2018年10月13日 更新

【祝 日本上陸】おすすめチュードル改めチューダー

先日、日本での正規販売が決定したチュードル。名前はチューダーになるようですが、いまいち、しっくりこないですね。バシュロンなみに・・・。、個人的に正規販売されて欲しかったブランドだけに、今後が楽しみということで、おすすめのモデルを考えてみました。

14,800 view お気に入り 0
 (206618)

チュードルと言えば、私が青サブを買ったのが、確か、高校1年生の時。

チュードルに関しては、ついこの前も、正規で日本に入ってこないかなと書いたばかりだったので、今回、こんなタイミングで正式に日本へ入ってくるとは驚きです。

しかも、ブランド名が何故か「チューダー」。

個人的にはチュードルのままの方が良かったのですが、決まったものは仕方がないですね。

そんなわけで、今回は、10月末の販売に先駆けて、おすすめのモデルを独断と偏見で選んでいきたいと思います。

ブラックベイ Fifty-eight

 (206595)

1本目はブラックベイ。

定番のダイバーズウォッチですね。

正規で入ってきた場合のお値段は、40万円前後でしょうか。

どういった形で販売されるのか、まだ、知らないのですが、東京、大阪、名古屋、合計で5つのデパートで販売される予定だとか。

ロレックスブースに併設して展示されるのか、独自のブースを設けるのかは分かりませんが、ロレックスと同じブースでの販売となれば、人気が出そうですね。

 (206597)

以前は青サブ、なんていうのもありましたが、現在は赤サブもラインナップされています。

他にも、ブロンズモデルなど、ダイバーズウォッチだけでも、ロレックスとは違い、数多くのバリエーションが存在します。

専用の什器に、これらのラインナップが並べば、さぞかし見ごたえあるでしょうね。

リベットブレスや、ドーム型のサファイア風防、39mmといったサイズ感など、マニア心をくすぐる仕様もファンには嬉しいところです。

ブラックベイ 36mm

 (206600)

2本目は、ブラックベイ36mm。

個人的に、一番気になるモデルでございます。

デザインはそのままに、32mm、36mm、41mmと3つのサイズが用意されている、シンプルフェイスのブラックベイ。

これだと、ペアでつけることもできますね。

なかでも、36mmのサイズ感は、今後人気が出てくると個人的には思うのですが、どうでしょうか。

雰囲気はもちろん、エクスプローラーⅠの1016モデルに似ていますが、チュードルの良いところは、もともとがロレックスのデフュージョンブランドだけに、パクリ感がないんですよね。

ある意味、本家というか、分家ですから。

それにしても、このモデル、かっこいいな・・・、欲しいな・・・。

ヘリテージクロノ

 (206603)

3本目は、ヘリテージクロノ。

こちらのモデルも、かなりかっこいいですよね。

現在、並行輸入で入ってきているものの価格で言えば、40万円ほどで購入できるのですが、果たして、定価はどれくらいになるのでしょうかね。

定価次第によっては、それに引っ張られて並行品の価格も高騰しそうな予感がプンプンするモデルだと感じております。

もちろん、販売がまだ始まったわけではないけれども、これらのスポーツモデルがロレックスの横に並ぶことを想像すると、どうでしょう。

 (206605)

デイトナのステンレススチールモデルは、正規店で買うことはほぼ不可能ですが、並行品となると、200万円を超えてきます。

ヘリテージクロノだと、高くても60万円以内には落ち着くと思われるので、デザイン的に気に入れば、完全にアリですよね。

ブラックベイ GMT

 (206608)

4本目は、やはりはずせない、ブラックベイGMT。

インスタなどで、ロレックスのNewGMTマスターと比較されていますよね。

ロレックスのGMTマスターも新作が発表されたばかりなので、確かに比べたくなる気持ちは分かりますが、値段が違い過ぎるので、参考になるのかどうか。
 (206610)

確かに似ています。

ロレックスのGMTマスターも現在、200万円前後で取引されていますから、チュードルのGMTが4つか5つ、買えちゃいそうですね。

そうなってくると、さすがに選択肢に入ってくるという方も多いのではないでしょうか。

ブラックベイ クロノ

 (206613)

5本目は、ブラックベイクロノ。

我ながら、ベタな選択ですが、こちらも人気が出そうな雰囲気が漂います。

こちらも、おそらく、定価は50万円前後あたりで落ち着くと思うのですが、その値段だと買うでしょう。

スポーツモデルでかっこいいクロノグラフと言えば、この価格帯だとオメガや、タグホイヤーあたりがライバルになってくるのかもしれませんが、個人的にはチュードルが好きですね。

もちろん、いまいち知名度はないかもしれませんが、もともとはロレックスの弟ブランド的な存在で、ロレックスとも関係が深い、なんてことが分かれば、欲しいと思う人も出てくるのではないでしょうか。

まとめ

 (206617)

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

いかがでしたでしょうか。

個人的には待望のチュードル日本上陸です。

正確には再上陸だそうですが、正式に売られていたのはかなり前のことだそうなので、実質、本格上陸は初めてといった印象です。

私の思い過ごしかもしれませんが、どう考えても、今回ご紹介したようなモデルが、売り場の什器に何本も並んでいるというのが想像できないんですね。

速攻で売り切れるだろうと、そう思うわけです。

ロレックスが好きな人は、代わりにと言う風にはなかなかいかないかもしれませんが、ブラックベイのダイバーズウォッチを間近で見れば、考えも変わる人も出てくるかもしれませんね。

今月末が非常に楽しみでございます。

時間があれば行ってみよう。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

夏も近いで ダイバーズウォッチが欲しい その3

夏も近いで ダイバーズウォッチが欲しい その3

新型コロナウィルスも、ようやく収束の光が見えてきた今日この頃。季節はいつの間にか夏に近づいているということで、日中は暑い日が続いておりますね。夏と言えば海ということで、今回も前回に引き続いて、おすすめのダイバーズウォッチについて書いてみたいと思います。
yusapapa | 4,378 view
チューダーに宿る、ロレックスの雰囲気

チューダーに宿る、ロレックスの雰囲気

改めていうまでも無く、ロレックスの弟分チューダーはムーブメントからパーツ、デザインに至るまでロレックスのDNAを引き継いでいるブランドです。直営店を出店「チュードル」から「チューダー」で日本へ再デビュー後は少し親会社から子離れした印象があります。最近彼らが目指しているベクトルを僕の感想を交え紹介します。
goro | 5,541 view
2019年 冬だからこそのダイバーズウォッチ ベスト5本

2019年 冬だからこそのダイバーズウォッチ ベスト5本

寒いのか暖かいのか分からない日々が続いておりますが、今年の冬は暖冬なんですかね。そうはいっても季節は冬ということで、真冬だからこそのおすすめダイバーズウォッチを選んでいきたいと思います。
yusapapa | 7,514 view
バーゼルワールド2019!チューダーの新作をご紹介!

バーゼルワールド2019!チューダーの新作をご紹介!

昨年、念願日本上陸を果たした"チューダー"。今回はバーゼル2019の新作モデルを全てご紹介していきたいと思います。
サウスポー | 19,171 view
真冬の今だから みんな大好きおすすめダイバーズウォッチ

真冬の今だから みんな大好きおすすめダイバーズウォッチ

今年は少し暖冬気味ですが、真冬の今だからこそ、おすすめのダイバーズウォッチを紹介していきたいと思います。今すぐ買うもよし、狙いを定めて夏までにお金を貯めて買うもよしということで、いってみましょう。
yusapapa | 9,137 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

yusapapa yusapapa
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋