2019年3月26日 更新

マーケティングを理解して賢く腕時計を購入するには?

近年モノを売るためには、営業が汗水流して取引先を回るだけではモノは売れません。確実にモノを欲しい人へピンポイントで売るため、マーケティングが重要になっています。そして店頭に並ぶ腕時計もマーケティングの手法によって売られ、僕らは購入しています。今回は「マーケティング」と「腕時計」の関係を整理して紹介します。

3,871 view お気に入り 0

マーケティングと腕時計の関係

ビジネスと成長の概念。

ビジネスと成長の概念。

マーケティングという言葉は最近は当たり前のように使われるようになってきています。しかしマーケティングの意味は?と聞かれると、返答に困る方も多いと思います。
マーケティングには大きく、「マーケティングオートメーション」、「コンテンツマーケティング」、「インフルエンサーマーケティング」、「オムニチャンネル」の4つがあると言われています。
このうちに「コンテンツマーケティング」、「インフルエンサーマーケティング」がよく我々が目や耳にするマーケティングです。
「コンテンツマーケティング」はこの時計怪獣のようなキュレーションサイトを通じ、関連する記事をウェブサイトで公開することで集客するマーケティングです。
「インフルエンサーマーケティング」はSNS上で影響力のある人がアカウントを通じて商品をアピールする手法です。この時計怪獣でもInstagramに「#時計怪獣集まれ」のタグを付けてSNSを通してさまざまな人たちが情報発信をしています。
Instagramの#時計怪獣集まれの良いところは、様々なユーザーが所有している時計をユーザー目線で撮影して、シェアしていることです。
メーカー公式サイトでは見られない写真が多くあり、私もよく見ています。
上の写真は「ヒラリー卿」を背景にEX1を撮影した芸術的なフォトです。時計好きはこれらInstagramを見ているだけで楽しめますね。

企業のマーケティング戦略を腕時計購入で、積極的に利用する

ソーシャルメディアコンセプトが光ります。

ソーシャルメディアコンセプトが光ります。

この時計怪獣のサイトが、マーケティング戦略のひとつと今回初めて知った方もいるでしょうね。そして企業戦略に自分は「はまっている!」と思う方もいるかも知れません。

悲観することはありません。「はまっていて」良いんです。むしろ企業戦略は積極的に利用することを僕はおすすめします。
時計好きの我々は常に時計の情報を集めています。企業が発信する情報とさまざまなアカウントユーザーがシェアする情報を比較して、購入する腕時計の良し悪しを決めることができるからです。
SNSが発達する以前、購入予定の腕時計の良し悪しは実際に手にするまで、知ることができませんでした。しかし「時計怪獣」をはじめとする各種SNSからの豊富な情報により、製品の良し悪しが誰でも簡単にわかるようになってきたのです。
もし、具体的に希望する腕時計がある人は先ず、SNSを使った情報収集を僕はおすすめします。それとメーカの公式HPの情報と比較して、購入への準備をするのことが一番良いでしょう。

SNSで腕時計ブランドは的確に顧客へアプローチができる

赤いハートが好き、新しいメッセージ バブルの友人要求量...

赤いハートが好き、新しいメッセージ バブルの友人要求量番号通知アイコン テンプレートです。ソーシャル ネットワーク アプリのアイコン。

現在の時計ブランドはSNSの公式アカウントを持ち、日々情報を発信しています。SNSの利点は「情報を小出しにできる」ことだと僕は思います。
新製品の情報やバーゼルでの最新情報などを日々アップしていますね。
企業もSNSを使った「インフルエンサーマーケティング」を重要視しています。特に時計ブランドは製品の性質上、Instagramの方を重視している気がします。
そしてSNSは時計好きの人にターゲットを絞り、広告をピンポイントで発信することができるのです。
「写真のSNS」である、Instagramはかつて企業広告をしていませんでした。しかしFacebookと合併してから広告を受け付けるようになり、アカウントユーザーの嗜好に合わせた広告を発信しています。
例えば私のInstagramアカウントで「フォロー中」は時計ブランドばかりです。Instagramは私を「時計好き」、と分析して時計に関する商品の広告を多く配信してきます。
そして10日ほど前に以下のようなInstagramの広告が配信されてきました。
国産機械式腕時計ブランド、オリエントスターのインスタでした。これを見た私はこの時計デザインの良さ、完成度と色、特に深い青文字盤に強く惹かれました。
レトログラードももちろん絶妙で完成度の高さに驚きました。
これまで新製品をアピールする広告は多くの人に見られるようにするために、全国新聞やテレビを使うことが一般的でした。
しかしメディアを使う広告は費用が高く、大手企業又は相当な売り上げが見込める商品以外このような手法を取ることは困難でした。
しかし、ネット広告はピンポイントに広告を打てることから費用も安く、SNSだとさらに個人の嗜好まで考慮した広告さえ配信できます。
これらがSNSを使ったマーケティングです。さらにここから同じ趣味を持つアカウントユーザーや、インフルエンサーから配信してもらうこともでき、タイムリーに情報を多くの人たちへ拡散できるのです。

有名腕時計ブランドほど、SNSにこだわる傾向!

上のインスタはバーゼル2019のロレックスの新しいシードウェラーです。Instagramの強みである、速報性と小出しにできることを最大限に発揮したSNSマーケティングです。
ロレックスは他にもGMTマスターⅡを動画でInstagramでアップしています。動画による配信で、色々な角度から撮影した製品の魅力を存分にアピールしています。
他にはIWCは実際に手首に装着した自社のモデルをSNSに多く載せています。これもやはり公式HPとは違い、より実用的な腕時計の見せ方を意識したSNSの使い方だと思います。

時計ブランドのマーケティング戦略を知り、良い買い物を

Mobile payment. Smartphone,...

Mobile payment. Smartphone, Banknotes, fashion accessories and sweets in the air.

時計ブランドのマーケティングは主にネット関連のものが多い傾向にあります。しかし、「売るための作戦」はネットだけではありません。
swatchグループや他の時計ブランドは近年、直営店舗を増やしています。この狙いは実際に来店する顧客の確保と、嗜好をしっかりと分析できるところにあります。
一見すると我々ユーザーには直営店を使うことはメリットが無いように写ります。
しかし、直営店は「限定品を手に入れやすい」メリットがあり、それを利用しない手はありません。
企業のマーケティングを理解すると、ユーザー立場でもお得なことを手にすることができます。
腕時計ブランドのマーケティングを理解して、欲しい時計をお得に手に入れてください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

モテ 腕時計No.1 IWCポルトギーゼの魅力大解剖

モテ 腕時計No.1 IWCポルトギーゼの魅力大解剖

「女性が男性にして欲しい腕時計ナンバーワン!」2018年頃よりIWCのポルトギーゼはそう呼ばれています。クラッシックですが、どこかモダンな雰囲気も残すコレクションの人気を僕目線で探求します。
goro | 9,528 view
【腕時計レビュー】2019年発表 ロレックス シードゥエラー Ref.126603

【腕時計レビュー】2019年発表 ロレックス シードゥエラー Ref.126603

今回はロレックスが誇るプロフェッショナルダイバーウォッチ "シードゥエラー "から2019年新作 ロレゾールモデル Ref.126603をレビューしてまいりたいと思います。
サウスポー | 11,064 view
【裏を攻める】ロレックス おすすめ裏スポーツモデル

【裏を攻める】ロレックス おすすめ裏スポーツモデル

ロレックスのスポーツモデルと言えば、みなさん、憧れの的ではないでしょうか。ここ数年は、価格が高騰し、どのスポーツモデルであっても、もはや、正規店では買えない状況が続いております。そこで、ちょっと違った角度から、おすすめのスポーツモデルを選んでいこうと思います。
yusapapa | 15,625 view
ダイバーシティな腕時計、ロレックスサブマリーナ

ダイバーシティな腕時計、ロレックスサブマリーナ

最近、テレビを見ていて気になることは、あまりにも多いロレックス愛用者の数です。ニュースキャスターや芸能人然り。確かにロレックスは誰が見てもすぐわかる、デザインが優れた時計です。しかし、彼らはなぜロレックスを選んでいるのか、その理由を考えてみます。
goro | 12,014 view
日本上陸間近?バーゼル2019年ロレックス新作のスタート価格を予想してみる。

日本上陸間近?バーゼル2019年ロレックス新作のスタート価格を予想してみる。

今年の3月に開催されたバーゼル2019。例年の動きを見るとそろそろ日本へのデリバリーも始まるこの時期。(もう入ってきてるのか?)そこで今回は海外相場を基に日本国内の並行店スタート価格を予想してみたいと思います。
サウスポー | 39,166 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goro goro
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋