2016年12月21日 更新

実際どうなの? セイコー SBDC045 プロスペックス ダイバースキューバ トランスオーシャン ゼロハリバートンコラボレーション限定モデル

2016年の新モデル「セイコー プロスペックス ダイバースキューバ"トランスオーシャン"」からリリース記念で登場したゼロハリバートンとの限定コラボレーションモデルSBDC045をレビュー。格好良い都会派オシャレダイビングウォッチの形を満喫します。これ、超格好良いですよ!本当に。アンダー10万円になったら皆飛びつきましょう!

59,407 view お気に入り 0

Seiko SBDC045 TransOcean Zero Halliburton

 (91589)

今回は2016年1月に発表された新モデルのダイバーズウオッチ
セイコー プロスペックスTRANSOCEAN(トランスオーシャン)から限定モデルのSBDC045です。

SBDC045はアタッシュケース(アタッシェケース)でお馴染みのゼロハリバートンとのコラボモデルです。
世界限定500本。
なかなかのレアピースです。

SBDC043はオールホワイト、SBDC045がオールブラックで、それぞれ500本ずつ。
140,000円(税抜)が定価で、ノーマルモデルより1万円高くなっています。
 (91590)

それではスペックから。
SBDC045
硬質ブラックコーティングのスティールケースは45mm
厚さは約14mm
自動巻きムーブメント キャリバー6R15を搭載
逆回転防止セラミックベゼル
200m防水

重さも190グラム近くありズッシリです。
 (91591)

このトランスオーシャンのコンセプトは「二律背反」。
本格はダイバーズウォッチでありながら、オシャレさも忘れません。
スタイリッシュですがプロ仕様。
しっかりとしたスペックと、街中でも無難に着けられるデザイン。
良いですね。
 (91592)

文字盤もオシャレ。
ダブルリブと呼ばれるゼロハリバートンのアタッシェケースの柄(プレス加工)を再現しているストライプダイヤル。
 (91593)

ベビーツナ(外胴プロテクター)よりも小振りですが、それでも独特なラグ形状でインパクトは大。
新しいスタイルのセイコーダイバーは受け入れられますかね?
かなり格好良いですけど。

セラミック製のベゼルもグッド。高級感、耐久性ともにステンレスベゼルを凌駕します。
 (91595)

ブレスレットも無垢タイプでしっかりとしています。
硬質コーティングされたステンレススティールが「強さ」をアピールしているようです。

黒いですねぇ。
 (91597)

サテン仕上げ(筋目仕上げ)されたブレスレット。
キズが目立ちにくくしているわけではありませんね。
黒いコーティングは、当てキズですぐ剥げます。

ビスがシルバーなのが気になりますね。
 (91598)

バックルのプレートはすでにキズが細かく付き、黒が剥げていますね。
 (91599)

サイドは全体的に鏡面仕上げです。
コントラストで高級感がありますが、鏡面部はキズが目立つのがネックですね。

ダイバーウォッチなので、水中に着けていくのが前提ですね。
もちろんキズが付きやすい環境です。
しかしタウンユースも視野に入れている「トランスオーシャン」。
長く使う場合・・・どっちが良かったのかな?
 (91601)

限定感を満喫できる「ZERO HALLIBURTON」と500本中〇番の記載。

セイコーファンは世界中にいますし、人気のダイバーウォッチ。
ゼロハリファンもたくさんいますから、かなり競争率の高いモデルです。
まだ買えますが、数年後にはレアピースとして探す方が増えるのではないでしょうか?
 (91616)

この「男らしい」ライン。
力強い。

気になるのはセイコーダイバー=シリコンストラップみたいなイメージから、交換はできるのかどうかです。
ラグの形状が独特なので、専用のラバーベルトでないフィットしませんよね。
トランスオーシャンのオーナーのインスタなど探してもラバー仕様に変更している方はまだ居ないようです。
 (91602)

拡大して見ますと、針のバリが気になります。
ロレックスなど高級時計では見られない仕上げですね。
14万円もしているのですから、もう少しだけ気を付けて欲しかった。
 (91603)

プロスペックスの「X」マーク。

私はあまりこのXが好きじゃありません・・・。
 (91604)

日本製の「JAPAN」と、Cal.6R15搭載の証。

手巻き機能・ハック機能が付いた自動巻きムーブメントです。
5万円程度から販売される時計でも使われていますので、特別ではありません。
※セイコー5などで使用される7S26の改良版。
 (91614)

ダブルリブプレス柄が光の加減で映し出されます。

個人的にはマットブラックの方が良かったな~なんて思います。
 (91615)

スイス製であれば10万円台では販売できないでしょう。
文句ばっかり言っていますが、実際は格好良いですし満足できるモデルです。

さすがはセイコー!と言える作りですよ。
 (91605)

ゼロマーカーとか、ちょっと雑な作りですね。
 (91606)

何の変哲もない、シンプルなクラウン。
 (91607)

セイコーロゴをプレスされたバックルのフリップ部。
 (91609)

セイコーダイバーお馴染みの「波模様」。
 (91611)

ゼロハリ限定の証。

ノーマルでもオールブラックがあっても良かったですね。
艶消しタイプとか。

ゼロハリ・コラボはオールホワイトもあります。
 (91612)

MADE IN JAPAN「日本製」の証。

他にも素材や、ムーブメント、飽和潜水向けじゃないよ・・・など記載されています。
 (91613)

ラグパーツとブレスレットの接合部。

いつもの感じとちょっと違います。
 (92493)

12~13mmほどしかないのでラバーを取り付けるのは至難の業ですね。
 (92502)

このケースと分離しているラグパーツが謎です。

不思議な組み立てられ方していますね。
 (92500)

通称「たたき」と言われるピン留め式のコマ(ブレスレット)。

調整は100均の道具でも可能ですが、ネジ留め式の方が高級感があって良いですね。
 (91618)

夜光は強めです。

ルミナスもハンドもインデックスもグリーンに輝きます!

まとめ

 (92514)

ベゼルのノッチ感もとてもスムーズです。
質感も良く、非常に格好良いトランスオーシャン SBGC045。
残念なのは「重すぎる」点です。
ビジネスシーンには不向きな180グラムオーバー。
長時間着けているのは正直つらいですね。
特にヘッドが重くバランス取っていると手が疲れます。
身体が大きい人は良いかも知れません。

ただ、格好良い(笑)
10万円ちょっとで買える時計の中では、かなり上位に入賞できる良い時計だと思います。

7月にはトランスオーシャンの新しいコラボ「ライジングウェーブ(香水)」のブルーダイヤルがリリースされています。
SBDC047 130,000円+税

ノーマルの白がホームページから外れているような気もしますが3種
SBDC037 130,000円+税(SS 白セラミック+白文字盤)
SBDC039 130,000円+税(SS 黒セラミック+黒文字盤)
SBDC041 130,000円+税(SS黒コーティング+PGメッキ)

ゼロハリとのコラボの白
SBDC043 140,000円+税(SS シロセラミック+シルバー文字盤)

と、セイコー プロスペックス ダイバースキューバ トランスオーシャンの3針ダイバーは全6種類がリリースされています。
クロノグラフもファミリーにあり、320,000円+税となかなかの値段ですね。

いかがでしたでしょうか?
新モデルのトランスオーシャン。
これからのセイコーダイバーを引っ張る新しいカタチかもしれませんね。
「潜り専用」から「都会派ダイバー」へ。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

セイコー SBEP001 LOWERCASE プロデュースモデル プロスペックス フィールドマスター

セイコー SBEP001 LOWERCASE プロデュースモデル プロスペックス フィールドマスター

2016年6月に誕生した梶原由景氏率いるLOWERCASEがプロデュースするセイコープロスペックスシリーズ。今年も新作が登場です。リリース毎に新たなコンセプトで盛り上げている若向けの人気シリーズ。今回は「デジタル」です。
ZENMAI | 28,754 view
セイコー SBDX019 限定2000本 プロスペックス ダイバースキューバ ヒストリカルコレクション 国産ファーストダイバーズウオッチ 復刻デザイン

セイコー SBDX019 限定2000本 プロスペックス ダイバースキューバ ヒストリカルコレクション 国産ファーストダイバーズウオッチ 復刻デザイン

日本が、セイコーが、本気で作った初めてのダイバーズウォッチ。その復刻デザインがリリースされました。ほぼ完全に復刻された外観に現代のスペックを搭載。幻のモデルだけに、この夏ブレイク間違いありません!
ZENMAI | 25,071 view
55周年記念 グランドセイコー ヒストリカルコレクション復刻セット セイコープレミアムウォッチサロン限定55セット

55周年記念 グランドセイコー ヒストリカルコレクション復刻セット セイコープレミアムウォッチサロン限定55セット

僅か55セットしか販売されなかった非常にレアなブランド誕生55周年 グランドセイコー ヒストリカルコレクション復刻セイコープレミアムウォッチサロン限定3本セットです。中にはSBGW047、SBGV009、SBGR095が豪華なボックスに入っており、コレクションにはもってこいですね。
ZENMAI | 33,952 view
セイコー ブラックモンスター SKX779K 海外モデル 防水200mダイバーウォッチ

セイコー ブラックモンスター SKX779K 海外モデル 防水200mダイバーウォッチ

セイコーと言えばダイバーウォッチ。セイコーダイバーで人気モデルと言えば「モンスター」。海外にはそんなセイコーファンが多いイメージを勝手に私は持っています。実際のところ、日本では見かけることはあまりないのですが、海やダイビングシーンなどでは利用されているのでしょうか?今回はブラックモンスターのファーストモデル SKX779K1をレビューしていこうと思います。
ZENMAI | 39,178 view
セイコー プロスペックス「PADI」コラボ・ダイバーズウオッチ・コレクションが冬に発売される件

セイコー プロスペックス「PADI」コラボ・ダイバーズウオッチ・コレクションが冬に発売される件

海の男と言えば「漁師」だったり「サーファー」だったり、「釣り人」だったり「ダイバー」だったりします。夏のイメージが強い海も、彼らにしてみたら年中無休のフィールドなんですね。セイコーのコスパに優れたプロスペック・シリーズからダイビングウォッチが4本発表されました。PADIと言う世界最大のダイビング教育機関とのコラボレーションです。
ZENMAIのココ東京 | 19,210 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ZENMAI ZENMAI
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋