2019年12月3日 更新

オーバーホールはメーカーで行うべきか?修理店で行うか?

機械式腕時計の最大のメリットは永続性です。しかし永久に動くはずの時計が突然故障した場合は対処に悩みます。今回は近所の修理専門業者で修理に出すか、メーカーに依頼するか、それぞれのメリットとデメリットを書いていきます。

12,761 view お気に入り 0

機械式腕時計でも止まることがある

暗い背景に隔離された時計のクローズアップ

暗い背景に隔離された時計のクローズアップ

機械式腕時計はクオーツ時計と違い、電池切れで止まる心配が無いことが魅力です。手入れさえ怠らなければ永遠に動き、使い続けることができます。
しかし機械式腕時計は一旦止まると、専門業者の手によって修理してもらわ無ければいけません。素人による修理は難しく、特に止まった場合などは重症の場合が多く時計専門業者による修理が必要になってきます。
機械式ムーブメントが止まると、その修理は高額になることが多いです。これはムーブメントが止まる故障はゼンマイ切れや潤滑油きれが考えられます。これは症状が重いことになり、修理内容も時間がかかることが多いからです。
そのため止まる前に時計の不具合を早い段階で認識しておくことが求められます。ではどうすれば症状の不具合を見つけることができるのでしょう。いちばん簡単な方法は毎日時計の音を聞き、異音がすれば時計内部に異常が現れている証です。

定期的なオーバーホールが重要

 (227122)

毎日の時計の音の確認や精度確認以外に定期的なオーバーホールに出すことが時計を長持ちさせるコツです。オーバーホールは部品を一度分解して再度組み直し、部品間に注油をする、いわゆる分解掃除を行います。また外装をポリッシュし、時計を新品に戻す作業とも言えます。
一般的にオーバーホールは3年から5年サイクルで行うのが望ましいです。しかし最近は部品同士の摩耗を軽減する工夫や改良を行ったムーブメントも増えているため、メーカーやモデルによってはもう少し長いサイクルでも問題ありません。オメガのマスタークロノメーターであれば10年でもOKと言われます。ただしオメガは8年程度を推奨しています。

オーバーホールにはどんな種類があるのか?

 (227130)

オーバーホールには大きくメーカーで行うものと、修理専門業者で行うものに分かれます。メーカーではサービスセンターやカスタマーセンターと呼ばれる施設での修理です。
修理専門業者の多くは工房のようなスタイルで運営されています。資格を持った時計師がひとりもしくは数人在籍し、修理専門で行う業者や買取や中古販売店と併設するものまで、形態はさまざまです。
ウォッチを修理

ウォッチを修理

メーカーによるオーバーホールのメリット

メリットとデメリットのバランスをとる

メリットとデメリットのバランスをとる

メーカーでオーバーホールをするメリットはメーカーの純正保証と、国際保証が受けられることにあります。国際保証があると海外で不具合が発生しても現地メーカー支店でアフターサービスを受けることが可能です。
そして、メーカー修理、OHの最大のメリットは安心感にあります。ブランドが存続する限りサービスが保証されます。時計を売却する時もメーカーでのサービスを受けたの物であれば、買取価格が高くなることが特徴です。ただ、修理費用は専門業者と比較すると高い傾向にあります。

時計修理専門業者によるオーバーホールのメリット

手はサイコロを回しているし、ダウン (またはその逆) ...

手はサイコロを回しているし、ダウン (またはその逆) という価格を象徴する矢印の方向を変更

対照的に時計修理専門業者によるオーバーホールのメリットは費用が安いことです。メーカーによるOHは1カ所、もしくは2ヶ所ほどに集積して行うことが一般的です。モデルや作業内容によっては本部があるスイスへ送り修理することもあります。
世界中の顧客を対象とするために経費がかさみ修理料金も高くなるのです。それに対して時計修理専門業者は地場の顧客を対象に修理を行います。作業も小規模であること、メーカーの純正品だけを使わない修理であるため、費用も圧縮できることが特徴です。
メーカーの保証や国際保証はありません。しかし、修理業者独自の保証制度を設けて営業しているところも多く、修理後間もない不具合はほとんどの場合、対処してもらえます。国際保証も海外に長い期間行かない人であれば不要です。
Physician patient talk

Physician patient talk

また専門業者による修理は修理をする時計師の顔を直接見て話し、修理を依頼することができます。ちょうど、かかりつけのお医者さんと対話できるような身近さが、時計専門業者で修理するメリットです。

メーカーと専門業者どちらに任せるべきか?

 (227143)

メーカーと時計専門業者によるオーバーホール、どちらに任せるかは判断が難しいです。僕は自宅から近い修理専門業者に任せるべきと考えます。費用面を安くできること以外に気軽に修理依頼する関係を構築できるからです。
機械式ムーブメントは症状が酷くなる前にOHや修理に出すことで、時計を長持ちさせます。メーカーの窓口だと気軽にという訳にはいきません。一般的にメーカーのサービスセンターは病院で言えば「大病院」と同じです。
専門病院スタッフ

専門病院スタッフ

近くにメーカーのサービスセンターがある人は別にして、近所の小規模の時計修理専門業者だと「かかりつけのお医者さん」感覚でサービスを受けることができます。気軽に腕時計の症状も聞ける関係になれば早めのケアをしてもらうことが可能です。
Medical Doctor measuring th...

Medical Doctor measuring the blood pressure of a patient and making a diagnosis

優秀な専門業者は、メーカーで修理できない腕時計も修理できる?

 (227148)

腕の良い時計職人を持つ時計修理専門業者の中にはメーカーで手に負えないモデルの修理をしてもらうこともできます。特にロレックスでは4桁のロレックス が、部品欠品のため、メーカーで受付お断りの情報も耳にします。
アンティークロレックスが好きな人は地元に優秀な時計修理専門業者を見つけておくと安心ですね。ぜひメーカー以外の修理できる専門業者を見つけ、彼らと良好な関係築いてください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【上がりの1本】人生最後に買いたい 上がりの腕時計

【上がりの1本】人生最後に買いたい 上がりの腕時計

8月も終わりに近づき、突然の首相辞任会見と、世の中なにかとざわついておりますがいかがお過ごしでしょうか。まだまだ暑い日が続きますが、今回は人生最後に買いたい上がりの腕時計ということで、何本か選んでいきたいと思います。
yusapapa | 8,403 view
【使うことないけど】クロノグラフがかっこいい

【使うことないけど】クロノグラフがかっこいい

腕時計に興味のない人でも、男性であれば特にクロノグラフ機構のついた時計に魅力を感じる人は多いのではないでしょうか。たくさんある針は、まるで飛行機の計器のようで、何に使うのか分からなくても単純にかっこいいですよね。
yusapapa | 3,791 view
夏だ 海だ おすすめダイバーズウォッチ特集 part1

夏だ 海だ おすすめダイバーズウォッチ特集 part1

もうじき梅雨も明けるということで、夏と言えば海、海と言えばダイバーズウォッチということで、今回は夏に映える、ダイバーズウォッチを特集したいと思います。各ブランド魅力的なダイバーズウォッチが目白押しですからね。お気に入りが見つかるでしょうか。
yusapapa | 4,286 view
一生モノの腕時計が欲しいっ!

一生モノの腕時計が欲しいっ!

何かいい本格的な機械式腕時計を買おうと思った場合、やはり価格もそれなりに高くなるというのは仕方がないことでございます。普通の人であれば、そんな何本も何本も欲しいと思わないでしょうが、それでも、一生モノとなる1本が欲しいですよね。
yusapapa | 8,676 view
2020年上半期 個人的に今 欲しい腕時計【備忘録】

2020年上半期 個人的に今 欲しい腕時計【備忘録】

2020年も早くも7月に入り、上半期が終了したということで、個人的に今、欲しい腕時計について書いていこうと思います。完全に個人的な趣向、独断と偏見で選んでいきますので、もし、興味ございましたら参考にしてくださいませ。
yusapapa | 5,013 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

goro goro
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋