2016年5月4日 更新

衛星電波時計・サテライトウェーブF100の凄さ!を紹介しますね

2014年に発売されたシチズンの衛星電波時計『エコドライブ・サテライトウェーブF100』、世界最速衛星電波にワールドタイムにタフソーラー!おまけにチタン!の最新技術の詰まった凄さ!を紹介しますね。

13,652 view お気に入り 0

はじめに

 (15872)

シチズンが2014年に発売した【衛星電波】時計、『サテライトウェーブF100』について、レビューをしたいと思います。発表当時、世界でもっとも薄型で、もっとも速く電波を受信するというシチズンのフラッグシップ・ウォッチとしてデビューした、このF100。今日はコイツの魅力をお伝えします!

まずは、このスタイリングの良さよ。

 (15875)

どうですか、これ!個人的にはこのジェンタデザインにも通じるような、インテグラル(一体型)ケースはド・ストライクです!!GPSで電波でソーラーで…なんて多機能になればなるほど、とにかくゴチャゴチャしがちなジャパン・メイドの時計の中で、このエッジの効いた面構成のスタイルで魅せる時計というのは、なかなか今まで日本ではなかったのではないでしょうか?

文字盤もシンプルでオシャレ。

 (15887)

ソーラー電池時計の宿命として、どうしても『文字盤にソーラー電池を組み込む』必要があります。そのうっすら茶色いソーラー電池のパネルの質感がどうしても『安っぽい顔の時計』という印象になりがちだったんです。

ところがどうでしょう?F100も文字盤の中心部こそソーラーパネルですが色はダークグレー。そしてその周りにマットブラックのダイヤルプレートが重なり、何とも言えないツートーンの陰影を出してます。シンプルなバーインデックスというチョイスも正解だと思うんです。

聞けば『文字盤は人口衛星のソーラーパネルをイメージ』した、とのこと。
お、おぅ。ちょっとピンとはこないけど、確かに思いは伝わった!そのこだわり、伝わったよ!!と、思わずうなずく仕上がりです。
7時位置のインダイヤルのワンポイントのイエローも効いています。

実は一番好きなポイントが、この中抜きプッシュボタン。

 (15883)

この、中抜きになっているプッシュボタン。これを見たときに『あ、これ気合い入れたな』と感じましたよ、えぇ。デザイン上ここは別に中抜きにしなくても良かった部分なのかもしれません。たぶん抜くデザイナーの方が少ないんじゃないのかなぁ…とか、たたき台のデザインでは抜いてみたけど、実際製品化するときは『別にフツーでよくね?』ってなって却下されたり、とか。

とにかく今までの日本製の時計にはなかったデザインだと思います。スイス製でもなかなかない。ただ出来上がった製品を手にすると『ここは絶対に中抜きになってないとダサい』ようにみえちゃうから『作り手のこだわり勝ち』なんだろうなぁ…と思います、はい。

薄いは高い!という時計作りの伝統を継承。ケース厚12.5㎜。

 (15888)

確かにケース径は45㎜あるので、どちらかというとデカ時計になります。そう、実はパネライの44㎜よりも大きいんです。

ただし、このソーラー衛星電波時計として『世界最薄』の薄型ケースは、実際につけてみると、ほとんど大きさを感じさせません。手首の細い私でも、意外ともいえるフィット感でした。100gちょいというチタンケースの軽さもあって着けているのを忘れるくらいです。シャツの袖にも邪魔にならず使えるので、ビジネスにも大活躍できると思います。

1つ問題点をあげるならば…衛星電波にソーラー電池、なので『時計が遅れてた!』『時計が止まってた!』は遅刻の言い訳には使えません!

そもそも『衛星電波時計』ってなによ?

 (15891)

電波時計は基地局からの電波を受信し、勝手に時刻の修正することで常に正確な時刻を刻むという仕組みです。

ただし、基地局のエリアが決まっているのが弱点。日本やアメリカやイギリス、ドイツや中国には基地局がありますが、逆にそれ以外の国や地域には対応していません。しかし衛星電波時計(GPSウォッチ)なら、人口衛星の電波を受信し時刻を修正するので、世界中どこにいても、空に時計を向けるだけで時刻修正は完了します。

そして、F100なら通常のGPSウォッチが1分~3分かかる受信時間を、なんとわずか3秒!で受信できます。もちろんこの受信時間は『世界最速』なんですって!ほんと4時位置のボタンを押すだけで『ピッ…ピッ』で時刻修正完了となるのは気持ちがイイですよ。

4つの高速モーターで、針の動きが超楽しい!

こればかりは、なかなか文章や画像では伝わりにので、シチズンさんの公式YouTubeを貼り付けさせていただきます。
特に、世界40タイムゾーン対応のワールドタイムの針の動き(0:55ごろ~)や、これまた世界初となる、今いる場所でのエコ・ドライブの発電量が7段階でわかる「ライトレベル インディケーター」の機能紹介(1:40ごろ~)は、『時計はスイスの機械式しか認めねぇ!』という御仁にもぜひ見ていただきたい逸品でございます。
ボタンをピっと押すと4本の針がグルグル動きはじめる様子は、ついつい一日に何度も押したくなる動きになってます。

CITIZEN Eco-Drive SATELLITE WAVE F100 機能紹介 - YouTube

世界中どこでも、人工衛星から正確な時刻を受信する、エコ・ドライブ サテライト ウエーブ F100の機能を紹介します。

まとめ

現在では、後継のクロノグラフモデル、サテライトウェーブF900にかわられ、若干フラッグシップからは退いたカタチにはなってしまった感のある、このF100ですが、デザインしかり機能しかり、スイスの高級機械式時計と並べてみても遜色なく、充分購入の選択肢にあがる魅力的な時計だと思います。

デザインや造り込みは、高級時計と比べてもかなりイイ線いっていると思いますし、こと正確な時刻を刻むという点からみた場合は、圧勝とも言えます。ぜひみなさんも、このメイドイン・ジャパンの逸品を一度手にとって見られてはいかがでしょうか?きっと新たな驚きや発見があると思いますよ!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

腕時計怪獣WatchMonster|腕時計情報メディア

関連する記事 こんな記事も人気です♪

海外出張の強い友 CASIO オシアナス フルメタルGPSハイブリッド電波ソーラー  OCW-G1100B-1AJF 高級カシオ腕時計「OCEANUS」レビュー

海外出張の強い友 CASIO オシアナス フルメタルGPSハイブリッド電波ソーラー OCW-G1100B-1AJF 高級カシオ腕時計「OCEANUS」レビュー

日本の誇るソーラー電波時計。カシオの最高級ライン「オシアナス・フルメタルGPS電波ソーラー」。地球上のどこにいても自動時刻修正をハイブリッド電波受信で行う手間いらずな1本。デザインも良く、軽くて満足度は高いと思いますね。バッテリーも8ヵ月も持つと言うスーパータフネス。これは凄いぞ!
ZENMAI | 15,616 view
東京メトロはCITIZENだらけ「人気のアテッサ(サテライトウェーブ)とクロスシー」

東京メトロはCITIZENだらけ「人気のアテッサ(サテライトウェーブ)とクロスシー」

ZENMAIはしがない40代のサラリーマン。東京メトロに毎日揺られ通勤しています。以前はJRを利用していたのですが「海老反り」する身体に嫌気が差し東京メトロに切り替えました。夏が地下好き・・・いやいや夏が近づき軽装のサラリーマン・OLが増えました。吊り革をつかむ左手には「シチズン」が多いこと多いこと。勝手にSEIKOの方が多いのかと思っていましたが東京メトロは「CITIZEN」オーナーだらけだったのです。
ZENMAI | 12,705 view
【ランニングウォッチ】GarminのForeAthlete235Jの良いところをご紹介

【ランニングウォッチ】GarminのForeAthlete235Jの良いところをご紹介

最近ランニング人口が増えてきている中で沢山のランニングウォッチがあります。興味があるけど、持ってないって方のために参考になればと思います。
とんすけ | 2,379 view
グッドデザイン賞も受賞したセイコーの傑作 ムービングデザインコレクション

グッドデザイン賞も受賞したセイコーの傑作 ムービングデザインコレクション

〜名品を生む セイコーデザインコレクション〜 腕時計於いて、グッドデザイン賞を受賞したセイコーのムービングデザイン。発売から10年近く経っても色褪せないそのデザイン。普遍的なモダンデザインがそこにある
ミゾラー | 7,468 view
スント・トラバース SUUNTO TRAVERSE BLACK SS021843000 レビュー イガデイン!

スント・トラバース SUUNTO TRAVERSE BLACK SS021843000 レビュー イガデイン!

時計怪獣 WATCHMONSTER管理人イガデインが腕時計のレビューをするよ!ただ、イガデインは腕時計の素人だ!ちゃんとレビューできるかな?第22弾は「スント・トラバース SS021843000 」です。GPS機能など冒険を楽しむ時計です。かっこいい!

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

牛乳特選隊 牛乳特選隊
腕時計専門のフリマ

フォトギャラリー

腕時計自慢フォトギャラリー
毎日入荷!お気に入りに追加!

Facebook

相互リンク

ロレックス買取専門の大黒屋