2019年12月27日 更新

冬服の袖口にすっぽり収まる小ぶりな時計 おすすめ5本

季節はすっかり冬ということで、袖口に収まる時計をお求めの方も多いのではないでしょうか。ここ最近はデカ厚ということで、時計の巨大化が進んできましたが、最近の時計はデカすぎる、なんて方におすすめの袖口のすっぽり収まる小ぶりな時計を選んでいきますよ。

4,695 view お気に入り 0
 (227886)

季節はすっかり冬ということで、当然のことながらほとんどの人が長袖の服を着用していることと思います。

ただ、ここ最近はデカ厚ブームということで、大きな時計を着けている方も多く、袖口にひっかかって不細工なことになっていませんでしょうか。

そこで、冬場こそ着けたい小ぶりな時計をということで、今回は冬服の袖口にすっぽり収まる小ぶりな時計ということで、おすすめのものを紹介していこうと思います。

それではさっそく見ていきましょう。

ハミルトン カーキ アビエーション

 (227869)

1本目は、ハミルトン カーキ アビエーション。

お値段の方は、105,600円。

ケースサイズは36mm。

1973年に英国空軍のために製造されたヴィンテージのミリタリーウォッチを復刻したということで、クラシカルな雰囲気が出てますね。

36mmのケースサイズは、今の時代かなり小振りでワイシャツの袖口にもぴったりと収まるのではないでしょうか。

手首の細い人が多い日本人にとっては、この36mmくらいのサイズが丁度よいようにも思います。

手巻き式ではありますが、80時間のパワーリザーブがあるということで、かなり実用的なのではないでしょうか。


チューダー ブラックベイ

 (227872)

2本目は、チューダー ブラックベイ。

お値段の方は、313,500円。

ケースサイズは36mm。

古くはロレックスのデフュージョンブランドとして知られるチュードル改めチューダー。

ここ最近はロレックス色を脱却し、独自路線で勝負しておりますが、その評価は非常に高いと言えます。

にもかかわらず、比較的リーズナブルな価格帯からラインナップされており、日本でももっと人気が出てもおかしくないと個人的には思うのですが、どうでしょうか。

こちらのブラックベイもシンプルで飽きのこないデザインで、スーツにもカジュアルな服装にも合わせられそうです。

こういった小ぶりな時計を1本欲しいと思っている私のような人間にはぴったりですね。



ユンハンス マックス・ビル

 (227875)

3本目は、ユンハンス マックス・ビル。

お値段の方は、140,000円。

ケースサイズは38mm。

ご存知、バウハウス最後の巨匠と呼ばれたマックス・ビルが手掛けたデザインということで、誰が見てもオシャレ。

いかにも女性ウケしそうなシンプルでイケてるデザインですね。

しかも、機械式腕時計にしてこの価格ということで、入門機としてもぴったりの1本ではないでしょうか。

ケースの厚みもそれほどないので、こちらもワイシャツの袖口には問題なく収まると思いますよ。

なお、このマックス・ビルは手巻き式やクロノグラフモデルなど、ラインナップが豊富に揃っているので、興味のある方は是非、サイトで確認してみてくださいね。



デイトジャスト36

 (227878)

4本目は、ロレックス デイトジャスト。

お値段の方は、864,600円。

ケースサイズは36mm。

ロレックスにも小ぶりな時計はあるということで、デイトジャストなんかはこのサイズこそが定番とお考えの方もおられるのではないでしょうか。

たしかに、裏蓋の膨らみとのバランスから考えると、36mmのケースはバランスが非常に良いのでございます。

フルーテッドベゼルにジュビリーブレスレット、サイクロップレンズの組み合わせとなれば、これはもう、ロレックスの鉄板モデルといっても過言ではないでしょう。

スポーツモデルが苦手という人もいると思うので、こういったクラシックウォッチの典型を所有するというのもよい選択ですね。

ノモス タンジェント

20 件

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

今こそ、ちょっと小ぶりな時計が欲しい

今こそ、ちょっと小ぶりな時計が欲しい

デカ厚ブームと呼ばれて久しい昨今、もはや、大きな時計が定番とも言える状況になりましたね。そこで、今回は、少し視点を変えて、小ぶりな時計でおすすめなモデルを選んで行こうと思います。トレンドというのは必ず揺り返しがきますからね。今後、流行ってくるかもしれませんよ。
yusapapa | 10,715 view
「どこの時計ですか?」と聞きたくなる素敵な腕時計

「どこの時計ですか?」と聞きたくなる素敵な腕時計

腕時計を色々とつけていると、どこの時計ですか?なんて聞かれることがありますよね。当然、本人にとっては嬉しくないはずはないわけで、気持ちがいいものです。今回は、そんな腕時計について書いていこうと思います。
yusapapa | 12,780 view
初めての本格機械式腕時計 おすすめしたいモデルを紹介 その2

初めての本格機械式腕時計 おすすめしたいモデルを紹介 その2

初めての本格機械式腕時計。どれを選んでいいか迷いますよね。少し調べてみると、こんなにもたくさんの時計ブランドがあったことに驚かれる方も多いと思います。そこで、今回も初めての本格機械式腕時計におすすめしたモデルを選んでいきたいと思います。
yusapapa | 3,375 view
チューダーに宿る、ロレックスの雰囲気

チューダーに宿る、ロレックスの雰囲気

改めていうまでも無く、ロレックスの弟分チューダーはムーブメントからパーツ、デザインに至るまでロレックスのDNAを引き継いでいるブランドです。直営店を出店「チュードル」から「チューダー」で日本へ再デビュー後は少し親会社から子離れした印象があります。最近彼らが目指しているベクトルを僕の感想を交え紹介します。
goro | 4,911 view
機械式腕時計入門 初めての高級腕時計はどれにする?

機械式腕時計入門 初めての高級腕時計はどれにする?

年も明けたということで、初めての高級時計をどれにしようか迷っている方もおられるのではないでしょうか。新年ということで、今回は機械式時計デビューする方におすすめの入門モデルを選んでいこうと思います。
yusapapa | 14,664 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yusapapa yusapapa
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋