2017年3月27日 更新

やっぱりパネライが好きだ! 古いカタログ発掘して個人的に盛り上がる・・・

世界的なブームも、ここ最近は少し落ち着いた感のあるパネライ。とはいえ、製品としての完成度は、年々増しております。私が購入したのは2001年のことなので、爆発的に流行る少し前のこと。それまでに集めていたカタログを少し紹介します。

7,741 view お気に入り 0

パネライという時計

 (121220)

世界中にデカ厚時計ブームを巻き起こし、一気に人気ブランドへと駆け上がったパネライ。
1998年、本格的にブランドが復活する以前は、幻といわれた軍用のアンティークモデルが、一部のマニアの間でのみ、取引されていたようです。
20年以上前の雑誌には、ごくたまに掲載されているのを見かけるくらいで、それでもムーブメントにロレックスが採用されているモデルは、当時としては破格の100万円を超えてくるモデルもありましたね。
その頃は、それでもかなり高価に感じたものです。もっとも、今は現物があったとしても、下手すりゃウン千万円とかになっていそうですが。

マッチョのための時計

thinkstock (120813)

個人的な話になりますが、ハリウッドスターのシルヴェスター・スタローンやアーノルド・シュワルツェネッガーが大好きだった関係で、パネライに関しては、かなり初期のころから気になっておりました。
マッチョな身体に、あの存在感バリバリの腕時計はどこのブランドだろう、なんて調べた記憶があります。もともと大きな時計が好きだったので。
そういったことから、いざ、パネライが復活となったときには、かなり欲しかったのも事実です。
幾度となく、現物を見にお店へ足を運び、手に取ってみては、迷う期間がしばらく続くことになります。
お金に余裕があれば、間違いなく最初のものを買っていたと思いますね。
ルミノールマリーナあたりを。当時は学生だったので、30万円くらいだったと思うのですが、そんな金額はなかなか用意できませんでしたね。
 (121225)

こちらは現行のルミノールベース
当時、迷っていた、最大のポイントは、革ベルトしかないという点でした。

そういった理由から、2000年にブレスレットモデルのpam00050が発売された時は、ほぼ速攻で買った覚えがあります。

当時のカタログやリーフレット

当時、色々なところでもらったカタログや、リーフレットは、ヤフオクにハマっていたころに、結構売ってしまったので、手元に残る資料は少なくなってしまいました。
今となっては、もったいないことをしましたね。少し後悔です。
ただ、パネライがかなりのブームだったころなので、リーフレット1枚にしても、結構いい値段で落札されたんですね。
 (121226)

自分が購入したpam00050のリーフレットだけは、ヤフオクに出品せずに残そうとしていたのでしょうか、まだ残っていますね。
 (121221)

一番お気に入りのカタログは、「SPECIAL EDITIONS」というタイトルのもので、2001年までに発売されたスペシャルエディションの詳細が一冊にまとめられているものです。
その中でも一番好きなのは、1997年のラジオミール45mm。1938年に製作されたラジオミール第一号モデルの復刻版とのことで、この世に60本しか存在しません。
ムーブメントは、パネライの復活に合わせたかのように、偶然に発見されたとされる、ロレックスのアンティークムーブメントです。タイミングが良すぎですね。
 (121222)

1997年の発売当時の記事を見てみると、一部、オークション形式で発売されたようで、その落札価格は500万円オーバー。

今、オークションに出されたら、いったいいくらの値がつけられるのでしょうね。

海外のショップでも、このモデルに値段がつけられた状態で売っているのは、見たことがありません。
 (121223)

ここ最近は、パネライのカタログも手元に頂いていないのですが、一時のようなブームが去ったとはいえ、1つ1つのモデルの魅力は、現行モデルの方が断然にあると思う今日この頃。

デザインもさることながら、細部の作りこみも、ここ何年かで格段にあがったのではないかと個人的には思います。

しかも、以前はたとえ並行輸入品であっても、定価か、それよりもほんの少しだけ安い程度でした。

ですが、今は、並行輸入品や、中古のモデルだと、以前では信じられないくらい安くなっているモデルも出てきています。

今はほとんど見ないブレスレットモデルも個人的には好きですが、やはり、男なら47mmのパネライらしいモデルを、鍛え上げた腕にバシッとはめたいものです。
 (121228)

ここ最近欲しいpam00422

まとめ

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

パネライというブランドは、復活時に周りの時計好き誰よりも真っ先に私が飛びついたブランドでして、個人的に思い入れのあるブランドです。

一過性の流行りという声も聞かれましたが、もはやブランドとしての地位を築いたといっても過言ではないかと思います。

こんなに個性的な時計が、よくぞ、ここまで人気を博しましたね。これからも魅力的なモデルをどんどん発表して欲しいものです。
 (121229)

関連する腕時計記事はこちらから

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ブランド探究】 パネライは良い時計?悪い時計? やっぱり欲しくなる~

【ブランド探究】 パネライは良い時計?悪い時計? やっぱり欲しくなる~

デカ厚ブームを巻き起こした時計の元祖といえば、パネライの名前を挙げる人が多いのではないでしょうか。熱狂的なファンも世界中にいますからね。今では定着した感のあるデカ厚時計の代表、パネライの良いところ、悪いところを、独断と偏見で書いていこうと思います。
yusapapa | 43,203 view
こんな店員さんは嫌だ!気持ちよく買い物したい! 「とてもお似合いですぅ~」 嘘つけ!

こんな店員さんは嫌だ!気持ちよく買い物したい! 「とてもお似合いですぅ~」 嘘つけ!

みなさんはお店で嫌な感じの店員さんに出会ったことはあるでしょうか。接客態度が悪かったり、相手によって態度を変えたり、様々ですが、どうせ買うなら気持ちのよい接客で買いたいものですよね。今回はこんな店員さんは嫌だ、について書いてみました。
yusapapa | 6,341 view
【パネライ】1998年、復活当時と相場と購入の思い出と・・・ 【元祖デカ厚のパイオニア】

【パネライ】1998年、復活当時と相場と購入の思い出と・・・ 【元祖デカ厚のパイオニア】

1998年に本格的に復活を遂げたパネライ。今では多くの著名人が愛用し、ロレックスの次に狙う時計としても注目の的ですね。世界中でデカ厚ブームを巻き起こしたパネライの復活当時の様子と、自身の購入の思い出について書こうと思います。
yusapapa | 5,260 view
ポストロレックス パネライという選択

ポストロレックス パネライという選択

ロレックス一人勝ちの時計界ではありますが、ロレックス以外の腕時計が欲しいよ、なんて方もきっとおられるのではないでしょうか。そんなあなたに、ポストロレックスとしてロレックスに勝るとも劣らないブランドオーラを放つパネライを紹介したいと思います。
yusapapa | 7,278 view
ラグビー日本代表決勝トーナメント出場決定おめでとうございます!!というわけで、ラガーマンに似合う腕時計5選!

ラグビー日本代表決勝トーナメント出場決定おめでとうございます!!というわけで、ラガーマンに似合う腕時計5選!

日本代表がラグビーワールドカップで決勝トーナメントに進んだので、それにあやかりラガーマンのようながっしりした方に似合う腕時計を紹介します!!
はなすけ | 3,896 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yusapapa yusapapa
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋