2019年10月29日 更新

【今買える】 おすすめ本格機械式時計 7本選んだよ! その2

今買える、おすすめ時計第三弾。今回は比較的高級時計と言われるブランドを中心に、あがりの時計をテーマに7本の時計を選んでいこうと思います。なかなか帰る値段ではないとは思いますが、いつかは買うぞ、という思いで見ていきましょう。

4,573 view お気に入り 0
 (225632)

今買える、おすすめの本格機械式時計を7本選んでいこうというこの企画。

今回が第三弾ということになります。

今回はあがりの時計にもふさわしいほど、かなり高価なものも選んでいこうと思いますのでご了承くださいませ。

パティック・フィリップ

 (225611)

1本目は、パティック・フィリップ グランド・コンプリケーション。

お値段の方は、22,418,000円。

一般ピーポーがどう足掻いても買えるような値段ではないですが、目の保養ということでご紹介です。

パティック・フィリップと言えば、現在、ノーチラスが世界中で大人気ですが、個人的にはこういったクラシカルなデザインのコンプリケーション系も好きだったりします。

もちろん、買えませんが・・・。

ランゲ&ゾーネ

 (225615)

2本目は、ランゲ&ゾーネ ランゲⅠ。

お値段の方は、約4,600,000円。

復活してからの歴史は浅いものの、ブランドに対する評価は非常に高く前述のパティック・フィリップに勝るとも劣らないと言っても過言ではありません。

アウトサイズデイトと呼ばれる日付表示が特徴的なこのランゲⅠは、復活第1号として発表されたモデルであり、現在も同社を代表するモデルになっています。

完璧なモノづくりを目指しているということで、時計通も唸ること間違いなしです。


バシュロン・コンスタンタン

 (225618)

3本目は、バシュロン・コンスタンタン パトリモニー。

お値段の方は、3,366,000円。

世界最古の時計ブランドとも言われているバシュロン・コンスタンタン。

その中でも、無駄を排したシンプルなデザインが魅力で、これぞラウンドケースのお手本ともいえるモデルではないでしょうか。

年齢を重ねた大人のための腕時計、決して若者には似合いません。

こういった時計をさらりと着けこなせるような大人の魅力が欲しいものです。

ブレゲ

 (225621)

4本目は、ブレゲ。

お値段の方は、8,360,000円。

ブレゲと言えば、時計の歴史を200年早めたとも言われる、アブラアム=ルイ・ブレゲがフランス パリで創業したことで有名なブランドですね。

そういうわけだから、当然のことながら歴史も古く、かのナポレオンも顧客だったとか。

クラシカルなモデルはどれも威厳を感じさせるモデルばかりで、どこかで見たことのあるデザインと感じさせるのは、それだけ真似されているという証拠でしょう。


グランドセイコー

 (225624)

5本目は、グランドセイコー。

お値段の方は、850,000円+税。

日本が誇る、本格機械式時計メーカーと言えば、グランドセイコーの名前を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

こちらのモデルは新作で、プックリとしたクラシカルなケースフォルムに、シンプルな文字盤でカテゴリー的にはドレスウォッチに分類されるようです。

手巻き式ということで、ゼンマイを巻き上げる日々の動作も趣が感じられて良いですね。

ジャガー・ルクルト

 (225627)

6本目は、ジャガー・ルクルト マスター・ウルトラスリム・パーペチュアル。

お値段の方は、2,296,800円。

決して安いとは言えない価格とはいえ、これだけの複雑機構てんこ盛りでこのお値段は、やはり安いと感じる人も多いのではないでしょうか。

ウルトラスリム、永久カレンダー、ムーンフェーズと、代表的な複雑機構のうちの実に3つを備えております。

いつも思うのですが、永久カレンダーって長らく放置して止まったままになっていた場合、どうやって日付合わせをするんでしょうね・・・。

オーデマ・ピゲ

 (225630)

7本目は、オーデマ・ピゲ ジュール オーデマ ジュール オーデマ グランド コンプリカシオン。

お値段の方は、約8千万円。

すでに非売品と表示されてはいるものの、おすすめのところに挙がっているということで、今後も再販売が期待される傑作品ですね。

ミニッツリピーター、永久カレンダー、スプリットセコンドクロノグラフ、とこちらも複雑機構の多くを網羅したモデルになります。

値段は分かりませんが、おそらく億いっちゃうんじゃないかというレベルになり、時計というよりは、もはや工芸品といったところでしょうか。

一生に一度、実物を見れるかどうかも分からないような時計ですが、世の中こんな時計を本当に買う人がいるんですね・・・。

まとめ

gettyimages (225634)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

いかがでしたでしょうか。

今買える、本格機械式時計ということで、今回はかなり現実離れしたモデルも含めて紹介させていただきました。

不思議なもので、これくらいの時計をみていると、100万円くらいの時計が異様に安く感じてしまうのは私だけでしょうか。

そうは言っても、時計に100万円なんてそうそうかけられるものでもないですけどね。

それこそ、勝負の1本をいくというのでもない限り・・・。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ロレックスもいいけどボーナス使ってあがりの時計 人生最後の時計はどれ?

ロレックスもいいけどボーナス使ってあがりの時計 人生最後の時計はどれ?

今年もいよいよ終わりに近づき、ボーナス使って大きな買い物でもやってやろうか、なんて景気のいい人もおられるのではないでしょうか。そこで、今回はボーナス使ってあがりの時計ということで、人生最後の時計を選んでいこうと思います。
yusapapa | 38,447 view
上がりの時計 何にする?着ける腕は1本だよ・・・

上がりの時計 何にする?着ける腕は1本だよ・・・

腕時計の沼にはまると、あれもこれもと欲しくなってくるのはよくある話で、何本もコレクションしたところで、所詮、一度に着けられるのは普通は1本。両腕に着けている人もたまにいますが、一般人ではなかなかいませんよね・・・。で、上がりの時計、何にしますか?
yusapapa | 6,686 view
【自分へのご褒美】50代におすすめ こだわり時計

【自分へのご褒美】50代におすすめ こだわり時計

20代から始まり、今回がいよいよ50代となった、自分へのご褒美として、50代におすすめするこだわり時計。50代といえば、仕事面では総仕上げの年代といったところでしょうか。最近はみなさん元気なので、定年と同時に仕事を辞めるという人も少ないようですが・・・。
yusapapa | 9,928 view
50代におすすめしたい、勝負時計とは?

50代におすすめしたい、勝負時計とは?

50代ともなれば、定年までカウントダウン、勝負時計の1本も持っていないといけない年齢ではないでしょうか。社内でも高いポストについておられる方も多いかと思いますからね。そんなわけで、今回は50代におすすめしたい、勝負時計について考えていきます。
yusapapa | 9,575 view
【50代】定年まであと少し ビジネスマンにおすすめ 最後の時計

【50代】定年まであと少し ビジネスマンにおすすめ 最後の時計

ビジネスマンも50代といえば、定年まであと少し、場合によっては最後の時計を選ぶ段階かもしれませんね。お仕事でも、今までやってきたものの集大成を迎えることでしょう。そんなビジネスマンとしての仕上げを飾るにふさわしいおすすめの時計を紹介したいと思います。
yusapapa | 12,621 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yusapapa yusapapa
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋