすめか?

 (220992)

では具体的にどんなモデルが良いのでしょう?
例えばトケマーで出品されていた上の36ミリの「デイトジャスト」はビジネスマン向けの腕時計です。このようなデイト表示がある時計の方が実用的でビジネスでは重宝します。
そして今流行のブルー文字盤はお堅い会社でも問題ありません。
アラビア数字よりローマンインデックスの方がより高級感を与えてくれます。
値段も手頃な50万円代ですから、ぜひ押さえておきたい腕時計です。
 (220995)

他にはジャガールクルト マスターコントロール Q1548470 もおすすめです。ありきたりなロレックスより少し変化が欲しい人にはピッタリ。
このマスターコントロールは黒の文字盤にシンプルなデイト表示で価格はトケマーで40万円代です。
ジャガー・ルクルトは中古ではほとんどの物がロレックスより安く、売られています。しかし、一般の人には聞き慣れ無いこのブランドはまわりから「時計好き?」と尊敬の眼差しで見られることが多いブランドです。
10年以上続いたデカ厚時計もそろそろ終わりが近づいて来たかも、知れません。
ぜひこの機会にミニマライズされた、腕時計に買い変えてみませんか?

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【価格帯別】おすすめの腕時計【100万円あたりまで】

【価格帯別】おすすめの腕時計【100万円あたりまで】

価格帯別おすすめの腕時計、今回は100万円あたりまでの腕時計でおすすめのモデルを選んでいきたいと思います。100万円といえば、あえて言うなら普通の人は出さないですよね、腕時計に。腕時計に興味のない人は信じられないかもしれない世界へご招待です。
yusapapa | 4,486 view
冬服の袖口にすっぽり収まる小ぶりな時計 おすすめ5本

冬服の袖口にすっぽり収まる小ぶりな時計 おすすめ5本

季節はすっかり冬ということで、袖口に収まる時計をお求めの方も多いのではないでしょうか。ここ最近はデカ厚ということで、時計の巨大化が進んできましたが、最近の時計はデカすぎる、なんて方におすすめの袖口のすっぽり収まる小ぶりな時計を選んでいきますよ。
yusapapa | 5,341 view
今年中に買いたい新作時計 ベスト5

今年中に買いたい新作時計 ベスト5

時は令和元年ということで、今年も残すところあと3ヶ月。アニバーサリーイヤーということで、何か記念の1本も欲しいところですよね。そこで、今回は今年中に買いたい新作時計ということで、おすすめの時計を選んでいきたいと思います。
yusapapa | 15,883 view
秋の夜長に愛でる レザーストラップがかっこいい時計

秋の夜長に愛でる レザーストラップがかっこいい時計

残暑厳しいですが、朝晩など秋の気配も感じる今日この頃。こんな秋の夜長には、レザーストラップの時計が似合いますよね。ということで、今回はレザーストラップがかっこいい時計ということで、おすすめモデルを選んでいきたいと思います。
yusapapa | 5,333 view
【令和元年】今 100万円以下で買えるおすすめ時計

【令和元年】今 100万円以下で買えるおすすめ時計

元号が令和となり、最初の年ということで記念となる時計を買っちゃおうという企画でございます。今回はどんと100万円以下ということで、ここまでいくと、ちょっと時計に興味がある程度ではなかなか出せない額ですね。
yusapapa | 8,704 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goro goro
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋