2017年3月31日 更新

【バーゼルワールド 2017年新作】 オメガ シーマスター プラネットオーシャン ビッグブルー 215.92.46.22.03.001

2017年バーゼル開幕です。各社の腕時計の写真が世界中のSNSを飛び交っていますね。その中でもど派手なオメガを見つけましたので調べてみたいと思います。

8,222 view お気に入り 0

シーマスター プラネットオーシャン ビッグブルー

プラネットオーシャン ビッグブルー

プラネットオーシャン ビッグブルー

なんかデカくて青いのが…
2017年バーゼルワールド盛り上がってますね!!

年に一度の腕時計のお祭りですからね♪その中でもロレックス、オメガ、パテックフィリップの注目度が高いですね。新作の写真が一気に出回ってますね。
昨日は私も深夜からロレックスのバーゼルの記事を書いておりました。そしてお次はオメガという事で私の注目は写真の青くてデカイやつです。

詳しくスペックを書き出すと、



「オメガ シーマスター プラネットオーシャン ビッグブルー」
Ref.215.92.46.22.03.001


サイズ 45.5mm


ケース素材 セラミック


ムーブメント cal.8906


15000ガウス耐磁ムーブメント
パワーリザーブ 60時間


防水性能 600メートル
私個人としてはこういう特定の人にだけ好かれるカラーリングは好きです。


夏の海で着けてたら物凄く目立ちそうですね(笑)
今年のバーゼルを見ていて思うのが各社、


「ダイバーズウォッチに力を入れている」という事に気付きます。
ロレックスはシードゥエラー、オメガはシーマスター、パテックフィリップは青いアクアノートを発表しています。

要はファッション的思考で言えば、今年のトレンドは「ダイバーズウォッチ」なのでしょう。
それでは本題のシーマスターについて見ていきましょう。

セラミック製のダイバーズウォッチ

セラミックのシーマスター

セラミックのシーマスター

インパクトは十分。
はい。それでは真面目なお話に参ります。


セラミックのダイバーズウォッチのメリットについて書いてまいります。
現代のダイバーズウォッチはそのほとんどがステンレススチール製だと思います。


そしてステンレススチールが水場で使用しても錆びないのは表面に不動態皮膜というものを形成するからです。コレは鉄に10%程度ののクロムを加えることで表面にクロムと酸素が結びついて膜を形成することに由来します。
不動態皮膜

不動態皮膜

イメージとしてはサランラップみたいな感じです。
要はステンレススチール自体が錆びないのでは無く、この不動態皮膜によって
金属自身が守られているから錆びないのです。
そしてこの不動態皮膜は非常に薄いものですので欠損することもあります。


しかし瞬時に自己修復を行う素晴らしい性質を持っています。その為ステンレススチールは長期に渡り錆びないのです。
加えて言うとロレックスやオメガなどの高級腕時計メーカーに採用させるステンレススチールにはニッケルが含有されています。

このニッケルを含有しているおかげで錆の進行を遅らせる事が出来ているのです。
まとめるとステンレススチール製のダイバーズウォッチは、



・クロムを含有することによる不動態皮膜により表面を保護


・ニッケルを含有することによる錆の進行を遅らせる事が出来る



その為水場の使用でも簡単に錆びない様になっております。
そして何故こんなにステンレススチールの話をしたのかと言えば、

ステンレススチールの腕時計は錆びないのでは無く、メーカーや素材開発企業の努力により錆びにくい金属になっているだけで、



「ステンレスダイバーズウォッチには苦手なシチュエーションがある」



という認識を持って頂きたいためです。
実はプールが最大の天敵

実はプールが最大の天敵

意外と盲点であるプール。
そうなんです。水の消毒に使われる塩素がステンレススチールの不動態皮膜を壊す性質を持っているのです。
普通のプールであれば塩素濃度の基準がが0.4mg/l〜1.0mg/lですので、ステンレスの腕時計が短時間で錆びてしまう事はありません。
しかし毎日毎日プールや塩素濃度の高い水に触る方はそういうわけには行きません。


建築関係のデータですがプール施設に使用されていたステンレスが2年以内に錆びの症状がかなり進行したという例も実際に発生しているのです。
不動態皮膜の敵である塩素。

不動態皮膜の敵である塩素。

ステンレススチールも無敵ではありません。
そこへ来て今回の本題であるセラミックダイバーズはどうなのかと言いますと、




「そもそもセラミックは錆びません」




そうなのです。水場の環境においてはステンレス以上に強い材質なのです。
セラミックの強さ

セラミックの強さ

錆びないのです。
要は今まで加工が困難であるために腕時計のケースには積極採用されてこなかったセラミックですが、ダイバーズウォッチには非常に向いている材質なのです。
オメガのシーマスターがセラミックを積極採用しているのもこの事が理由だと考えられます。
次のページでもオメガ シーマスター プラネットオーシャン ビックブルーの特徴について書いていきます。

現代における最強のアンチウォッチ

現代最強のアンチウォッチ

現代最強のアンチウォッチ

環境に対するアンチ。
おそらく現代の耐磁ムーブメントといえばオメガ製のモノで間違いないだろうと思います。
ロレックスのミルガウスやIWCのインヂュニアといった腕時計は私は耐磁時計では無く、防磁時計であると考えています。

それはオメガの耐磁ムーブメントを見たことに端を発します。
いわゆる今までの耐磁腕時計が天敵である磁力でから身を守る為に使用してきたのがインナーケースでありました。

ムーブメントの周囲を、



「ムーブメントより磁力を通しやすい物質で覆うこと」、これが数年前までの耐磁時計の常識でした。
しかしこのオメガのcal.8906はまったく違う耐磁の方法をとっている。


それは、

「ムーブメントの心臓部をそもそも磁力を帯びない物質で作ること」


簡単に言うとムーブメント自体を磁力に強い物質で作っちゃえばいいんじゃない?という考え方で耐磁時計を作っております。
なのでオメガの耐磁時計を他のメーカーのそれと一緒にしてはいけない。


全く違うアプローチによって磁力に対してアンチしている現代時計の最高位の耐磁時計としてのリスペクトの目線で見る必要があるでしょう。


ダイバーズウォッチの天敵塩素にも強く、腕時計自体の天敵である磁力にも強い。



セラミック製のシーマスターはまさに現代社会へのアンチウォッチなのである。

まとめ

シーマスター プラネットオーシャン ビックブルーまとめ

シーマスター プラネットオーシャン ビックブルーまとめ

強い腕時計である。
今回紹介したオメガ シーマスター プラネットオーシャン ビッグブルーは環境に対して非常に強い腕時計であることがわかりました。


・セラミックケース採用で傷に強い


・セラミックケース採用によりステンレスの天敵塩素にも強い


・現代最強の耐磁ムーブメントを採用。日常生活では電化製品を気にせず使える


といった身の回りの環境に対しての防御性能を高めた「アンチウォッチ」であることがわかった。
唯一の懸念材料としてはおそらく定価が100万円を超えてくるであろうということではないでしょうか?


近年のオメガは高性能化が進むの非常に良いことなのですが、高価格化も進んでしまって以前のような親しみやすさが薄れている点が挙げられます。


バーゼルで発表したばかりなのであまり多くは書きませんが、この腕時計が非常に高性能だとしても一体世間の人はいくらまでなら購入意欲が湧くのであろうか?


オメガのシーマスター プラネットオーシャン ビックブルー最大の敵は購入者とメーカーとの意識のギャップなのかもしれない。


2017年新作のオメガ シーマスターはそのギャップにアンチすることが出来るのか?注目して見守って参りたいと思います。


それでは本日はこのあたりで。


失礼致します。

この記事と関連した内容の記事

トケマー販売商品一部紹介

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【使うことはないけど】クロノグラフがかっこいい part2

【使うことはないけど】クロノグラフがかっこいい part2

日常生活で使うことはあまりないけれど、なんだかかっこいいクロノグラフ機構。時計好きであれば1本は欲しいと思っている方も多いのではないでしょうか。そこで、今回も前回に引き続き、おすすめのクロノグラフについて紹介していきたいと思います。
yusapapa | 2,107 view
夏だ 海だ おすすめダイバーズウォッチ特集 part1

夏だ 海だ おすすめダイバーズウォッチ特集 part1

もうじき梅雨も明けるということで、夏と言えば海、海と言えばダイバーズウォッチということで、今回は夏に映える、ダイバーズウォッチを特集したいと思います。各ブランド魅力的なダイバーズウォッチが目白押しですからね。お気に入りが見つかるでしょうか。
yusapapa | 4,502 view
ブランド定点観測 Vol-4「オメガ」

ブランド定点観測 Vol-4「オメガ」

スイス時計界の旗振り役、スウォッチグループの幹事会社であるオメガ。日本でも人気ブランドで、アイコニックなモデルを多く世に出しています。1970年代のクオーツクライシスで危機に瀕した同社はハイエックのもと息を吹き返し現在もトップブランドとして業界を牽引しています。そんな人気ブランドを僕目線で考察します。
goro | 3,432 view
アンチロレックスに贈る おすすめオメガ 5本 【Ω】

アンチロレックスに贈る おすすめオメガ 5本 【Ω】

機械式高級腕時計を購入する際、ロレックスはあまりに人気過ぎて苦手という方もおられるかもしれません。そこで候補に挙がるのがオメガ。今回は、そんなアンチロレックスな方に贈る、オメガのおすすめモデルについて考えていこうと思います。
yusapapa | 4,777 view
ステンレスは腕時計にとって最適な素材か?

ステンレスは腕時計にとって最適な素材か?

現代の時計製造ではステンレスが最も多く腕時計のケースとして使用されている金属です。しかしもともとステンレスは工業用品として使われる金属で、腕時計以外のアクセサリーで使用されることは滅多にありません。なぜ時計に多く使われるようになったか、ステンレス鋼の歴史や鋼材の特徴も併せて考えていきます。
goro | 4,341 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ギロチン ギロチン
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋