2016年7月28日 更新

機械式時計の注意事項~水と磁気には要注意~

知っていれば回避ができる、機械式腕時計を使用していく上での注意事項をご紹介します。 今回は、水と磁気をテーマに注意点をまとめていきます。

2,529 view お気に入り 0

1.機械内部の水の浸入に注意しましょう。

好きな人が結婚しちゃう!ショックを乗り越える方法! | リキュラ - 暮らしを彩るライフキュレーションサイト (1101)

・高級時計のトラブルで、最も深刻なトラブルに発展する可能性があるのが時計内部への水の侵入です。時計の外装部分には、ステンレスなどの錆びにくい素材が使用されていますが、内部の機械はサビに対して抵抗が少ない素材が使われています。
 内部に水が浸入すると、サビが機械を痛め、最悪の場合修理不能になってしまいます。
 時計に表記されている防水性能も使用状況により、本来の性能を発揮できない事があるので注意が必要です。
 (1232)

~水の侵入に備える3つのポイント~

COSMOTRON電子ウォッチ/電池交換修理 (1239)

 ①リューズなどが緩んでいないかマメにチェックをする!!
 ※リューズが解放されたままの状態だと、本来の防水性能を保つ事ができない為
 ②水や汗で濡れた手でリューズなどのボタンを操作しない!!
 ※操作の際に水分が内部に侵入する事がある為、操作の際は確認を
 ③海やプールで使用する際は事前にメーカーなどで防水テストを!!
 ※防水性能を支えるゴムパッキンの劣化状況を確認する為。劣化していた場合は本来の
  防水性能は期待できません。

2.強い磁気の発生する機器に近づけないようにする!!

磁石|なんでも調べ隊|学研サイエンスキッズ (1242)

機械部分が磁気を帯びると精度異常などのトラブルに発展することがあります。
  その為、腕時計を着用する時、保管する際に強い磁気を発生させる機械類に近づけない
ように注意しましょう。
もし、磁気を帯びてしまった場合は磁気抜きを分解して行う必要がある為、安くない費
用と時間が掛ってしまします。

磁気帯確認方法 簡易版

磁気について - GINZA RASINブログ (1256)

① 方位磁石を机に置く
② 時計を真上から垂直に方位磁石に近づける
③ 方位磁石が強く反応したら磁気帯を疑う。早い段階で修理に出しましょう。

まとめ

今回ご紹介した注意事項は、放っておくと重大なトラブルに発展する可能性があるものですが、意識して心に留めておけば回避可能な部分でもあります。
意識していてもトラブルは起こるものですので、時計の違和感・変化に気づいた際にはすぐに、メーカー・修理屋さんに相談し早めの対処を心がけましょう。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【RX所持者必見】ロレックス OH代及び交換部品の金額のご案内!

【RX所持者必見】ロレックス OH代及び交換部品の金額のご案内!

いつか部品交換が必要になるかもしれないそんな時に、突然修理に持って行ってこんなにかかるの?てならない為にあらかじめ大体の金額を把握しておきましょう!
バネ棒 | 47,144 view
腕時計の大敵【磁気】について知っておくべきこと。

腕時計の大敵【磁気】について知っておくべきこと。

今回は、時計の時間を狂わせたり動作不良を起こす故障の原因の一つ「磁気」について。腕時計をするうえで知っておかないといつの間にか帯磁してしまいますよ。ざっくり磁気は気を付けなければいけないレベルで、意外とちゃんとは知らない磁気のお話です。
バネ棒 | 19,749 view
【SOLD OUT】【新型対決】白デイトナVS黒デイトナ どっちが先に売れるかな!?

【SOLD OUT】【新型対決】白デイトナVS黒デイトナ どっちが先に売れるかな!?

最新入荷情報!アメ横店に新型デイトナの美品が白黒どちらも入荷しました!販売価格はまだ全然定価より高いですが、売れ行きは好調です。どちらが先に売れるかな。ご覧ください!
上野アメ横店 | 46,642 view
【カスタムサブ】エメラルド&ダイヤモンドのロレックス グリーンサブ降臨!!

【カスタムサブ】エメラルド&ダイヤモンドのロレックス グリーンサブ降臨!!

時計を使用する上で、シースルーでもない限り機械って開けてみないですよね。回転ベゼルもとったりしないですよね。今回は、あまり見たことのないベゼルの裏側を見てみましょう。
バネ棒 | 10,960 view
【徹底解説】2017年 ロレックス 新作ヨットマスターⅡ 新旧の違いがこれで分かる

【徹底解説】2017年 ロレックス 新作ヨットマスターⅡ 新旧の違いがこれで分かる

2017年の新作ラインナップに見たことあるモデルが掲載されていました。2013年ついに発表になったヨットマスターⅡのステンレスモデルです。ここにきてのまさかの廃盤説なんかもちらつきましたが、詳細はこのような感じでした。
バネ棒 | 28,399 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

竜頭 竜頭
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋